スタディサプリ

スタディサプリのテキストの買い方と意義について

今回の記事では,スタディサプリ(小学・中学・高校・大学受験講座)におけるテキストの買い方についてレビューしていきたいと思います。

これまでに私自身,テキストを何冊も購入してまいりましたが,特に講座間でその買い方に違いはありません。

『スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)』は多少異なっておりますので,購入時のレビューを参考にしてください↓↓

スタディサプリENGLISHのパーフェクト講義のテキストレビュー

 

続けて,到着時の様子と共に,テキストを購入する意味についても考えてみたいと思いますが,基本,製本したテキストを持つことは多くの生徒さんにとって損がないものだと思われます。

是非今回のレビューを読み,購入するかどうかの判断基準の1つにしていただけたら幸いです。

 

 

テキストの買い方

スタディサプリのテキストの買い方についてですが,

  • 販売ページへの行き方
  • 正しくテキストをカートに入れる

ことにさえ気をつければ,あとの手続きで間違える人はいないでしょう。

よってここではこれら2点を中心に説明していくこととします。

販売ページへの行き方ですが,『サポートWeb(保護者用のページ)』か『学習者ページ(生徒用のページ)』のどちらからもアクセスすることが可能です。

前者の『サポートWeb』からの場合は,ログイン後に『テキスト購入』の欄をクリックすれば大丈夫です↓↓

ここで「テキストは学習者Webから購入することができます。」という注意が表示され,結局『学習者Web』に行く羽目にはなりますが,続けて学習者Webの『テキスト冊子購入ページ』が直で開くので,販売ページへのアクセスが最もわかりやすいのはこの手順を踏むことだと思います。

一方,『学習者Web』からの場合には,テキストを購入したい講座をクリックし,開いたページにある『この講座のテキストを購入』というボタンをクリックすることになります。

テキストの買い方

もし,目当ての講座が簡単に見つからなければ,適当な講座をクリックして,上記の青ボタンを押すのでも構いませんが,押した講座のテキストが自動的にカートに入ってしまうので,後でしっかりカートから削除するようにしましょう。

 

続けて以下の画面に遷移しますので,あとは希望するテキストを一覧から選択して,購入画面に進むだけです↓↓

テキストをカートに入れます

左のプルダウンメニューから学年を選んだら,科目を選択。

すると細かい講座名が右側に大きく出てきます。

学年や科目を問わず,複数のテキストをどんどんカートに放り込んでいきましょう!

なお,テキスト1冊1200円(税抜・送料込み)と書かれているので油断しがちですが,1つの講義のテキストが2冊に分かれているのが普通ですので,買い忘れに注意してください(送料は含まれているので,試しにまず1冊だけ頼んでみるのも良いかと思いますが)。

全部カートに入れたら『カートの内容を確認します』をクリックしましょう(右の数字は,入れたテキストの冊数を示しています)。

テキストがセール期間で安くなっているときは値段が割引価格(多くは1020円)と表示されており,どうしても気になってしまう『テキストクーポン』欄を使うことは基本ありません↓↓

テキストクーポンについて

このクーポンの取得方法ですが,例えば中学講座を受講していた学習者が高校講座に進学する際や,合格特訓コースに申し込んだ場合の受講者特典,はたまたスタディサプリにキャンペーンコードを使って初めて入会された方への特典として配布されたことがあります。

つまり,今初めてその存在について知った人がネットで必死に調べようとも見つかる類いのものではありませんので注意してください。

逆にこれからスタディサプリへの入会を考えている方であれば,是非以下のページで最新のキャンペーンコードについてチェックしていただくことをおすすめします(コメント欄にて,テキストキャンペーンの開催についてもお知らせしています)↓↓

スタディサプリの最新キャンペーンコード情報のまとめ

 

それでは,手続きの話に戻りましょう。

送付先は自動入力されているはずですが,変更などあれば,ここで記入しなおしてください。

支払い方法は,クレジットカード決済とコンビニ決済の2つから選べます。

保護者自身が申し込む場合でも,『保護者の同意』にチェックを入れないと次に進めないので,忘れずにチェックしましょう(とはいえ,不備がある場合は赤い警告が出ますので,混乱することはないと思います)↓↓

なお,クレジットカードとしては,VISA・MATER CARD・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubの5種類が使用可能です。

申し込みを完了すると,サポートWebで登録したメールアドレス宛てに受注メールが届くので確認しましょう。

 

 

テキストの到着時の様子

前回発注したときの例を基に,テキストがどのような感じで到着するのかみてみましょう。

発送までの日数ですが,スタディサプリのメールによれば「7~10日間」となっているにもかかわらず,金曜の朝に頼んだテキストが火曜には発送されたので,それよりも少し早い印象です。

冊数が少ないとポスト投函,多いと宅急便であることが多いように思います↓↓

 

段ボールを開けてみると,テキスト以外に商品リストや講座名称変更に関する注意書きなどが入っています↓↓

 

スタディサプリは2016年4月20日までは『受験サプリ』と呼ばれていました。

そのせいか,冊子デザインなどでこのように一貫性がないものもあります(左が受験サプリ時代のもの。右は新しいデザインのもの)。

ここは是非とも改善をお願いしたいですね。

 

 

スタディサプリのテキストを買う意味はあるか

それでは最後に,テキストを購入する意義について考えてみましょう。

上記画像は,高校講座の数学講義のテキストを無料ダウンロードできるPDFと比較したものです。

実際,表記内容において一切の違いはありませんが,購入すると以下のメリットがあるように感じています↓↓

  • 印刷する手間(時間や印刷代)が省ける
  • テキストを所有することで所有欲が満たされ,やる気につながる
  • 書き込んで1冊仕上げると達成感がある
  • どこまでやったのか確認しやすい
  • 解答が別冊になっているので復習しやすい

 

私も塾で長年教えてきましたが,後輩の新米講師たちに,

「コピーすればいいのに,どうして先生はわざわざ生徒にテキストを買わせるんですか」

とよく尋ねられたものです。

そんなときは,

「勉強のモチベーションが低い子を教えるときは,どんな薄い問題集であろうと1冊最初から最後までやり遂げた成功体験をさせてやることが大切で,バラバラになっているコピー用紙ではどうしてもその嬉しさが半減してしまうからだよ」

と答えるようにしています。

長期休暇(夏期や冬期講習時)では,普段勉強してこなかった学生も頑張ろうとするもの。

彼らなりに必死に毎日勉強して,長期休暇の最後に自分の書き込みでボロボロになったテキストを見ると,

「よく頑張ったな」

と自分を誇らしく思うはずです(その際,周りの大人もそれを大いに褒めてやってくださいね)。

理想的なのは休み明けのテストで点数が向上してそれがさらなる自信につながることで,「もっと良い点を取りたい」と強く願うようになり,さらに他の科目も頑張れるようになります。

この好循環に入った生徒の受験結果は,そのほとんどが明るいものになるでしょう。

そのきっかけが元をたどれば1冊の参考書だったわけですから,意外なものが火付け役になったりするものです。

もちろんスタディサプリを簡単な確認用に使う場合は不要だとは思いますが,是非テキストの購入も検討してみてください!

 

 

まとめ

BookBabe / Pixabay

以上,スタディサプリにおけるテキストの購入方法とその意義についてまとめてみました。

テキストの購入は該当ページまでのアクセスにさえ注意すれば比較的簡単で,クーポンは多くの方にとって縁のないものです。

1年に数回,長期休暇前に行われるテキストセールにつきましては,それを待つあまり生徒の勉強進度が滞ってしまうようでは大問題。

タイミングが合えばラッキーくらいに考えておきましょう。

そして,たった1冊のテキストが回り回って大きな結果につながることも忘れてはいけません。

ノートを別に作るのもありですが,テキストに直接書き込んでしまう方が要点を一つに集約化できて便利なので,私は購入することをおすすめしています。

とにかく沢山書いて,自分なりの感想を書き留めるようにし,思い出の残るテキストを作ってみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.