スタディサプリ小中高 高校生向け講座

スタサプ高3講座から英文解釈編の特徴と学び方

今回は,スタディサプリに最近追加された「リーディング<英文解釈編>」の使い方について書いてみようと思います。

関正生先生が教える高校英語講座としては,単語などのサブ的講座を除くと「文法編」しかこれまでない状態でしたが,今回の追加により,英文を読む技術も関先生に習える運びとなりました。

高3英語には,「読解編」という肘井学先生の素晴らしい講座がすでに存在していますが,それと被る内容ではありません。

あくまで文法編と読解編の橋渡し的な役割を持つのが今回の「英文解釈編」ですが,本記事でその特徴と学び方について理解しましょう!

スタディサプリの英文解釈編の特徴

スタディサプリのリーディング英文解釈編の紹介動画

それではまず,「リーディング<英文解釈編>」とはどんな講座なのかみていきます。

紹介動画の方で,担当の関正生先生がおっしゃっているように,長文読解の第一歩となる英文解釈の技術を身に付けるのが本講座の目的です。

スタディサプリの英語講座には他にもいくつか講座があり,それこそ肘井先生が担当する「読解編」の授業においては,長文読解の命とも言える大切な考え方を習得できます。

構文の把握から論理展開について,そして背景知識まで学べる講座になっていますが,その前にもう少し軽めに英文を読みたい方,特に高1・高2英語でベーシックやスタンダードレベル上がりの方におすすめです。

もちろん,文法編で関先生がますます好きになった方であれば,続けて英文解釈まで彼に教えてもらえますよ!

とはいえ,高1・高2講座のハイレベル以上の読解編で学んできたような方はこちらを飛ばしてしまうこともできるでしょう。

あくまで日東駒専や産近甲龍レベルの大学に受かるための力を付けるための講座です(最近はこれらの大学の難易度も上がっており,GMARCHの入試基礎レベルまで本講座で到達することが可能です)。

さて,本講座で扱うテーマは以下の通りとなっています↓↓

  • 文型,SVの把握,強調構文,倒置,接続詞,名詞構文,因果構文・イコール構文

講座のレベルは「スタンダード・ハイ・トップ」の3つに設定されていて,レベルが上になるほど難しいテーマに時間を割く傾向があるのが特徴です。

下の図はそれぞれの目次を比較したものですが,左列から「スタンダード・ハイ・トップ」の順になっています↓↓

スタサプ英文解釈編の目次比較図。左からスタンダードレベル・ハイレベル・トップレベルの順。

右のトップレベルでは文型についての解説が第4講にしかありませんが,真ん中のハイレベルでは第1講,第2講,そして第5講の3つによる展開です。

ところで英文解釈編の講義数は,上に出ているものが全てとなります。

つまり,各レベル8講座ずつで,テキストも要点部分までは同じですが,演習問題の難易度の点で違いがあるわけです。

例えば強調構文の演習問題を例に紹介すると,スタンダード(左)では,穴埋めもしくは文構造がわかりやすい単文による和訳問題ですが,トップレベル(右)ともなると(1)からすでに2つの構文が複合した形となっていますし,(2)では文中の強調構文を訳す問題となっていました↓↓

スタンダードレベルとトップレベルの演習問題の比較

明らかにトップレベルの方が難しいですし,次章でまとめる予習にかかる負担も変わってきます。

また,この場合の訳し方についても,トップレベルの講義では「無生物主語がSになっている場合の訳し方」にも言及しているあたり,最高レベルにふさわしい授業が展開されるようです。

基本事項を理解できていることが前提となりますが,毎回何か+α的な説明があるのがトップレベルの講座の魅力でしょう。

なお,先ほど「要点内容についてはどのレベルも変わらない」と言いましたが,レベルによっては扱わない項目もあり,例えば「接続詞に関する要点のまとめ」はハイレベルでは見られません(その逆も然り)。

もちろんすべての講座を視聴するのがベストでしょうが,それではわざわざこうして記事を書く必要もないでしょう。

英文解釈に自信がない方は,まずスタンダードの8講義を全て受講し,その次にトップレベルを改めて受講するようにすると,大体網羅的に学習できますし,良い意味で同じ内容を復習することになるのでおすすめです。

なお,関先生はスタディサプリ高3英語の文法編も担当されていますから,そこで語らなかった内容もこの講座で補完されることとなります。

本講座のテキストには「英文法の講義を確認してから受講するのが望ましい」と書かれていますから,学ぶ順序としては「文法編→英文解釈編」の順で視聴するのがベストです。

 

スタディサプリ英文解釈編の学び方

スタディサプリ高3講座の一覧画面

それでは続いて,スタディサプリ英文解釈編の予復習の方法について確認してみましょう。

予習と授業,そして復習の3つについてまとめます。

できるだけ関先生の教え方に沿うように心がけていますが,やや私なりの解釈が入ってしまっているので,細かいところについてはテキストまたは実際の授業で確認するようにしてください。

予習する

英文解釈の勉強では和訳が基本となるのですが,わざわざ日本語訳を書くのは面倒くさいし時間の無駄だと,ノートに訳を残さない生徒がいますが,これでは実力が付きません。

しっかり書いてみることで,自分の日本語に気を遣うようになりますし,「なんとなくできた」などと評価することがなくなります。

ノートに間違いの痕跡もしっかり残るわけですので,自分ができないところを客観的に知るためにも訳を書くのは大事です。

予習の手順は以下の6通りで,時間にして45~100分かかります↓↓

  1. 構文を把握する
  2. 和訳する
  3. 数回読み直す
  4. 知らない単語の意味を推測する
  5. 辞書を引く
  6. 重要語句リストを確認する

SVの把握を始め,接続詞や関係詞などをしっかり確認していきますが,知らない単語の意味はとりあえず無視して,構文把握を優先しましょう。

構文に忠実に訳していきますが,わからなければ何度も読み直し,知らない単語は品詞を先に考えてから予測するようにしてください。

このことで,無理やり都合の良い訳をでっちあげることが少なくなります。

また辞書を引く回数は最低限にとどめ,引いた単語の意味から別の単語の意味も推測できないか確かめることが重要です。

予測した単語も含めて訳が完成してから辞書を引いてみて,その結果を深く受け止め,最後に重要語彙リスト(講義に出てくる単語がまとまっているもの)をチェックしてから講義に進みましょう↓↓

英文解釈編にある重要語彙リスト

講義を受ける

リーディング英文解釈編の授業風景

講義時間は約60分です。

関先生の授業の特徴を一言で表すと「最小限」。

和訳はもちろん板書内容はすでにテキストに書かれていますし,要点もまとめの形で見やすくレイアウトされています。

書く必要が少ない分,講義内容の理解に集中してください。

頭の良い人は喋るのが速い傾向にありますが,関先生もその1人です。

ゆえに人によっては理解が追いつかない場合もありますから,その場合は一度止めるか,そうでなくてもチャプター(約15分程度のまとまり)の終わりにそれまでの内容を復習するようにしてみてください。

自分の言葉で説明しなおすことで,知識がより自分のものになった感じがするはずです。

余談ですが,本講座は最近追加されたもので,スタディサプリ開始時から10年近く経って,関先生もさらに貫禄が出てきたように感じます。

雑談めいた話もすべて英語や学生生活に関連しているものなので無駄がなく,知的な話を楽しめる方であれば,大変満足の行く予備校の授業を受けられるでしょう。

palmの説明にヤシの木の葉っぱや野球のパームボールの話をするのはともかく,パームトップPCの話までされるあたり,先生はコンピューターにハマっていた時代があるのでしょうか。

撮影や音声技術も良くなっていて,スタディサプリらしいカメラワークも完成されたように感じました。

復習する

本講座に限らず,スタディサプリの読解講座では「音読」が推奨されています。

英語を英語のまま理解するためにも「英文は最低でも30回(できれば50回)読むように」とのことで,これはかなり大変です。

とはいえ,1日に5回を6日続ければ30回になりますし,毎日30分は必ず音読するよう習慣づけて3ヶ月も継続できれば,自分がモノにした英文も増え,確かな実力アップが実感できることと思います。

なお,普通の先生では「ただ何回も読んでおいて」と言うだけのところですが,関先生はより具体的に指導しているのが特徴で,

文法や構文を意識して10回,内容を意識して10回,スピードを意識して10回

といった具合に,意識する場所を回数に応じて変えていくような勉強法まで教えてくれました。

また「発音の仕方がわからないよ」と言う方,心配する必要はありません。

というのもスタディサプリの英文解釈編には「音読トレーニング」というコンテンツがあるので,そちらを利用すればネイティブによる発音が聴けるからです↓↓

音声トレーニングの画面

スタディサプリの英語講座では長文を扱う講義には大体こういったお手本が付けられるようになりました。

英語4技能のことも考えて,より音声コンテンツ面を充実させていることの証だと思われます。

 

まとめ

英文解釈編の学習進捗画面

以上,スタディサプリより「高3リーディング<英文解釈編>」の内容と使い方についてみてきました。

今回の要点をまとめると,

  • 英文解釈編は文法編の次に観る
  • レベル設定は3つで全て8講義
  • テキストの要点はレベルごとにほぼ差はない
  • 問題演習の難易度や講義内容は異なる
  • 音読は毎日30分。10回ごとに意識する点を変える

のようになります。

なお,私のおすすめである「スタンダード→トップ」の順に学ぶと,音読を毎日30分したと仮定して約50時間はかかる計算です。

毎日2講座は現実的ではないのですが,毎日2時間勉強する場合には「予習で1日,講義の視聴で1日」と時間を配分できるので,それに加えて復習を毎日やったとしても2ヶ月は見ておきたいところ。

逆に1つのレベル(8講座)だけ視聴するのであれば1ヶ月で終わります。

もちろん,スピードを重視するあまり予習や復習が雑になるようでは本末転倒ですので,着実に実力アップを図っていってくださいね!

この後は肘井学先生の読解編に進みましょう!

これから新規に申し込まれる方は最新のキャンペーン情報をお見逃しなく↓↓

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリ小中高, 高校生向け講座

© 2020 スタディサイト