学習コンテンツ

スタディサプリENGLISHでビジネス英単語を学ぼう!

今回ですが,スタディサプリENGLISHの学習コンテンツの中から「ビジネス英単語」を選んでレビューしていきたいと思います。

これはビジネス英語コース限定のコンテンツとなりますが,ビジネスに限らず日常英単語まで広く学ぶことができるのが特徴です。

スタディサプリENGLISHの単語帳としては,他にTEPPAN英単語とリスニングPLUSがありますが,その中間に位置する単語帳だと言えるでしょうか。

それでは早速レビューしていきましょう!

スタディサプリENGLISHのビジネス英単語とは

スタディサプリENGLISHのビジネス英単語の概要

まずはスタディサプリENGLISHのビジネス英単語の概要についてみていきますが,比較的最近に追加された学習コンテンツです。

名前からなんとなくわかるかと思いますが,以下のビジネス英語コースにのみ存在します↓↓

詳しい使い方のレビューについては次章で行うことにして,収録内容について述べるに留めましょう。

収録されている単語はその難易度によって「Basic」と「Advance」の2つのレベルに分かれており,学習することになる語数としては,

  • Basicが1,450語
  • Advanceが792語

の計2,242語となります。

これを多いとみるか少ないとみるかですが,トータルの語数的には英検準1級の単語帳が1,800語,3級のもので1,300語程度なので,量的には十分です。

あとは学習者の現在の語彙レベルがどのようなものかによるでしょう(実際の難易度についても次章でご確認ください)。

学習方法について決まりはありませんが,スタディサプリの方針的には毎日100語ずつ行うことが推奨されています。

1レッスンが100語から構成されているのがその証拠です。

これはつまり,推奨ペースで学べば23日で一通り終わる(1周できる)計算になりますので,6ヶ月で8周くらいは復習できるでしょう。

ただしAdvanceレベルの単語は難しいと感じるものが多いと思うので,Basicは5周程度で完成させてしまい,残った時間はAdvanceレベルのみをひたすらに繰り返すのもありだと思います。

その場合,Advanceを6ヶ月で10周くらいできるでしょう。

スタディサプリENGLISHには,単語帳として機能する学習コンテンツが複数ありますが,TOEICに頻出の単語を学ぶなら「TEPPAN英単語」,そして中学内容の英単語は「リスニングPLUS」と住みわけがしっかりできている感じです↓↓

コース選択の際は,英単語帳の種類も1つ候補に決めてみてください(リスニングPLUSはどの有料コースでも使用可)。

 

ビジネス英単語のレビュー

ビジネス英単語の学習風景

BasicもAdvanceも出題形式においては変わりなく,基本的には単語をスペルと音声で確認し,その意味を4択から選びます。

これまでにTEPPAN英単語を使ったことがある方でしたら馴染みのある形式でしょう。

1つのレッスンで学ぶのは100語と多そうに見えますが,スタディサプリENGLISHではこのくらいの量の単語数であっても,かなりの速さで学び終えることができるので安心してください。

また,1日で100語を学ぶというのは,1回で100語やらなければならないわけではありません。

下記画像で示したように,1レッスンは10語ずつに細かく分けられているので,数分程度の空き時間を見つけ次第ちょこちょこアプリを開いて学習すれば,1日100語の達成も簡単です↓↓

ビジネス英単語のBasicにあるトレーニング一覧

Basic

まずはBasicのレッスン1をやってみましょう!

記念すべき最初のトレーニングで登場した単語は,「might・include・state・provide・government・issue・against・though・result・offer」の10語でした。

アルクの「標準語彙水準SVL12000」でいうところのレベル2の単語(初級)が中心です。

とはいえ,すべてがこのレベルからの出題ではなく,例えばBasicの最後のトレーニングでは「reckon(計算する)・density(密集度)・module(機械を構成する単位)」といったレベル6~8の単語も出てきます(中~上級)↓↓

ビジネス英単語の例文表示

なお,ビジネス英単語では10語ごとにまとめのページも設けられ,上のように例文を確認できる他,チェックを入れて「復習トレーニング」に追加することもでき,間違えた単語のみを後で集中的に復習することが可能です↓↓

ビジネス英単語の復習トレーニング

ビジネス英単語を何周かしたら変化を付ける意味で,復習トレーニングを学ぶ日を設けるのも良い選択だと思います。

Advance

次にAdvanceをやってみましょう!

上のBasicよりも難しめの単語が増えています。

例えば最初の10語は「portfolio・inventory・transaction・lease・distribution・premium・client・impact・authority・obtain」となり,先の水準で言うところのレベル6~9の単語が中心です(レベル3~4のものもありますが)。

ここから最後まで,ずっと中~上級レベルの単語が出てくるわけですが,本コースの目的はTOEICのリーディングパートで高得点を取ることではありません。

実際にこれらの単語を会話で使うために学んでいることを忘れないようにしてください

そういった意識でいると,意味はわかってもどのような会話でその単語が使われるのかわからないときに,例文を確認してみたくなるはずです。

なお,クイズとしての負荷を高めたければ,出題時の設定を変更してみてください↓↓

ビジネス英語コースの設定変更

選択肢を非表示にしたり,単語を見ずに音声のみで和訳を解答することができます。

 

まとめ

ビジネス英単語の総合結果

以上,スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースにある「ビジネス英単語」という学習コンテンツについて,概要の説明とレビューを行ってきました。

時間にして数分で1つのトレーニングを終えられるので,1日のスキマ時間の合計が30分にもなれば,十分に100語のノルマは達成できるでしょう。

通勤の行き帰りや,朝起きてからであったり寝る前など,色々と時間は作れるはずです。

収録語に関してはTEPPAN英単語と同じものもあるにはありましたが,そうでない単語も多く,話者も数名の方がいらっしゃいました(ただし,音量にややばらつきがあるところは改善を望みます)。

繰り返しにはなりますが,このビジネス英単語で出会った2,242語の使い方に精通することで,相手の話している内容もより理解できるようになりますし,自分の言いたいことを即座に話せるようになるでしょう。

加えて,ビジネス英語のメインレッスンでも,ここで学んだ単語は出てきます↓↓

本コンテンツですでに学んだ単語であれば,実際の使われ方により注意を払えるようになっているはずです。

例文は,自分の口を動かして読み上げることでより習得しやすくなると言われますので,視覚以外の要素も使って学びましょう(口パクでも構いません)。

ビジネス英語を身に付けて自信を深められれば,仕事のパフォーマンスにも良い影響を及ぼすはずです。

スタディサプリENGLISHで充実した毎日を過ごしてください!

なお,これから申し込まれる方であれば,不定期に開催されるキャンペーンが利用できます。

最新情報は以下の記事をどうぞ↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-学習コンテンツ

© 2020 スタディサイト