勉強法

小学生の教育改革対策!通信教育なら「作文」を選択するのが鉄板!

小学校における教育改革の対策と言うと,プログラミング教育や英語がどうしても目立ちますが,もっと根本に働きかけるものが見過ごされがちなように思います。

最近観ていた動画に,芸人さんが中学1年生レベルの問題を解く企画があったのですが,そこで点数が特に低かった方の国語の点数はゼロ点でした。

その原因が「知識不足にあるわけではない」というのがポイントで,その人は質問自体の意味をわかっていなかったのです。

例えば,「特定のことわざを使った文章を書け」という設問に意味を書いてしまう。

これではどの科目もお手上げです。

もちろん,これはケアレスミスの一言で済まされるような問題ではありません。

それは,人の思考体系そのものに影響するといっても過言ではない「考える力」についての話です。

今回は,現代における小学生の課題と,教育改革対策におすすめしたい作文についてみていきたいと思います。

教育改革と現代の子どもが抱える問題点

まずは,教育改革の真っただ中にいる子どもがどのような課題を抱えているのかについてみてみましょう。

読む力と考える力の欠如

PISAやTIMSSと呼ばれる2つの国際的な学力調査から見えてきた日本の子どもの弱点に,必要な情報を探し出し,自分の意見を論理立てて説明することができないことが挙げられます。

子どもの読解力は2012年度の調査から2015・2018年度と2回連続で落ちており,書かれた内容を理解するのは得意である反面,自分の考えが書けないことが問題視されました。

読書の量が少ないことが原因の1つでしょう。

すでに記事にしたように,小学生のひと月あたりの読書量は中高生のそれよりは多いものの,決して十分ではありません↓↓

本以外の新聞を読むことで時事問題に詳しくなれますが,先の学力調査の結果で,「月に4~10回は新聞を読む」と回答した子どもは20%(5人に1人)程度にとどまりました。

今はICT社会ですから,新聞をとらず,TVやネットで済ませればよいと思われるかもしれませんが,それは読解力が育った大人だからこそOKとなる方法で,絵文字入りの短文を読んだところで子どもの読解力は育ちません。

近年は著名人のSNSに的外れなコメントを残す大人も増えているそうなので,読解力の低下はもはや子どもに限った問題ではないのかもしれません↓↓

しかしそれ以上に問題なのは,自分の意見を述べるのが苦手という子どもが多い点です。

「国語という科目をどうして勉強するのか」という問いに対しては,「文字の力を利用して論理的に考えられる能力を取得するためだ」と答えます。

もちろん,文章が読めないから書けないということもあるでしょうが,日ごろから考える練習をしていないから書くことができないのでしょう(対策については次章で考えます)。

主体的に学ぶ姿勢と表現力が求められる

続けて,学習指導要領にも挙げられている「生きる力」について考えてみましょう。

先ほどの内容と被るところもありますが,

  • 主体的に学ぶ姿勢(自立性)
  • 知識や情報を活用して考える力
  • 自分の考えをわかりやすく伝える力(書く力)

などが,これまで以上に求められることになりそうです。

自宅での学習習慣をいち早く身に付け,調べ学習にネットを用いるのはもちろん,オンラインや通信教育を駆使することで,多忙な毎日であっても効率良く学習しなければなりません。

英語ではコミュニケーションが重視されますが,英語を使う以前に「何を話したり,書けばよいのか」分からなければ答えようがないのです。

小学生の話からはズレてしまいますが,

「私たちは言葉を操っているのか,それとも操られているのか,意見を60~80語の英語で述べよ」

と問われた際,これを日本語で答えることができなければ英作文もできないでしょう(2020年の東大の入試問題からの引用です)。

 

小学生が作文で学ぶことの重要性

以上のことから,現代の子どもは「文章を正しく読み,自分の考えを他人にわかりやすく伝える」練習をしていかないといけません

ここでは,小学生が作文で学ぶことの重要性について考えてみましょう。

なお,ここで言う「作文」とは,「ある文章や資料に基づき,その内容を理解した上で,問われている質問に文字で書いて答えること」を意味すると思ってください。

これはつまり,文章が信頼できるものかどうかを吟味し,論理的な思考で筋道を立てて自分の考えを作り上げていく高度な知的行為です。

自分の考えは,文字で書くことで初めて明確になるもので,「ブレインストーミング」のようなテクニックをわざわざ引き合いに出すまでもないでしょう。

また評価する側においても作文を「社会と自分を関連付けてしっかり考えて生きてきたかどうか」を測るために使っています。

これまで作文をあまりしてこなかった人が,やれ入試や就職試験だと慌てても,土壇場の付焼刃的な対策ではもう太刀打ちできません。

苦手意識が根付く前の,つまりは小学生の段階からどんどん文章を書いてみては自分を見つめるきっかけにし,最終的には世の中の問題に目を向けられるように成長を遂げておくことが重要なのです。

逆に,小学生のうちに「書いて考える力」を身に付けてしまうということは,日本語を介したあらゆる問題に対処する準備が整ったという意味にもなります。

国語が得意な子は作文ももちろんできますが,その効果は中学校受験や作文コンクールで得するレベルにとどまらず,今後の人生が実りあるものになるか否かを決めうる可能性を持ち合わせているのです。

 

通信教育は作文にピッタリの学習形態

そんな「作文」ですが,ただやみくもに書いているだけではダメです。

SNSでひたすら呟いたところで,作文の代わりにはならないでしょう。

適切な課題を与えられ,そして,書いたものを評価してくれる第3者が必要です。

その意味で,「通信教育」は作文におあつらえ向きの学習形態ではないでしょうか。

お金を払って商売する以上サービスに手は抜けませんから,メーカーは楽しく役立つ内容のものを作り上げなければなりませんし,添削するのは完全に第3者です。

2人の間にあるものは答案のみとなるわけですから,そこに書かれた文章のみで相手を説得しなければなりません。

これが顔見知り相手であったり,表情や身振り手振りできる環境だと,採点基準が甘くなってしまいます(し,そもそも添削するというのは難しいものです)。

また,書けば書くほど得意になる作文ですから,なるべく長く続けていきたいものです。

もちろん教材となるのは,国語の文章だけに限らず,社会的な内容やグラフの読み取りなども含まれているのが理想的ですが,そのすべてを満たす通信教育はもちろんあります↓↓

作文通信教育のおすすめ

私のおすすめはこの「ブンブンどりむ」で,名前を聞いたときはピンときませんでしたが(文化と文章のブンに由来するそうです),監修が齋藤孝と聞いて興味を持ちました。

ベストセラーである「声に出して読みたい日本語」は知っていましたし,TVでもよく見かける「国語力の達人」の方です。

さらにこの通信教育,学年は小学1年生から6年生まで対応しており,10分でも毎日作文に触れられるところが素晴らしいと思いました。

時間を決めてやるようにすれば,自主的に勉強してくれますし,もちろん添削課題もあります。

今の時代に手書きで頑張ってくれているところに好感が持てました(基本的に月2回提出です)。

提供元の「どりむ社」は1993年の創業ですので,これまで30年近く続いていることからも,多くの小学生に支持されてきたことがわかります。

実際,全国コンクールの常連の小学生もいますし,最近だと海外在住の日本人の方の利用も多いそうです。

カリキュラムや料金などの詳細は以下にまとめましたので,宜しければお読みください↓↓

 

まとめ

マインドマップで書いたまとめ

以上,2020年度の教育改革に関連して,現代の小学生が抱える問題点と作文の重要性についてまとめてきました。

読書による読解力養成を基本に,自分の意見を述べる訓練が何よりも必要で,令和時代に求められる生きる力であったり社会で必要な人材となるためにも,作文対策は小学生の頃から考えておくのがよいでしょう。

顔が見えない第3者による添削を備えた通信教育は,作文の練習をするにはぴったりで,最後に紹介した「ブンブンどりむ」であれば,毎日の学習習慣も身に付けられます。

プログラミング教育でも論理的思考は生きますし,英語の前にそもそも日本語でものを考えられなければなりません。

一生ついて回る「論理的なものの考え方」を,是非小学生のうちから作文を通して身に付けていきましょう! blank

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト