スタディサプリ

スタディサプリで学ぶ英文法!関正生の通年講座をレビュー!

今回はスタディサプリの「高校・大学受験講座」から,

高校3年生向けの英文法講座

をレビューしたいと思います。

講義を担当するのはスタディサプリで人気No.1の関正生ですが,「神講師」とも呼ばれる彼の実力,一体いかがなものでしょう?!

関正生の高校英文法の学習範囲

スタディサプリの名物講師といったら,それはやっぱり関先生でしょう。

CMを観ていても彼の授業が取り上げられることが多いですし,実際周りの高校生が最も利用しているのも,彼が担当する高3の英文法講座であるように見受けられます。

「あの人,マジですごいっすよね,ほんとわかりやすくないですか??」

と,嬉しそうに話しかけてきてくれます(なお,筆者も高校生に英語を教えているので少しシュール)。

なお,授業名に『高3』とあるものの,高校の英文法というのは高校1年生でも理解できますし,大体は1年くらい集中して一気に終わらせてしまうものです。

といった意味では,いきなり関先生の高3英文法から受講してみるするのもありでしょう。

とはいえ,高校で文法を一度も習ってないような人であれば,「高1・高2講座(内容は共通です)」にある肘井先生の英文法講座からやるのがおすすめです。

いずれにせよ英文法というのは,今後,英文読解をしていく上でも非常に役立つものなので,英文法(特に語法・イディオム以外)の理解をまず固めてから,英文読解に入っていくのが英語学習の王道であることは覚えておいてください。

高3英文法のレベル設定については,スタンダード・ハイ・トップの3つのレベルがありますが,テキスト内容や学習する範囲に大差はありません。

授業でしゃべる内容が少し異なる程度です。

各自がこれと決めたレベルの講座を,完璧になるまで何度も復習して定着させていくスタイルでやっていくとよいと思いますが,今回は,真ん中の『高3ハイレベル英語<文法編>』の授業を中心に,レビューの方,進めていきたいと思います。

まずは,やる文法項目を見てみましょう!

時制,仮定法,助動詞,不定詞,動名詞,分詞,分詞構文,受動態,関係詞,比較,冠詞・名詞,代名詞,形容詞,副詞,語法,前置詞,接続詞,文型

ほぼほぼこの順番で,高校英語で学習する英文法内容を学んでいきます。

文型が最後に来ているところ以外は,受験生ご用達のネクステやフォレストといった参考書で扱うのとだいたい同じ進度。

極めてオーソドックスな並びだと言えます。

そもそも,「英文法」と一口に言っても,実際はさらに細かく分けることができ,その学習内容は『文法・語法・イディオム』の3つからなります。

文法しっかり頭で理解することが大切で,初見になる問題でも対応できるようにならないといけません。

その反面,語法・イディオムは丸暗記で済むので,「早く覚えても忘れてしまうから後回しに」というのが通説で,関先生の授業でも後ろで扱う流れになっていますね(もっとも丸暗記を嫌う関先生の授業ですので,丸暗記にはなりませんが)。

講座のレベルを問わず,英文法の講義数は全部で24つ。

テキストは350ページ以上あるので,購入する場合は,前編と後編の2冊に分かれます。

印刷するのが手間ですし,参考書代わりにもできるので,購入してしまいましょう。

 

授業の受け方

スタディサプリの関正生の英文法ですが,費やす時間にも目安時間が示されており,24つあるうちの1講義にかかる時間数は約4時間。

つまり,

全講義やり終えるのには100時間程度

かかると覚悟しておきましょう。

とはいえ1日2時間勉強しても2ヶ月弱で終わる計算ですので,この講座だけで高校英文法が完璧になると考えたら,大変短期間でまとめられるとも言えます。

その4時間の内訳ですが,

  • 予習最低30分,ただし長くても60分まで
  • 授業自体は60分
  • 復習は45分・30分・20分・20分・20分の5回

です。

予習ではテキストの要点に目を通し,問題をすべて解きます。

板書内容はすべてテキストに書かれているので,動画では理解することに全神経を集中させてください。

なお,ワンポイントとして,1つのチャプター(だいたい20~30分ごとの授業のまとまり)ごとに,そこまでの内容を復習してみることが,授業内容を理解するのに役立ちます。

是非やってみてください。

これは例えば,塾の授業で,その日の内容を振り返ってみるのが有効であることと同じ原理です。

実際の授業では上記のようにチャプターが3つくらいあるのですが,赤い矢印で示したタイミングで1分間の復習を入れることをおすすめします。

スタディサプリの英文法では,復習に一番重きが置かれていて

「理解(わかる)と定着(できる)は別物だ」

と関先生もおっしゃっていますが,実際に自分が持っている文法問題集を,授業で関先生が解説するように説明しながら解いてみることで,英文法問題では高得点が取れるようになるでしょう。

友達または家族間で,教え合うなんてのもいいんじゃないでしょうか。

 

実際の授業レビュー

それでは,具体的に1つ授業をレビューしてみましょう!

初回の授業にしますので,「時制(1)」の講義ですね。

予習では要点を確認し,問題を解くと言いましたが,実際の授業で語られることになる核心めいたことは,テキストにはあえて書かれていません。

なので,予習段階では「こんなふうに学校じゃ習ったっけ」程度で大いに結構。

演習問題だけはちゃんと解いて,わからないときの参考としてテキストの内容を確認するだけでもよいのではと思います。

テキストの要点はこのような感じ↓↓

予習段階での理解としては,「従来の英文法だと,現在形はこんな用法があったっけ」でよいわけです。

次に演習問題を解いてみましょう↓↓

正解は,1と4になりますが,予習の段階で正解する必要はありません。

いきなりこういった問題の正解を講義で聞く前に,自力で予め解いておくことで,「どういうところが難しいのか」,「どこに気を付けて解くべきだったのか」といった疑問が自分の中で生まれることになり,そういった問題意識が学力上昇に大きく貢献するのです(なんだか偉そうですみません)。

第1講の予習では,問題数にして20題の入試問題を解くことになりました。

そして次に,いよいよ関正生先生の講義を視聴します!

実際の授業で先生は,「現在形」のことを「現在・過去・未来形」と読み替えて,

「昨日も今日も明日もする」ときに使う

といった,大変わかりやすい説明をされました。

こういった英語の核心めいたことを覚え,従来の英文法で習った知識を改めて見返してみると,これまでに勘で解いていた問題が,不思議と根拠づけて説明できてくるのが楽しいところですね。

気になったことや自分なりの理解はどんどん書き込んで,自分だけのテキストを作り上げていきましょう!

復習の仕方は,先に言ったとおり,学校で使っている文法書で演習量を増やしたり,テキストを読み直したり,スタディサプリ内に用意された復習テストを解けばOK(最近は理解度チェックテストも加わりました)。

講義ごとに付いている復習テストは5~10題であることが多いです。

テキストに載っているものと全く同じ問題でできているので,必ず正解できないといけません。

しかもその答えになる根拠も言えないとですからね!

習ってから日数が経って,忘れていないか確認する使い方もありです。

生徒が長期休暇に入った際に,24講全部の復習問題を一気にやらせることもありましたが,みなさんの場合,模試の前にまとめてやり直してみてはいかがですか。

 

まとめ

以上,スタディサプリで人気トップの関正生先生の英文法授業についてみてきましたが,いかがだったでしょうか。

今回の記事の要点をまとめると,

  • 1日2時間で2ヶ月で終わる分量
  • 復習が最も大事
  • 予習は正解問わず,とにかく問題を解く
  • 関先生の授業は,楽しく英語の本質を理解できる
  • ゆえに忘れにくく,復習問題を使っていつでも理解が確認可
  • 模試前などに一気に復習するのも効果的

となります。

周りの高校生に評判だった,関先生の英文法の授業ですが,その魅力は,

あくまで王道を行く英文法学習のスタイル+高速な授業で学べる膨大かつ使える知識

だと言えるでしょう。

分かりやすく教わった授業内容を,実際の文法問題を使って自分の手で再現できれば,早稲田や慶應のような難しい英文法問題であっても,そこそこ対応できるようになります(関先生は慶應大卒)。

やりこんでしまえば,

「自分以上に詳しく英文法を習った人はほとんどいないのだから,自分ができない問題は誰もできない」

とさえ思えるはずです。

特に英文法は,教育改革でアウトプットが増えている近年において,学校で十分な時間をかけて習うことが少なくなった分野と化しました(一部の先生はうまく文法も学べるアウトプット型授業を展開しているのでしょうが)。

英語がしゃべれても,文法知識があまり備わっていない先生も中にはいます。

「あんまり文法できないんだよな」と悩んでいる高校生には,とりあえず関先生の英文法講座を,是非一度受けてみてほしいですね。

無料体験はこちら

スタディサプリのその他記事も宜しければ参照してください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2020 All Rights Reserved.