2020年の学習指導要領と『生きる力』について

投稿日:

学習指導要領とは,社会的な実状を踏まえながら大体10年ごとに改定されますが,教科書や時間割内容を左右する大切なものです。

2020年から順次,小学校→中学校→高等学校の順で新しい学習指導要領がスタートしますので,本記事で簡単に理解しておきましょう。

学習指導要領の改訂スケジュール

内容についてみていく前に,今回の学習指導要領がどのような感じで実施されるのか,スケジュールを押さえていきましょう。

2017年に中教審答申(中央教育審議会という文部科学省にある委員会で,文部科学大臣などのお偉いさまに意見を述べたりする)を踏まえて小中の学習指導要領が,そしてやや遅れて高校でも告示されました。

とはいえ,いきなりすぐに実施されるわけではありません。

具体的な時期は,

  • 小学校が2020年度~
  • 中学校は2021年度~
  • 高等学校は2022年度~

となっていますので,まずはこれを頭に入れましょう。

小中は上記年度に全面実施となりますが,高校のみ学年進行で実施されるため,すべての学校の教育が新学習指導要領に基づくものになるのは,2022年度に入学した高校1年生が2024年度に高3となったときです。

高校生は自分が該当するかどうかも確認するようにしてください(ちなみに幼稚園は2018年度より始まっています)。

ちなみに『共通テスト』は2020年度より実施することになっていますが,大学入試改革と学習指導要領の改訂の時期をごちゃまぜに考えないように注意しましょう。

参考:センター試験に代わるテストは「共通テスト」に決定!

 

 

新学習指導要領の内容

今回の学習指導要領は『生きる力』を育むという大きな目標がありますが,Society5.0の記事で触れたような予測困難な時代において生き残るための力のことを一括してこのように呼びます。

参考:Society(ソサエティ)5.0に向けた学校での「学び」

今回の学習指導要領には,「主体的・対話的で深い学び」などの聞きなれない言葉が他にも色々と出てきますが,目指すところは現行の(2008年の)要領に盛り込まれているものと同じなので,言葉に騙されてはいけません(1998年のものとさえ,同じだと言えるでしょう)。

とはいえ,「目指すべき考え方を明確にして広くみんなで共有し,さらなる指導改善を引き出そうする取り組みである」ため,子供の周りにいる大人みんなが教育の充実に向けて行動することが求められているということを意味します。

つまり「これまでの教育で得られたものを,教科や学校間の垣根なく,さらには学校以外の地域の人たちと共に,勉強の意義や役割を共有していく」というのが新学習指導要領の本質であり,幼稚園から小学校,中学,そして高校まで,教育の成果をうまく連結していくのが期待されているということは忘れないでください。

よく耳にする『高大接続改革』はその一つにすぎません。

幼小接続(幼稚園と小学校)や中高接続にも十分に気を配っていく必要があるということもお忘れなく(保護者の方も,先述した"子供の周りにいる大人みんな"を構成する一員です)!

 

 

新学習指導要領が目指す資質・能力

これまでに記事にしたことを整理しなおすとともに,新学習指導要領が目指す資質・能力について大まかに把握するため,上記動画を観ておきましょう!

 

さて,2020年度の学習指導要領が目指す「生きる力」は以下の3つの資質能力となり,

  1. 実際の社会や生活で生きて働く知識及び技能
  2. 未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力
  3. 学んだことを人生や社会に生かそうとする,学びに向かう力・人間性など

となります。

補足すると,先ほどの動画にあったようなディベートをするためには,知識や話す技能を身に付けていることが前提です。

後述するアクティブ・ラーニングはこの上で実践されるからこそ意味があります。

加えて,2にある『思考力・判断力・表現力』ですが,これは,PISA・TIMSS型能力のときにさんざん論争になったような,様々な情報をまとめて判断したり,プログラミングのように操作して考える能力,さらにはかつては大学で初めて習ったようなクリティカル・シンキング(批判的思考)といった力のことです。

参考記事:PISA・TIMSS型能力とは

いわゆる『詰め込み教育』とは対極にあるものですが,知識と応用力のどちらもバランスよく身に付けることが,これからの社会では求められているということでしょう。

3を身に付け,学校での学びが社会にどうつながるのか理解した人材であれば,社会に送り出されても戸惑うことなく対応できると文科省は考えます。

「これこそ学習指導要領が新しく目指すゴールだ」というのは,時代のニーズにもマッチしていますよね。

 

 

アクティブ・ラーニングと新設授業

さて,以上の3つの資質能力は,『主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)』によって獲得されることになりますが,ここでは「どのように学ぶのか」が重視された授業が行われます。

主体的な学び」というのは,学ぶ対象に興味関心を持ち,事故のキャリア形成の方向性と関連付け,見通しをもって粘り強く取り組み,自分の学習活動を振り返って次につなげることで,

対話的な学び」は子供同士だけでなく,教師や地域の人との対話などを通して,自分の考えを広げて深めていくことを意味します。

最後に「深い学び」では各教科の特質に応じた考え方を使って,知識を相互に関連付けてより深く理解したり,問題を見出して解決策を考えるなどを指しますが,学ぶ内容が多種多様なので,いくつかの具体例を通して授業の雰囲気を体験するのがおすすめの方法です。

当サイトでもすでに記事にしましたし,近日文科省のサイトでも説明資料が公開されるので楽しみに待ちたいと思います↓↓

2020年に向けてアクティブ・ラーニングを体験しよう!

 

なお,2020年以降は,上記3つの資質能力を明確化して授業を改善していくということで,以下の授業が新設されます(一部変更)↓↓

小学校・・・外国語活動(3・4年),外国語(5・6年),特別の教科 道徳

中学校・・・特別の教科道徳

高等学校・・・理数,総合的な探求の時間

外国語教育は「聞く」・「読む」・「話す」・「書く」の4技能を総合的に学びますし,道徳教育では,とある問題を自分のこととして考えて議論することで道徳性を育むわけです。

理数教育というのは,観察実験を通して得たデータなどを分析し,統計的に処理することを学ぶといった内容です。

他にもプログラミング教育や,消費者教育(契約の重要性や消費者の権利と責任などについて学習し,自立した消費者として行動できる力をつける)などが重視されています。

もちろん,従来の名前を冠した教科であっても先ほどの『3つの資質能力』の取得を第一に考えた授業構成に改善される予定です。

 

 

まとめ

以上,2020年以降に実施される『新学習指導要領』のスケジュールと目標についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

2020年度から小学校・中学校・高等学校の順に1年ずれで実施されます。

 

また,学習指導用が目指す「生きる力」についてですが,ここで最後に『2016年5月付で出された文部科学大臣の文言』を引用しておきましょう。

将来の変化を予測することが困難な時代を前に,子供たちには,社会の変化に受け身で対処するのではなく,現在と未来に向けて,一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し,自らの人生を切り拓き,よりよい社会と幸福な人生を自ら創り出していくことが求められています(文部科学大臣 馳浩による「教育の強靭化に向けて」より引用)

 

これからの時代に生きる子供たちは,アクティブ・ラーニングを通して,3つの資質能力(知識・技能,思考力・判断力・表現力,学びに向かう力・人間性)を柱とする『生きる力』を身に付けていくことになりますが,周りの大人や社会もそれをできる限り応援していくのは忘れないようにして下さい。

なお,保護者の方ができる働きかけのうち,家庭での会話を増やしたり,TVやゲームの時間を制限することや,読書をすすめるといったものが,子供の学力を高めることが知られています。

例については,以下の文科省のサイトで確認してみてください↓↓

学習指導要領「生きる力」

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日の人気記事

1

スタディサプリEnglish のキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である, TRY2016 が使用可能です。 なお,当サイトの限定ページから申し込んで頂くと ...

2

2019年2月1日から2019年3月31日までのほぼ2ヶ月にわたり,『スタディサプリの小学講座・中学講座のキャンペーンコード』を掲載していましたが,たくさんの方のお役に立てたようで大変嬉しく思います。 ...

3

前回,スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)の「英会話コース」についての評判を分析しました↓↓ スタディサプリENGLISH【英会話コース】の評判はどう? しかし,スタディサプリイングリッシュ ...

4

今回は,App Storeの『教育カテゴリランキング』において,何度もトップセールスを記録している,今,最も勢いのある人気アプリの一つ, スタディサプリENGLISH【日常英会話コース】 の評判につい ...

5

スタディサプリENGLISHは月額980円から使用できるオンライン学習サービスです。 その学習効果については,私を含めて多くのユーザーに支持されるものであり,リクルートが実施したアンケート調査でも,約 ...

6

FirmBee / Pixabay 前回の記事で言った通り,噂の未来型学習アプリを登録してみました! 早速いくつか講座を視聴しましたが,思った以上に使い勝手の良いアプリですね。 今回は,そんなスタディ ...

-教育改革
-, ,

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.