スタディサプリのビジネス英単語の使い方!量と難度はピカイチ

今回ですが,スタディサプリENGLISHの数ある学習コンテンツの中から「ビジネス英単語」を選んでレビューしていきたいと思います。

これは,ビジネス英語コース限定のコンテンツとなりますが,ビジネスに限らず日常英単語までを広くカバーしているところが特徴です。

スタディサプリENGLISHにある他の単語帳としては,TEPPAN英単語や新日常英会話コースのものなどが知られていますが,これはその中間に位置する単語帳となり,実は最大の語彙数を誇ります。

それでは早速レビューしていきましょう!

ビジネス英単語の概要

ビジネス英単語の概要と修了率100%

まずはビジネス英単語の概要についてみていきますが,比較的最近になって追加されたコンテンツです。

その名前からなんとなくわかるかと思いますが,ビジネス英語コースで契約した場合にのみ利用できます↓

詳しい使い方については次章で扱うので,ここではその収録内容について触れるだけにとどめましょう。

収録されている単語は,難易度によって「Basic」と「Advance」の2つに大きく分かれており,重複もわずかに見られるものの,

  • Basicが1450語
  • Advanceが792語

計2242語となります。

これを多いとみるか少ないとみるかですが,トータルの語数的には英検準1級の単語帳が1800語,3級のものだと1300語程度なので,量的にはなかなかのものです。

実際,同じくスタディサプリENGLISHにあるTEPPAN英単語(TOEIC対策コース限定)は1500語,新日常英会話コースにある日常英単語が1450語であることを考えると,特に充実していると言えます。

学習者の現在の語彙レベルがどのようなものかによって,取り組む際のハードルが異なりますが,詳しくは次章でご確認ください。

学習方法について,これと言って明確な決まりはないものの,スタディサプリではTEPPAN英単語のやり方を踏襲することが基本とされているので,毎日100語ずつ進めていきましょう↓

スタディサプリENGLISHのTEPPAN英単語の使い方

スタディサプリENGLISHにあるTOEIC対策用の学習コンテンツといえば,パーフェクト講義や実戦問題集の名前が真っ先に挙がりますが,今回紹介する「TEPPAN英単語」も負けず劣らず評判の良いコンテンツです。 1回あたり ...

続きを見る

1レッスンが100語から構成されているのには,このような理由があったのです。

推奨ペースで学んでいくと23日で一通り終わる(1周できる)計算となりますが,繰り返し学習して定着させる必要があるため,1回学んで終わりとはなりません。

例えば,3ヶ月で4周くらいはやることになります。

とはいえ,ビジネス英語コースの最高レベルのLv.4で求められる英語力はTOEIC860点以上のため,多くの方にとって,Advanceレベルに属する単語の多くは難しいと感じるものが多いでしょう。

ゆえに,Basicを5周してさっさと完成させてしまい,残った時間をAdvanceレベルの単語学習に費やすといった使い方もありだと思います。

ところで「繰り返しやろう」などと簡単に言いますが,5回も同じものを繰り返しやるというのは普通の人にはできないことで,たいていはその回数に達する前に止めてしまいます。

ですが,どんな苦手なものでも少なくとも3周,できれば5周ほど繰り返せば,1周目とは見違えるほどできるようになるものです。

なお,ビジネス英語コースのLv.1はTOEIC400点から始めることもできますが,その場合,基礎英単語の学習コンテンツで中学内容をまとめてからビジネス英単語に移るとよいでしょう↓

名詞の解説講義
スタディサプリENGLISHの基礎講座は文法・単語・音法を初歩から

今回は,スタディサプリENGLISHに用意されている「基礎講座」を取り上げ,そこに含まれる3つの学習コンテンツの概要や使い勝手をみていきましょう。 日常英会話であろうとビジネス英語であろうとTOEICであろうと,英語力の ...

続きを見る

 

 

ビジネス英単語の使い方

ビジネス英単語の学習風景

ここではビジネス英単語の基本的な使い方について説明しますが,BasicもAdvanceも出題形式に変わりはなく,基本的には単語を綴りと音声で確認し,その意味を4択から選びます。

制限時間は5秒ですが,できれば3秒程度を目指しましょう。

1日のレッスンで学ぶ数の目安は100語なので,人によってはなんだか多いように聞こえるかもしれません。

ですが,スタディサプリENGLISHの単語学習においてこれくらいの量であれば,かなりの速さで学び終えることができてしまうので安心してください。

さらに,1日で100語を学ぶといっても,1回で100語全部を学び終えなければいけないわけではありません。

特に最初のうちは,すきま時間を見つけるたび,10語単位で数回に分けてやるとよいでしょう。

実際,1つのレッスンは10語ずつのトレーニングに細かく分けられています↓

ビジネス英単語のトレーニングは10語ずつ

慣れてくると10語で1分もかかりませんので,すごい速さで100語が終了します(ただし,例文や発音などの確認が十分に済んでいることが前提です)。

 

Basic

ここで,Basicのレッスン1をみてみましょう!

記念すべき最初のトレーニングで登場する単語は,

Basicの1~10語

might,include,state,provide,government,issue,against,though,result,offer

の10語でした。

アルクの「標準語彙水準SVL12000」で言うところの,レベル2の単語(初級)が中心です。

とはいえ,すべてがこのレベルからの出題ではなく,例えばBasicの最後のトレーニングでは「reckon(計算する),density(密集度),module(機械を構成する単位)」といった,レベル6~8の単語(中~上級)も出てきました↓

ビジネス英単語のBasicレベルの難単語

選択肢が結構,惑わすものになっているので,Basicとは言えど油断できません。

なお,10語を終えるごとにまとめのページが表示され,例文を音声付きで確認できる他,チェックを入れた単語だけを「復習トレーニング」に追加することもできます↓

ビジネス英単語にある復習トレーニング画面

この使い方については次章で説明しますが,ビジネス英単語を何周かしたら,マンネリを避けて変化を付けるためにも,復習トレーニングだけをひたすら学ぶ日を設けてみるのも良い選択だと思います。

 

Advance

続いてAdvanceレベルの単語の説明に移りましょう!

Basicよりも難しめの単語がずっと増え,最初の10語は

Advanceの1~10語

portfolio,inventory,transaction,lease,distribution,premium,client,impact,authority,obtain

となり,先のアルクの水準でみると,レベル6~9の単語が中心です。

最初から最後まで,ずっと中~上級レベルの単語を相手にすることになるものの,Basicと比べて劇的に難易度が変わったかと言えばそのようには感じません。

そして,ビジネス英語コースの目的は,TOEICのリーディングパートで高得点を取ることではなく,実際,これらの単語を英会話で使えるようにするために学んでいることはお忘れなく。

そのような意識でいると,意味はわかるものの,どういった会話のときにその単語が登場するのかわからないような場合に,例文を確認してみたくなるはずです。

また,クイズとしての負荷をより高めたければ,出題時の設定を変更してみてください↓

ビジネス英語コースの設定変更

選択肢を非表示にしたり,単語を見ず,ただ音声のみで意味を確認する問題に変更することで,さらに難度が上がります。

とはいえ,初期状態のままであっても,問題画面の選択肢の方に集中しながら聴く(上に出ている単語は見ない)ようにすればリスニングの勉強になりますし,逆に選択肢を最初は見ないで,答えを1つ頭に浮かべてから選択肢をみるなどと工夫ができるので,私はあまり設定をいじっていません。

 

 

ビジネス英単語を一気に通しでやってみた結果

スマートフォンとストップウォッチでビジネス英単語を学ぶ様子

ある週末の1日を丸々使って,ビジネス英単語を最初から最後まで一気にやってみることがありました。

時間にすると2時間ちょっとかかりましたが,2242語を1日かけて学び終えると達成感もひとしおです。

加えて,長時間学習して判断力も鈍る中,頑張って問題を解くことで集中力も鍛えられたように思います。

人によって目的や実力は様々ですので,Basicだけ,またはAdvanvcedだけを学ぶというやり方も良いですね。

ところで,わざわざこうして通しで学んだ真の目的は,自分が苦手とする単語の洗い出しにあります。

investとinvestigate,そしてprincipalとprincipleなど,形が似たような単語は普段からよく間違えていますし,stuffの意味を(物;説明;従業員;客)の中から3秒以内に選べと言われたら少々戸惑うのではないでしょうか。

なお,このとき間違えてしまった問題やパッと意味が出てこなかった問題は,まとめページでチェックを付けておくのがポイントで,こうしておくことで,翌週単語学習する際には復習トレーニングを行うことに専念できます

復習トレーニングでチェックした問題を解く

なお,私が通しでやったとき,チェックが付いた問題は全部で150問になったので,一通りやっても10分ほどしかかかりません。

加えて,これらの単語というのは,何度も間違えてしまうことが多い単語なので,そういったものだけを次の1週間かけて集中的にトレーニングすることで,とても効率良く学べたように思います。

 

 

まとめ

ビジネス英単語の総合結果

以上,スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースにある「ビジネス英単語」という学習コンテンツについて,中身の説明から変わった使い方までをまとめてきました。

時間にすると,数分で1つのトレーニングを終えられるので,1日のスキマ時間の合計が30分にもなれば,100語というノルマは十分に達成できるでしょう。

もっとも,ミスが少なくなってくると10分でできますし,通勤の行き帰りや,朝起きてからや寝る前などと,時間の捻出方法も次第にわかってくるはずです。

収録語の中にはTEPPAN英単語と同じものもあるにはありましたが,そうでない単語も多く,話者は出身の異なる複数人で担当します。

もっとも,TOEIC対策コースとビジネス英語コースの両方ともを契約する方は稀でしょうから,このビジネス英単語で出会う2242語の単語に集中し,相手が話している内容をより深く理解しては,自分の言いたいことを即座に話せるようになりましょう!

実際,ビジネス英語のメインレッスンで学んでいると,本単語帳で学んだ単語がたくさん出てくるのですが,本コンテンツですでに学んだ単語であれば,会話での使われ方に大変納得がいくはずです↓

キーフレーズチェック
ビジネス英語と新日常英会話コースのメインレッスンについて

2019年には,スタディサプリENGLISHに新コースが2つ追加されました。 その名も「ビジネス英語コース」と「新日常英会話コース」の2つですが,学習の目的はタイトルからも明確ではあるものの,どのような内容であるかは使っ ...

続きを見る

最後に示したように復習トレーニングはすごく使い勝手が良いですし,単語帳内で紹介される例文を,自分の口を動かして読み上げると,より単語が習得しやすくなると言われています。

視覚だけでなく,なるべく多くの感覚を使って学ぶようにしてください(電車の中などで口パクするだけでも効果があります)。

ビジネス英語を身に付けて自己肯定感が高まれば,仕事のパフォーマンスにも良い影響を及ぼしてくれます。

是非,スタディサプリENGLISHを使って,充実した毎日を過ごしてみてはいかがでしょう。

なお,これから申し込まれる方は,不定期で開催されるキャンペーンが利用できる可能性があります。

最新情報は以下の記事をどうぞ↓

計算機と日本円
【2022年5月】スタディサプリのキャンペーンとコードのまとめ

当記事では,スタディサプリのキャンペーンとコードについての最新情報をまとめています。 一口に「スタディサプリ」といっても色々なコースやプランがあるわけですが,コーチングが受けられる個別指導コースから合格特訓コース,夏~冬 ...

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました。

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼度の高いものをまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!