都のグローバル人材育成目標に学ぶ2020年に向けた中高生の英語環境

更新日:

最近の中高生は,『2020年度教育改革』の名の下,グローバル化に対応できる能力を身に付けるよう日々指導されていますが,この改革の余波は,教える側の教師においても同様に及んでいます。

すぐ2年後の2020年にはオリンピックが開催されるため,特に東京都では,一層この気運が高まっているのは明らかです。

2018年2月8日に東京都教育委員会から発表された『東京グローバル人材育成計画'20』によりますと,1例として,「2020年度までに,中学生で英検3級取得者の割合を6割,高校生は準2級取得者の割合を6割にすること」が目標値として掲げられました。

また,英語教員においては,英検準1級レベルの英語力を持った中学教員を65%,高校教員に至っては80%にまで増やすことが目標とされています。

今回は,そんな東京都のグローバル人材育成計画の中から,中高生の英語力に関する計画を抜粋し,都内の中高生が2020年を迎えるまでにどのような環境において英語を学ぶことになるのか,みていきたいと思います。

 

 

都内の英語教員・中高生の英語力の現状と目標スコア

まず,計画の内容に入る前に,現時点での英語教員・中高生の英語力の現状と目標スコアについて確認しておきたいと思います。

英語教員の英語力としては,国は準一級程度の語学力(CEFRのB2レベル)を想定しています。

そして,生徒側の英語力としては,高校生に準2級(CEFRのA2レベル)を求めていますので(2級は難しい様子です)。

つまり,生徒と教員の間には2つの壁(A2→B1→B2)があることになります。

 

また,都内の英語教員で現状準1級レベルの英語力を備えている人の割合については,中学教員で48.0%,高校教員で72.6%となっており,2020年度までには,その割合を,それぞれ65%と80%にしようと考えています↓↓

 

一方で,都内の中高生の英語力の現状と目標は以下の通りとなっています↓↓

 

もちろん英検などの資格試験でこういったレベルの点数を取ることも一つですが,それに限らず,今後のグローバル化における語学力を備えた人材を育成するために,東京都は一体どのような作戦を用意しているのでしょうか。

「使える英語力」の育成に関わる方策としては,『東京グローバル人材育成計画'20』の中の13個の施策の中に確認することができます。

 

 

東京グローバル人材育成計画に学ぶ英語力向上法

小学校では英語が1つの教科になる

最初は中高ではなく小学校での施策ではありますが,こういった教育を受けた小学生が中学生に入学してくるということを知っておくことは無駄ではないので,一応ここで紹介しておきます。

現状

  • 2020年度から,小学校高学年の英語が教科化され,その数は年間70単位時間(中学年では35単位時間)
  • 2018年度から移行措置期間が始まり,小学校では教員の指導力向上のため「英語教育推進リーダーがすでに配置」されている他,資料・ピクチャーカード・指導用DVDなどが配布されている

課題

  • 小学校教員のうち,中高の英語免許状所有者は全国で5.1%と低く,外国語を担当する専門性がない教員がほとんど

今後

  • 2020年度に向け,小学校教員の研修を充実させ,指導力・英語力を支援していく
  • 中学校の英語免許状取得を促進し,専門性を備えた教員を育成する
  • 新たな教材や指導方法の開発も重要

 

小学校の教員としては,これまでの業務に加えて英語の専門性を高める努力が必要になってきますが,ともすれば子どもたちの英語との最初の出会いに立ち会うことになるわけですから,その責任は重大なものとなります。

 

中学の授業は「わかる」と「使える」が主体になる

現状:

  • 英語の4技能のうち,「話す」が「話す(やり取り)」と「話す(発表)」の2つに細分化され,話すことが重要視されてきた
  • 「東京方式 少人数・習熟度別指導ガイドライン」などの資料を配布し,教員の授業改善が図られた

課題:

  • 中3で英検3級以上の英語力を持つ生徒の割合は51.6%で,都の目標60%には未だ及ばず
  • 都内の公立で授業の半分以上を英語で行う教員は中1で78.0%,中2と中3で75.5%。逆に生徒が英語で50%以上の時間を話す授業は中1で80.2%,中2で79.3%,中3で78.5%と,学年が上がるごとに低くなっている

今後:

  • 言語活動に少人数指導は極めて有効なため,指導を充実させていく
  • 4技能を測る評価(実際は,「聞く」・「話す(発表)」・「話す(やり取り)」・「読む」・「書く」の5領域)を実施する

特に「話す」ことに関しては,指導も評価も行われてきませんでしたが,これからはそういった発表や対話の機会が増えていくことが予想され,特に英検は中学で3級を取得しておくのが目安になります。

スタディサプリENGLISHなどを利用して,日ごろから英語を話す練習を積んでおきたいものです↓↓

スタディサプリENGLISHの評判はどう?No.1英語アプリのレビュー

 

 

教員の英語力・指導力の底上げ

現状:

  • 教員の英語力の目標は英検準1級(CEFRのB2レベル・TOEFLのiBT80)以上と設定
  • 「英語教育推進リーダー」による研修が2014年度より実施中
  • 2016年度から「小学校英語教科化に向けた専門性向上のための講習の開発・実施事業」を大学と連携して実施

課題:

  • 準1級取得者の割合が目標より低く,実際に検定試験を受ける教員が少なく,経験と知識が乏しい
  • 「研修が不十分」と答える教員が78.5%もいる(公立小学校教員)
  • 4技能の特にコミュニケーション能力を高める授業をするための指導力が不足

今後:

  • 英語科教員採用選考を改善する
  • 研修を充実させることで指導力向上を目指す
  • 検定試験の受験を支援し(毎年度100人ずつ)教員に経験を積ませる
  • 小学校教員は中学校英語免許状の取得促進を継続(毎年120人ずつ)

生徒側だけでなく,教員側も英検を始めとする各種試験について実際に受ける必要があります。やはり体験したからこそ生徒に伝えられることもあるからです。

できれば,TOEICは毎年受けて,実力を定期的にチェックするとよいかと思います↓↓

スタディサプリTOEICテスト対策コースの評判

 

最新の英語教授法の習得

現状:

  • 2014年度から海外の大学に教員を派遣,最新の英語教授法講座の受講を経験させた
  • 派遣後には他の英語科教員の指導力も向上

課題:

  • 「使える英語力」を生徒に身に付けさせるために,教員の指導力を高め,授業を変える必要がある
  • 小学生を対象とした英語指導に関する研究や事例の蓄積が不足している

今後:

  • 海外派遣研修プログラムを一層充実させていく(毎年140人の教員が研修の対象)

 

教員の指導を充実したものにするため,海外から最新の方法を輸入して来ることの有用性については,歴史を振り返っても明らかです。

帰国して,持ち帰った教授法を皆に伝え,実践を通して逐一改善していくことで,確実に授業の質は上がってくることは容易に想像できます。

 

ネイティブスピーカーによる授業を拡大

現状:

  • 英語の教育改革のため,小中高に勤務するALT(外国語指導助手)の人数を220名に増やした(2017年度)
  • 上記のうち,1校に2人のALTが配置された学校は10校から30校に拡大

課題:

  • 各校でALTの活用事例データを共有,効果的な授業や活用方法について検討すべき(例えば,異文化理解や時事英語,比較文化やアカデミックライティング,TOEFL,SAT対策の場において等)

今後:

  • ティームティーチング(1人の外国人ALTと日本人の担当教員が協同する授業形態)により,生徒側の言語活動を活発にするだけでなく,日本人教員の英語力も向上させる
  • 2020年度までに,ALTが1校につき2人配置されている学校を50校にする

現場の教員としてはALTから学ぶことは多いですし,生徒もALTと対話することで,英語で対話する経験を積むことができます。

自分の中高時代を振り返りますと,やはりALTは特殊というか積極的に絡みづらい雰囲気があったので,部活動や学校行事などの機会をフルに生かして,ALTと生徒の仲を深められるようにしてもらえると有難いのですが…

 

4技能の評価を導入

現状:

  • 2015年の高大接続改革実行プランを元に大学入学共通テストの実施方針が決定
  • 2020年度から民間事業者が実施する資格・検定試験が活用される予定
  • 2016年度から東京グローバル10指定校と英語教育推進校で4技能の英語力調査を開始し,同校教員は指導力の向上を目的に外部検定試験の受験が促される

課題:

  • 生徒の4技能別の英語力を正確に分析し,適正な指導と評価を実施できるよう準備する
  • 将来的に評価方法の1つになる外部検定試験であるが,教員自身がそれを十分認識できていない

今後:

  • 4技能を総合的に育成する指導と技能統合型の言語活動を行える授業を目指す

4技能の評価は難しいとの意見が多いですが,上記画像の指定校では実際にその試みが行われています。

高校名を見るに,多くがかなり学力の高い高校が選ばれていますので,普通以上に良い結果が得られるかと思いますが,その分,世間の注目度は大きく,教員の方にも多くの期待が寄せられています。

逆に言えば,ここでの成功無くしては,他の学校で実現できるわけがないので,頑張ってほしいですね。

 

英会話を実戦できる場を提供

現状:

  • 国内にいながら英語漬けになれる『東京都英語村』を江東区青海に開設

課題:

  • 民間事業者と共に,内容のさらなる充実を図るべき
  • 施設の意義やメリットについて広報活動が不足

今後:

  • 使える英語力と異文化体験できる英語村の設置を進め,内容の充実とコミュニケーション活動のプログラムを開発する

以下の動画を見る限り,面白そうな施設になりそうです。値段も1日で5千円弱とお手頃です↓↓

 

ICTを活用したスピーキング能力の向上

現状:

  • 学習指導要領に,PCによる個別学習の機会拡大とICTを活用した発展的な言語活動が盛り込まれた
  • 『教育のIT化に向けた環境整備4か年計画(2014年から2017年まで)』を策定し,学校のICT環境の整備が進む
  • 2016年には一部学校でオンライン英会話を実施,音声リーディングソフトも導入

課題:

  • ICT機器を用いた効果的な指導法を確立すべき(特に「話す」力)

今後:

  • さらなるICTの有効活用について検討する

英語学習においてICT(例えばeラーニングやオンライン英会話)を活用することは,生徒の好奇心を刺激すると言われています。

また双方向的な学習が可能になるので,4技能を効果的に伸ばすことができるとも考えられています。

ICTの活用は今後高まるのは明らかですが,教員だけでなく,家庭内での理解が深まるとまた,違う使い方ができそうです。

(参考)教育現場でのICT環境の現状

 

日常的に英語を使う校内環境へ

現状:

  • 都は,2017年の9月から英語教育推進校のうち希望する20校に対し,『東京イングリッシュ・エンパワーメント・プロジェクト(TEEP)事業』を展開。学校内で日常的に英語を使用する環境を整備した

 

課題:

  • 生徒の興味や関心をひく映像コンテンツの在り方について検討し,スムーズな導入方策を検討すべき
  • ALTの活用に向けた実践事例を増やすべき

今後:

  • より一層のコンテンツの充実と利用しやすい環境を整備していく

TEEPについてですが,「校内で英語に触れる機会を拡大する」ために,

  1. 自発的な発話につながる学習コンテンツ(社会・理科のニュース,身近な歌,スポーツ,ゲーム,テクノロジー,文化など)の導入
  2. ALTを複数人配置し,より多くの生徒が英語によるコミュニケーション能力を身に付ける環境を構築する

環境を可能にする事業のことです。

 

上記は英語教育推進校の話ですが,こう見ていくと,やはり都の中学高校では,学校によってだいぶやっている内容が異なることがわかりますね。

(参考)将棋の藤井聡太の中学校に学ぶ入試改革に必要な能力と資質

 

日本や東京の文化や歴史を英語で発信できる力の育成

現状:

  • 英語によるコミュニケーション能力を伸ばすだけでなく,日本と東京の伝統文化・歴史の理解や東京オリンピックに向けた国際教育の推進をも目的とした東京都独自の英語教材「Welcome to Tokyo」を2016年に発刊↓↓

※レベル別に左から,小学3・4年生,小学5・6年生,中学生,高校生用。実際はDVDも付属し,2016年度から外国語活動や英語授業の補助教材として活用を開始(入門編のみ2017年度に配布)。

課題:

  • 学校の実態に応じた活用案の検討と実践事例の周知が不足

今後:

  • 東京オリンピックに向け,東京の公立学校の生徒が東京や日本の理解を深め,英語で発信力を高めていく

この英語教材の出来は非常に良く,私も初級編は知り合いからいただきました。

通訳ガイドにも似た内容で,東京オリンピックが待ち遠しいです。

 

海外留学への支援

現状:

  • 「日本再興戦略」では2020年までに高校生の海外留学人数目標を6万人に設定,上記動画にある「トビタテ!留学JAPAN」高校生コースを開始
  • 高校生留学支援事業では,地方公共団体や学校などが主催する海外派遣プログラムへの参加などに支援金を給付
  • 留学にチャレンジする都立高校生などを支援する「次世代リーダー育成道場」を2012年度に開設

課題:

  • 生徒の海外留学について,生徒や保護者が躊躇する場合があるため,一層の情報提供を支援し,海外で学ぶ意欲を喚起すべき

今後:

  • 上記プログラムの修了生の成果を国内で発信,留学の有用性を説くとともに周りの気運を高め,こうした留学支援制度をさらに充実させていく

 

都立高校入試の英語の改善

現状:

  • 2015年の「生徒の英語力向上推進プラン」や2017年の「大学入学共通テスト実施方針」において,英語の評価に4技能を測定する民間の資格検定試験を活用することを明示
  • 都としては1997年度都立高等学校の入学者選抜からリスニングが導入されているが,「話す」以外の3技能を評価してきた
  • 2017年度の出題方針は「初歩的な英語を聞いたり読んだりし,話し手や書き手の意向などを理解するとともに,自分の考えなどを表現するコミュニケーション能力をみる」である

課題:

  • 生徒の英語力を評価する際は,評価の妥当性や信頼性を担保するため,特定の技能に偏らず4技能をバランスよく評価することが重要だが,現行の学力検査では「話す」技能の検査が未実施である

今後:

  • 都立高校入試においても,「話す」を含めた4技能を測る入試を実施するための方法について検討していく

大学入試がうまく行ったら,次は高校入試になりそうですが,大げさに身構えるほどではないと思います。

生徒自身は英検の2次試験などで,「話す」試験は今までも受けていますので。

とりあえず,中学生は英検の取得を目指して勉強しておけば当面の間は問題ないかと思われます。

(参考)大学入学共通テストのプレテスト要点まとめ

 

海外大学進学希望者への支援

MrsArthy / Pixabay

現状:

  • 「グローバル人材育成推進会議」では交渉できるレベルの語学力を有する人材は,「10~30歳代までに留学や在外経験をした上で,大学(院)や職場で更なる研鑽を積む」のが有効と明示
  • 「東京グローバル10」事業の目的の1つにグローバルリーダーの育成が挙がる
  • 指定校10校においても支援などの取り組みが行われている

課題:

  • 海外の大学への進学を進路の1つとして検討できる環境の整備が必要
  • 希望生徒や保護者へのきめ細かい対応が求められている
  • 指定校の教員に海外大学と国内大学の併願を視野に入れた進学指導情報及び支援を提供すべき

今後:

  • 海外大学への出願方法や書類の作成や手続きについて情報を提供
  • 出願に必要な要件に対する指導方法を共有していく
  • 海外大学希望者に対するサポート体制を整備していく

具体的な生徒の支援としては,以下の3つの講座があるようです。

・基礎講座:海外大学の基本情報や国内大学との併願対策に関する講義

・体験型講座:外部検定試験情報や海外大学への出願方法に関する講義

・実践講座:外部検定試験の問題演習及び講義

その他の支援策として,

・HPでの海外大学の在学生のインタビューや卒業進路情報の掲載

・保護者への説明会の実施と情報提供

などがあります。

 

 

まとめ

geralt / Pixabay

以上,『東京グローバル人材育成計画'20』に掲げられている,生徒の英語力に関する都や国の取り組みの一部抜粋でした。

今回紹介した内容について箇条書きでまとめると,以下のようになります(ちょっと多いですが)。

  • 2020年度には小学校高学年で英語が教科化
  • 小学校教員の多くは外国語を担当できる専門性に乏しい
  • 中学3年生は英検3級レベルの取得が目標
  • 学年が上がるにつれ,授業を英語だけで進行させることは困難になる
  • 今後は「話す」能力が,「発表」と「やり取り」の2側面から評価される
  • 少人数の指導が語学では特に有効
  • 教員の指導力を上げるため,海外の大学で最新の英語教授法を学ぶべき
  • 使える英語力を生徒に身に付けさせるには,教える側の英語力・指導力が重要
  • 小学校の英語実施において,データ蓄積が急務
  • ALTの2人配置は特に有効
  • ALTの存在は生徒と教員両方の英語力を向上させる
  • ALTによる部活動や学校行事も英語コミュニケーションの場になる
  • 大学入学共通テストでは,4技能が外部検定試験を用いて評価される
  • 教員が外部検定試験を受けて理解を深める必要がある
  • 従来の授業とは異なり,4技能を意識した授業が今後行われる
  • 東京都英語村は2018年9月に開業し2028年度までの営業。1人のネイティブに生徒8人,個人利用もできる。学校利用料金は都内だと3.5時間で2400円,7時間で4800円
  • 使える英語力の育成にはオンライン英会話が有効
  • 音声リーディングソフトは,発音・アクセント・イントネーションなどの「話す」能力を高める
  • 今後,小学校3年生から高校3年生までの実に10年間を通じ「Welcome to Tokyo」は活用され,東京の魅力を英語で発信していく力が育成される
  • 国際社会の一員としての態度(多様な文化尊重・積極的なコミュニケーション)をとるために,まずは自国の歴史や伝統・文化の理解を深め尊重する態度が必要
  • 海外留学は語学力・問題解決能力・チャレンジ精神を高める
  • 留学フェアやHPで情報提供することで,海外で学ぶ意欲が高まる

このようにまとめてみると,東京オリンピックの2020年を一つの節目と設定して,英語4技能の特に「話す」能力を中心とした,バランスのよい英語力を兼ね備えたグローバル人材を育成していくことが大きな目標になっていることがわかります。

具体的なものとして,教員の場合ですと,

英語力を準1級レベルまで引き上げると共に,グローバル化に向けた研修により,関連知識を増やすことで,指導者としての資質を高めること

が目標ですし,生徒の場合ですと,

これまでないがしろにされていた「話す」力を中心に,英語4技能をバランスよく育成すると共に,国内外の歴史文化などに対する理解を深め,意欲を持って海外に進出していくこと

が中心の方策が取られることになります。

 

もちろん細かくみるといくつか問題は出てくるでしょうが,方針としては間違っていないと思います。

別段難しいことをやるわけではないわけですし,国・都・教員・生徒・保護者などが一丸となって,グローバル化の意識を持ちながら,1つのゴールに向かって手を取り合っていく未来は,日本にとって明るいニュースであるはずです。

 

特に英語の4技能に関する日常学習は,スタディサプリENGLISHなどのICTを活用するのがおすすめです。

是非以下の記事も参考にしていただけたらと思います↓↓

スタディサプリENGLISHの全知識

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

東京グローバル人材育成計画については,以下のページから確認できます↓↓

・東京都教育委員会のHP

本日の人気記事

1

スタディサプリEnglish のキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である, TRY2016 が使用可能です。 なお,当サイトの限定ページから申し込んで頂くと ...

2

2019年2月1日から2019年3月31日までのほぼ2ヶ月にわたり,『スタディサプリの小学講座・中学講座のキャンペーンコード』を掲載していましたが,たくさんの方のお役に立てたようで大変嬉しく思います。 ...

3

前回,スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)の「英会話コース」についての評判を分析しました↓↓ スタディサプリENGLISH【英会話コース】の評判はどう? しかし,スタディサプリイングリッシュ ...

4

今回は,App Storeの『教育カテゴリランキング』において,何度もトップセールスを記録している,今,最も勢いのある人気アプリの一つ, スタディサプリENGLISH【日常英会話コース】 の評判につい ...

5

スタディサプリENGLISHは月額980円から使用できるオンライン学習サービスです。 その学習効果については,私を含めて多くのユーザーに支持されるものであり,リクルートが実施したアンケート調査でも,約 ...

6

FirmBee / Pixabay 前回の記事で言った通り,噂の未来型学習アプリを登録してみました! 早速いくつか講座を視聴しましたが,思った以上に使い勝手の良いアプリですね。 今回は,そんなスタディ ...

-教育改革
-,

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.