PISA・TIMSS型能力とは

更新日:

markmags / Pixabay

学力調査というと,日本で毎年行われる文部科学省による全国学力調査が有名ですが,世界的な規模で子どもたちの学力を調べる調査が大きく2つ知られています。

1つはTIMSSと呼ばれ,もう一つはPISAと呼ばれる調査です。

今回はその2つにおける,日本の中学生の学力の国際的な順位の移り変わりと,今後社会に羽ばたく子どもたちにどのような能力が世界標準として求められるのか考察していきたいと思います。

 

 

TIMSSとPISAって何??

geralt / Pixabay

TIMSS とは Trends in International Mathematics and Science Study の略で,日本語では「国際数学・理科教育動向調査」と呼ばれているものです。主に小学4年生と中学2年生を対象にした調査になります。

簡単に言うと,学校で習った内容をどのくらいマスターできているかを調べるテストです。学校の成績が良い人ほど点が取れるテストです。科目は名前の通り,数学と理科になり,4年ごとに行われます。

 

次にPISAについてですが,Programme for International Student Assessment の略で,「国際学習到達度調査」と言われています。経済協力開発機構が3年ごとに行っていて,15歳が対象となっています。

こちらは学校で習った能力(知識や技能)をどれだけ現実の生活に役立てられるかを評価するテストで,主に読解力・数学力・科学力が問われます。2015年は科学的な能力がメインのテーマとなっていました。

 

TIMSSとPISAにおける日本の順位

qimono / Pixabay

それでは,TIMSS における日本の中学生の順位がどのように変わってきたのかみることにしましょう。1999年から4年ごとに,2015年までの調査結果を並べてあります。

数学については,5位→5位→5位5位5位

理科については,4位→6位3位4位2位

となりました。

 

そして次にPISAの結果です。こちらは2000年から3年ごとのデータを記載しています。こちらも最新は2015年の結果となっています。

数学力については,9位→6位→10位→9位→7位→5位

科学力については,2位→1位→5位→5位→4位→2位

読解力については,8位→圏外→圏外→8位→4位→8位

となります(圏外というのは11位以降を表します)。

 

さて,2003年頃からゆとり教育が開始されました。「ゆとり教育」と聞くと,勉強しない子供を量産してしまった悪い政策のように思えるかもしれません。ですが,ゆとり教育というのはそもそも,従来の詰め込み教育に反する考え方であり,受け身かつ詰め込み的な授業を減らし,能動的かつ自律的に学ばせようとする教育システムです。つまりは「PISA 型の能力を上げよう」とする試みであったことは忘れてはいけません。

ですが,その目論見が結果を出せなかったことに問題があります。上の順位で赤字にしたところは,ゆとり教育を導入して3,4年後の結果となっていますが,TIMSS の理科の能力が上がった以外は,順位を落としているのがわかります。特に肝心の PISA 型能力は悪化してしまったことが見て取れます。

そのような経緯があって,この結果に危機感を覚えた政府は,2011年から「脱ゆとり教育」を開始することになったわけです。導入して4年後の調査結果は青字で示しましたが,おおむね学力平均は回復してきたことがわかります。特に科学力(科学リテラシー)は過去最高を記録しました。

また,他に同時調査でわかったこととして,以下のようなものがありました。

・男の子の方が女の子よりも,科学を学ぶ楽しさや理科の学習が将来の仕事に役立つと思っていること
・理科の勉強が楽しいと思う子の割合が18%と,国際平均の44%に遠く及ばないこと
・できる子とできない子の差がはっきりと2極化していること

 

TIMSSとPISAの結果から言えること

Maxxja / Pixabay

これらの2大調査の信頼性は高いものですから,順位を大きく下げ続けた2003年~2011年頃の「子どもの学力低下問題」が大いに世間を賑やかしたことは当然であるように思います。脱ゆとり教育がひとまずの成果を出してよかったです。

ここで,ゆとり教育についてもう一度考えたいのですが,実験などの体験型学習を増やしたり,自分で考えさせる時間を設けることは大いに評価できることです。しかし,それが成績に表れるためには,大変な努力がいるのだと思います。

実際に子どもに勉強を教えていると感じますが,子どもが「自分で学びなさい」と言われても,どうしていいかがわからないことが多いと思います。それになんといっても,現場で教える大人自体が,詰め込み教育で育ってきてしまったわけですから,いかにマニュアルを読んでも,実践できないわけです。人は自分が体験していないことは教えられないのがほとんどですから。そして,そのマニュアルも,現場でのノウハウの蓄積もなかったのではないでしょうか。いきなり指導して結果を出すには期間が短かったとも言えると思います。

そのような経緯もあって結局は,子供は勉強時間が減って遊べる時間が増えたわけですが,その空いた時間で何をしたのでしょうか。自然と触れ合ったり,自分の興味を広げられるような遊びの場に行って知的好奇心を刺激するような行動が取れる子はいたのでしょうか。

ですが,悪いのは子でもではありません。世の中をみれば,そこら中が生産性のない遊びでいっぱいです。望んでもいないのに,これをしなきゃ時代に乗り遅れるだの危機感をあおられ,どこに行っても沢山の魅了がなされる世の中です。そういったもので時間を浪費してしまうことになるのは当たり前です。

もちろん,子どもがそういった失敗経験をし,反省することで将来の糧になるのは事実です。しかし,それ以外に大人の私たちが働きかけてやれることもあると思います。

 

 

知的好奇心で満ちた遊び場を用意すること

makamuki0 / Pixabay

今の子どもに必要なのは,知的好奇心で満ちた遊び場です。そういった場を大人の私たちが用意してやることが何よりも大切なことではないでしょうか。

子どもは興味を持ったら,なんでも「知りたい,やってみたい。」と思うはずです。

現代社会において,子どもが大好きなゲームも,プログラマーがプログラミングで作っているわけですし,音楽もDTMでパソコンで作って音源を鳴らします。デザインも手書きではなくコンピューターを使って書きます。現代は最新の科学技術を取り入れた製品を目にする機会も多いはずですので,ちょっとのきっかけを与えてやることによって,与えられる側に甘んじるよりも,与える側に立ちたいと思ったりするかもしれません。

子どもよりも大人の方が理解できていると思いますが,自分が何かに興味を持っても,難しそうだからという理由で一歩目を踏み出せなかったり,自分と違う世界の話のように聞いてしまうことがあると思います。それに職業として夢を描くときも,日本における「技術者」という人の価値が,まだまだ社会に十分に理解されているとは言えず,お金にならないこともあるかもしれません。ですが,目の前で,その難しそうなことをやってみせたり,自分が少しでもできることがわかれば,他の誰のものでもない確かな経験を子どもは手にすることになります。

そこまで現実的な話でなくても,何かを自分で解決できたり,創意工夫をもって物事にあたれる人材というのは,どこに行っても重宝されることに変わりはありません。どこかで見知った知識を論理立てていうことも大切ではありますが,誰にも思いつかなかったアイディアを出せる人間というものは,やはり尊敬されますし結果も出しています。そういう人たちのものの考え方は,子どものうちから培ってきたものだと思います。

 

おわりに

katjasv / Pixabay

最後の方は,だいぶ持論めいたものを書いてしまいましたが,みなさまはどのようなご意見をお持ちになりましたでしょうか。

世の中の動きはますます早くなってきており,求められる能力も日々変わってきています。

先の学力調査において,読解力の低下の問題が挙げられていましたが,現代の日本の子どもはスマホや小説などで,短い文章を読むことに慣れてしまっているので,長文が読めなくなってきているのはしょうがないと考えることもできます。漢字が書けない人が増えてきているという指摘に対しても,スマホなどで文字変換して正しい漢字に変換できれば,もはや生活で困ることはないということと同じでしょう。

しかし,そんな時代だからこそ,これまでにないものの見方や,得た知識を現代生活に役立てられる能力が問われることになります。

知的好奇心を持ち続け,PISA型の能力を身に付けた人材を育てるために,大人の私たちが子どもたちに何をしてやれるか,今からしっかりと考えていきたいという結論で,終わりの言葉とさせていただきます。ありがとうございました。

本日の人気記事

1

スタディサプリEnglish のキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である, TRY2016 が使用可能です。 なお,当サイトの限定ページから申し込んで頂くと ...

2

2019年2月1日から2019年3月31日までのほぼ2ヶ月にわたり,『スタディサプリの小学講座・中学講座のキャンペーンコード』を掲載していましたが,たくさんの方のお役に立てたようで大変嬉しく思います。 ...

3

前回,スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)の「英会話コース」についての評判を分析しました↓↓ スタディサプリENGLISH【英会話コース】の評判はどう? しかし,スタディサプリイングリッシュ ...

4

今回は,App Storeの『教育カテゴリランキング』において,何度もトップセールスを記録している,今,最も勢いのある人気アプリの一つ, スタディサプリENGLISH【日常英会話コース】 の評判につい ...

5

スタディサプリENGLISHは月額980円から使用できるオンライン学習サービスです。 その学習効果については,私を含めて多くのユーザーに支持されるものであり,リクルートが実施したアンケート調査でも,約 ...

6

FirmBee / Pixabay 前回の記事で言った通り,噂の未来型学習アプリを登録してみました! 早速いくつか講座を視聴しましたが,思った以上に使い勝手の良いアプリですね。 今回は,そんなスタディ ...

-教育改革
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.