スタディサプリENGLISH

スタディサプリのビジネス英語コースで学ぶ1週間の過ごし方!

今回はスタディサプリENGLISHからビジネス英語コースを使った1週間の過ごし方についてまとめてみたいと思います。

月曜から日曜まで,大体どのような感じで学習が進んでいくのか,これからビジネス英語コースを始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

スタディサプリのビジネス英語コースを使った学習計画

基本的に,スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースに明確な終わりというものはありません

というのも,レッスン数にして全部で960レッスンもあるわけですから,3年かけて学ぶなどとしない限り,基本的には自分の目的が達成されたと感じ次第,次のステップ(教材)へと移っていくことになるでしょう。

つまり,多くの方にとって本コースは,ビジネス英語を習得するための壮大な学習計画の1部分として使われることになるわけです。

一般的に,ある教材で学び続けるための判断基準としては,

  1. ほどよいと感じる難易度であること
  2. 自分の英語力に進歩が見られること

の2つが知られています。

1に関してですが,ビジネス英語コースのメインレッスンでは4つのレベルが設定されており,一番簡単なLv.1ですと「TOEIC400点程度の英語力」を持っていればOKですし,最高となるLv.4では「TOEIC860点以上を保有している方」に向けた高難度です。

本コースが対応できる英語力にこれだけの幅があるわけですから,高2レベル程度の実力を備えた方であれば誰にでも役立つことと思います。

どのレベルで学び始めるかについては,実際に保有しているTOEICスコアで決めることの他,まずは気になるレベルのものから使い始めてみて,ほどよく「わからない」と感じたレベルを選択するでも構いません。

なお,最近にTOEICを受けたことはないけれど現時点での英語力を知りたいという方は,本コースの無料特典として付いてくる日常英会話コースのレベルチェックテストを利用してみてください↓↓

参考までにビジネス英語コースのLv.2(TOEIC600点程度)というのは英検2級,そしてLv.3(TOEIC730点程度)は準1級に近いレベルです。

次に2つ目の判断基準についてですが,自分の英語力が確実に高まっていることを感じなければ,人はその教材を使うのを止めてしまいます

始めることは誰にでもできますが,続けることが難しいとされるのは,これが大きな理由です。

学んでいても楽しくなかったり,行うことになるトレーニング(勉強法)が自分に合わなければ実力もつきません。

そこで,毎週ごとに自分のパフォーマンスを振り返って,自身の英語力を判断していただくことをここでは提唱してみたいと思います。

無論,スタディサプリENGLISH側もそのようなことは重々承知で,現にレッスンは1週間単位で構成されているわけです。

とはいえ,そのスケジュール通りに学びながらも,週の終わりにはその1週間のパフォーマンスを評価することは忘れないでください。

さて,ここまでにかなりの多くのことを語ってきましたが,まだビジネス英語コースで学んだことがなければ,どのように1週間学んでいくことになるのか,想像すらつかないように思います。

次章からは,そんな1週間の様子について,具体例と共にみていくことにしましょう!

 

平日におけるビジネス英語コースの使い方

スタディサプリENGLISHでは月曜から1週間が始まりますが,多くの会社や学校のスケジュールもそのように進むわけですので,あまり混乱することはないでしょう。

ビジネス英語コースには多くの学習コンテンツがありますが,やはり平日は「メインレッスン」をこなすことを最優先に行います。

どのくらいの時間がかかるかは,選んだレッスンのレベルと現在の英語力のバランスで異なりますので,これと1つに決めることはできませんが,早く終わらせることを競うわけではないので,余裕を持った学習ができるように計画すべきでしょう。

大体は早く終わって時間が残ってしまうものですが,余った時間を使って別のトレーニングを行えばよいので問題はありません。

基本的に私は,最大で1時間をビジネス英語コースでの学習に充てられるようにしています。

メインレッスンにかかる時間の目安は以下の通りです↓↓

  • 会話理解クイズ:5~7分
  • 単語・イディオムチェック:1~3分
  • ディクテーション:8~10分
  • 会話文チェック:6~10分
  • シャドーイング:7~10分
  • キーフレーズチェック:4~5分
  • リード&ルックアップ:2~3分
  • 瞬間発話プラクティス:3~4分

平日のノルマを終えた段階で学習記録を確認すると,30分ちょっとで終わるときもあれば,50分近くかかる日もあります。

上の中で,もっとも量的に辛いのが「ディクテーション」と「シャドーイング」の2つなので,それらのトレーニングに挑む前にはしっかりと休みの時間を取るのがおすすめです。

逆に「キーフレーズチェック」は癒しの時間であり,意外と大変そうな「瞬間発話プラクティス」はあまり上手く話せないものの,むしろそれで「明日も頑張ろう」といった前向きな気持ちで終われるので,できなかったことを悲観することはあまりありません。

メインレッスンのコンテンツ内容について詳しくは,以下の記事を参照してください↓↓

まとめると,特別な用事がない平日において,私は以下のようにビジネス英語コースを使っています↓↓

平日のモデルケース

朝の電車の中で会話理解クイズを行います。単語・イディオムチェックまでやってもまだ時間に余裕がありますが,そこまでを行きのノルマにしていて,あとの時間はニュースやメールをチェックしたりと自由に過ごしています。

次に学習するのは昼の休憩時間です。毎回家からパンとスープを持っていくので,食べながらディクテーションをやります。朝にやったはずの内容ですが,実際に文字で入力するとなるとスペルの問題なども出てきてなかなかに難しいです。こちらもこれで切り上げて,残りの時間はしっかりと休んでいます。

会話文チェックは帰りの電車の中で行いますが,そこまでが帰宅前のノルマです。もしも昼に時間が取れなかった場合は,ここでディクテーションも行います。

家について食事を取ったり風呂に入ってゴロゴロしますが,22時には必ずシャドーイングを始めるようにし,ヘトヘトになってもそのままキーフレーズチェックを観て,さらにリード&ルックアップまで一気にやります。とはいえ約20分の学習ですので,時間的にみれば大したことはありません。

トレーニングの間が空く方が,程よく内容も忘れてしまえるので,私的には一気に全部やるより,上のふうに学ぶ方が効果があるように感じています。

なお,行き帰りでノルマが終わった後は,ネットサーフィンをしながらもオートリスニングを使って,これまでに学んだ範囲をなんとなく流してはいますが,これがどのくらいの効果があるのかについてはわかりません。

ですが,既習範囲であったり,今の実力よりも下の内容であれば流し聞きも有効だと聞きますので,それらを中心に流すように工夫しています。

オートリスニングはPCでは使えない(表示もされない)のでご注意を↓↓

 

週末におけるビジネス英語コースの使い方

土日には平日にやったレッスンを復習することと,平日に学ばなかったコンテンツを使って補ったりしますが,私の場合はオンライン英会話を行うのが大きなイベントです。

週末にやることとその所要時間を箇条書きにすると,以下のようになります↓↓

  • メインレッスン:10~15分(土日のうち1回)
  • オートリスニング:8~10分
  • ビジネス英単語:25~30分
  • オンライン英会話:25分程度

メインレッスンは「重要表現チェック」がまさに復習用のレッスンで,土日のいずれかに1回やるためのものです。

また,オートリスニングは平日のレッスン内容を集中して聞くようにしています。

この他に「ビジネス英単語」という学習コンテンツを用い,200語が1日あたりのノルマです。

ちょうどBasicとAdvanceの2つにレベルが分かれているので,それぞれから100語ずつを行っています。

そして,土日の両方にオンライン英会話を行うのが私の最近の過ごし方です。

効率を考えると,週の真ん中で時間が1日取れれば均等に分配できてよいのでしょうが,私は土曜日に1回目を行い,そこで見えた反省点を日曜のレッスンでリベンジするので,「土日のレッスンを合わせて1回」のように見なしています。

上の2つのトレーニングについては以下の記事を参考にしてください↓↓

こちらについても週末の過ごし方をまとめてみました↓↓

週末のモデルケース

朝起きると,そのまま布団の中でBasicの単語を100語やり,ついでに今週のオートリスニングを聴くまではその場で済ませてしまいます。その後,朝食を食べて入浴するなどしますが,メインレッスンが残っていれば朝のうちに終えておくと気が楽です。

まったく予定がないとき,私はキーフレーズのレッスン動画だけをLv.1のものから見返して,動画で1時間レッスンを受けているような感じで勉強することがあります。簡単な語句でも正しく使い分けられるようになることで,より自信を持って話すことができるのではないでしょうか。

夜にはオンライン英会話を受けるのですが,まだまだ自信がないため,やりたい英会話教材に目を通し,言いたいことをあらかじめ準備しておきます。時間になると先生の方からSkypeがかかってくるのですが,レッスンは2週間先まで予約できるので,まとめて予約してしまうのがおすすめです。ここでうまく言えなかったところは反省し,どう言うべきだったかをノートに書き残しています。

私はベッドで横になってすぐに寝るわけではないので,まずはビジネス英単語のAdvanceを100語やってから,動画を観るなり音楽を聴くなりして自然と眠りにつきます。

 

まとめ

以上,スタディサプリENGLISHからビジネス英語コースを使って学んだ1週間について,平日と週末の場合に分けて紹介してきました。

基本的に月曜から金曜日における本コースの使い方は毎日同じです。

慣れてくれば色々手を出すのもよいでしょうが,やはりインプットが多くならないとアウトプットすることはできません。

最初のうちはやはりメインレッスンに集中するのがよいと思います。

細かく10分程度の学習を数回積み重ねると,無理なく一日分のレッスンを完了することができるはずです。

ちなみに,私の方法の場合だと,学習に変化を出すには週末の過ごし方が重要となってきます。

そのためにはやはりオプション扱いになっているオンライン英会話を利用するのが好都合で,週末にレッスンするたびに「一体自分は何のために英語を学んでいるのか」を再確認できますし,自分の進歩というものが肌で感じ取れるのでおすすめです。

スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースにある教材だけで,毎日1時間近い時間,英語に触れることができます。

もし仮に平日でやり残しが出てしまったような場合にも週末にまとめて行うことができますし,本サービス以外にビジネス関連の洋書や英字新聞を読めば,さらに勉強時間を増やすことが可能です。

こちらも目的は英語生活に変化を出すことですが,もし総合的なビジネス英語力を評価してもらいたいと思った場合には,TOEIC(R)S&Wテストを受けてみるのがよいでしょう。

先のオンライン英会話でもスピーキングに特化したコースを利用できます。

なお,上のテストではライティングも評価の対象になるので,週末に書く練習がさらに必要となりますが,どれもビジネス英語には必要なことです。

スタディサプリENGLISHの受講後で得点の上昇が見られるようであれば,ますますビジネス英語を頑張るモチベーションになるはずです。

まずは無料体験から,始めてみてください!

キャンペーンなどが実施されていることもあります↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリENGLISH

© 2020 スタディサイト