スタサプENGLISHの日常英単語トレーニングを徹底分析

今回は,スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースにある「日常英単語」というトレーニングについて分析してみたいと思います。

比較的最近になって追加されたものではありますが,学び方については,基礎講座に含まれる基礎英単語や,他コースに存在するTEPPAN英単語やビジネス英単語などと同様です。

とはいえ,扱う単語は英会話で使われるものが中心で,後になるほど難しくなる傾向にあります。

まずは概要からみていきましょう!

日常英単語というトレーニングについて

新日常英会話コースのトレーニングと新日常英単語

スタディサプリの新日常英会話コースでは4つのレベルからなるデイリーレッスンの他,基礎講座に1分クイズ,オンライン英会話教材が利用できますが,この日常英単語もそれらに並ぶトレーニングの1つです。

一言で言えば,日常英会話で頻出となる単語を厳選した講座ということで,主にデイリーレッスンで出てくる単語を学ぶことができます。

レッスン数は全部で15あり,マスターすることができる単語の数は1450語です。

参考までに,姉妹サービスであるTOEIC対策コースのTEPPAN英単語が1500語,ビジネス英語コース専用のビジネス英単語は2242語ありましたので,ボリューム的にはそれらに匹敵する単語帳だと言えるでしょう。

ところで,全コース共通で使える基礎講座でも,中学や高校で学ぶ基本英単語を学ぶことができました。

その単語数が1206語あるわけなので,これらすべてを学んだとすれば,新日常英会話コースだけで2656語を身に付けられる計算です。

なお,日常英単語のトレーニングに登場してくる単語は,デイリーレッスンでも目にすることになるものなので,本トレーニングで学べば学ぶほど,メインコンテンツの聴き取りが自ずとできるようになることは容易に想像できます。

次章では,扱う単語について詳しくみていくことにしましょう。

 

 

日常英単語のトレーニング内容

日常英単語のトレーニング開始画面

すでに基礎英単語をやっている方であれば,お馴染みの開始画面となります。

単語は100語ずつの全15レッスン(最後だけ50語)に分けられているのですが,各レッスンはさらに10語ずつに小分けされているので,1回のトレーニング時間が数十秒で終わりになっても全然おかしくありません(各単語3秒以内にすべて答えられた場合)↓

10語ずつのトレーニングは30秒ちょっとで終了します

そもそも,1回で100語全部を学ぶとなると,ある程度の気合が必要になるものですが,10語くらいであれば,電車を待つ際のちょっとした隙間時間でもやり終えることができます。

朝起きたばかりで,まだ覚醒していない状態であっても気楽に挑戦できるので,頭が回転していない中でもとりあえずやってみるのが吉です。

なお,通常の設定であれば以下のような学習画面となり,学び方としては,右上の5秒タイマーが表示される中で,単語の持つ意味を4つの選択肢から1つ選ぶようにします↓

日常英単語の選択肢の例

選択肢の配置はやるたびに変わるので,同じ問題セットを繰り返すときに役立つものです。

まだ学習が進んでおらず,出来が悪いような時であれば,同じ10語をその日のうちに解き直すこともあるでしょう。

なお,最初の画面で設定を変更することで,解答の選択肢表示を消したり,問題の出題順を変えたり,英単語を見ずに発音だけから和訳を選択することまでできてしまうので,習熟度や鍛えたい能力に応じてより難度を上げた状態でトレーニングを行うこともできます

メリハリも付けられていて,10語を終えたタイミングで,それまでの単語をまとめて確認できる画面が表示されることになり,そこでは発音と品詞に和訳の他,例文も確認することが可能です↓

日常英単語の復習画面

「例」と書かれた場所をクリックすることで例文が表示され,デイリーレッスンで出てくるような内容の文を確認できる他,右上にある四角にチェックを入れることで復習トレーニングに追加することができ,あとでチェックを入れたものだけを別個に学ぶことができる機能も見逃せません。

厳密には,1~300語,301~600語,601~900語,901~1200語,1201~1450語といった区切りごとにまとめて復習できる機能になりますが,こちらもどんどん活用するようにしましょう。

 

 

日常英単語の単語レベルについて

日常英単語の総合結果

100語(1レッスン)を学び終えると,上のような総合評価が表示されて,1日のノルマが終了となりますが,これら日常英単語のトレーニングで学ぶ単語というのは,一体どのような難易度の単語から構成されているのでしょうか。

最初に学ぶことになる単語について調べてみると,以下の10語からなっています↓

日常英単語の1~10語

might (2), include (2), state (2), provide (2), government (3), issue (3), against (1), though (1), result (2), offer (2)

各単語の後にカッコで数字を表示しましたが,これはアルク社が公表しているSVLというレベル分けの結果を示したもので,最初の10語の結果を平均すると「レベル2程度」であることがわかりました。

レベルが大きくなるにつれ,難易度は高くなっていきます。

それでは,日常英単語の学習が真ん中くらいまで進むと,単語の難易度はどう変わるでしょうか。

以下がその一例です↓

日常英単語の701~710語

impression (2), unable (2), joke (1), column (4), electronic (4), impose (4), criminal (3), besides (3), properly (3), ancient (4)

最初の10語の時とは異なり,700語まで来ると,レベル4の単語もちらほらと見受けられるようになり,平均すると「レベル3」になります。

全体的にレベルが上がっていることがわかるでしょう。

そして,一番最後にやることになる単語セットがこちらです↓

日常英単語の1441~1450語

registration (6), density (7), module (8), attachment (7), holder (6), fortunate (2), lazy (2), insure (5), found (3)

ここまで来ると,違いは明らかでしょう。

レベルにすれば7や8のものも見られるようになり,平均すると「4.6」となります。

デイリーレッスンもレベルは4つに分かれており,高いレベルのレッスンに出てくる単語ほど,難易度は高くなる傾向にありますが,日常英単語についても同様に,後になるほど難しくなると理解しておきましょう。

 

 

まとめ

日常英単語の15レッスンのうちマスターしたレッスン

以上,スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースにある日常英単語について学んできました。

特徴を端的にまとめれば,短時間で気楽に語彙力を増やすことができるトレーニングとなり,全部で1450語をマスターすることができます。

学び方としては,まずは各単語を3秒以内に全問正解できるようになることを目指しますが,一見簡単そうに見える単語であっても,秒単位の制限時間がある中で,かつ紛らわしい選択肢がある中から正確を1つ選ぶことは反応速度や集中力を鍛える訓練にもなりそうです。

確かに,英会話では瞬発力めいたものが重要となりますし,ほどよく集中力を要するからこそ,退屈せずに取り組むことができるとも言えます。

なお,数回繰り返して正答率が上がってきたら,設定を見直すようにしてください。

英会話では文字を介さないやり取りも重要なので,「英単語を表示しない解答モード(リスニング)」については特に重宝するはずです。

耳で聴いて瞬時に意味が浮かぶ単語が増えてくると,メインのデイリーレッスンもより理解できるようになり,語彙力が増えたことのすごさを実感できることと思います。

以上,ここまでお付き合いいただき,ありがとうございました。

その他,日常英会話コースに含まれるトレーニング内容については,以下の記事を参考にしてみてください↓

iPhoneでスタディサプリENGLISHを勉強している様子
スタディサプリENGLISHの学習コンテンツについてまとめました

スタディサプリENGLISHの学習コンテンツもだいぶ出揃ってきた感があるので,ここで一回まとめておくことにしました。 具体的には, TOEIC L&R TEST対策コース ビジネス英語コース 新日常英会話コース (旧)日 ...

続きを見る

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼度の高いものをまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!