理科の成績アップに役立つ勉強法とノートの紹介

前回の社会の勉強法とノート術に引き続き,今回は理科の成績UPのための攻略法について考えていきましょう!

「攻略法」などと書くと何やら難しそうに見えるかもしれませんが,実のところ20年前と今で,塾における理科の指導内容に大きな変化はなく,勉強法とノートの取り方にだけ注意してもらえればすぐに点数が取れるようになります(英語と数学の方がずっと大変です)。

具体的な手順についてこれからまとめていきますが,是非とも気楽に読んでいただいて,何か1つでも役に立ちそうなヒントを得ていただけたら幸いです。

なお,大学入試の理科については,本記事の内容の他,計画の立て方に対する知識も学ぶようにしてください(プランブロック式戦略的学習計画法という参考書がおすすめです)。

理科について

理科のワークと参考書

文系科目の方が得意だったり,理科に苦手意識があったりする子は特に誤解しがちなのですが,例えば中学校で学ぶ理科は最も簡単な教科の1つだと言っても過言ではありません。

その最大の理由は「積み重ねがいらないから」であり,知識が全くない状態から始めて,次のテストでいきなり高得点という結果も十分に起こり得る教科だということです。

高校になると物理や化学を中心に数学的な要素が登場し始めるのでやや難度は増しますが,それでも他教科より取り組みやすいことは確かでしょう。

いずれにせよ,勉強が苦手な生徒,つまりこれまでの勉強人生において顕著に良い点数が取れた経験が少ない生徒ほど,理科を逆転のきっかけにできるように思います。

とはいえ,勉強のやり方において注意すべきポイントはいくつかありますし,学習効果を高めるためのノート術も知られているので,ただ闇雲に努力することだけは避けたいものです。

勉強が苦手な子が本当に努力したとき,もしもそれに見合うだけの結果が出なければ,もう2度と頑張ろうとは思わないのが人間でしょう。

逆に,上手くいった場合は,その成功体験が理科に限らず,多くの教科を頑張るモチベーションになったり,中学校や高校でのその後の人生に良い影響を与えることすらあるわけです。

主要3教科である英国数と比べると,どうしても配点などの面で重要視されない理科ではありますが,だからといって軽視することなく,やると決めたら大きな覚悟を持って全力で取り組むようにしてください。

そのときは,逆転を狙うために問題を解き直す回数を5回に増やしたり,全範囲もれなく取り組むことを心がけるべきですし,保護者の立場としては,子どもが頑張ったにも関わらず悪い点を取ってしまった際,決して叱らず良かった部分を見つけて褒めてやるなどのケアが必要です。

まずは次章で,勉強法をみていきましょう!

 

 

理科の勉強法

理科の実験をする生徒

勉強ができないと思っている生徒ほど,とにかく理科を頑張って自信を付けるようにしてください。

繰り返しますが,理科は英語や数学といった主要科目と異なり,勉強の積み重ねがそこまで必要になりません。

それゆえ,遅れを取り戻すために大きく前に戻って学習するなどの特殊な努力については考えず,シンプルで王道を行く勉強法を採用することが最適解となります。

具体的な手順としては「理解する→問題を解く→復習する」という流れに気を付けて頑張ってみましょう!

理解する

模試でも学校の定期テストでも,試験範囲がわかったら,まずは教科書や参考書を読んで内容を理解するようにしてください。

理科だと表や図が多く登場してくるものですが,このとき,いきなりノートを見たり,箇条書きになったワークのまとめを読んだりすると失敗します

社会の勉強法でも語ったように,テストでは文章で出題されるため,ある程度の長さがある文章を読んで勉強することが何よりも重要です。

とはいえ,勉強全般に苦手意識があったり未習範囲の内容を初めてやったりする場合など,教科書が難しいと感じるときもあることと思われます。

その場合は,教科書の内容をサポートする目的で書かれた参考書であったり,動画による講義形式のオンライン教育サービスを前に挟むようにしてください。

意外かもしれませんが,参考書は分厚くなればなるほどわかりやすく感じるものですし,活字に慣れていない生徒は動画形式で学べるスタディサプリのようなサービスが役立ちます↓

これらは本来,学校の授業が受け持つ領域ではありますが,様々な理由から先生の話を聞けなかった生徒であったり,時間が経ちすぎて何を学んだか覚えていない人もいるでしょうし,授業を真面目に受けていても別の先生が説明することで何か別の発見ができるかもしれません。

加えて,高校の理科だと科目間の性質の差がやや顕著になることもあり,勉強法を多少変える必要もあるわけです。

例えば,暗記物の生物であれば社会のときとほぼ同様の勉強法が採用できますが,物理のような数学的なもの(化学の理論部分などもそう)をやる際は,数学の勉強ノートの書き方の記事内容が参考になるかと思います。

ただし,この場合に限って数学知識の積み重ねは不要です。

その回ごとに新しい気持ちで学習できる場合がほとんどなので安心してください。

 

問題を解く

さて,教科書を読んだらその次にノートを読み,「はい,勉強終わり!」としてしまう生徒も少なくありません。

中学生で特に多いのは,ノートを読んで,書き込まれたワークを眺めて終わりにしてしまう誤った勉強法ですが,頭では理解している内容も,問題をいざ自分1人の力で解こうと思ったら案外できないものです。

わかった内容をできる状態に変えないことには,テストで点数が取れないことを知るべきでしょう。

加えて,テストでは時間制限もあります。

早く答案を作り上げることも意識するようにしましょう。

なお,本記事の最初に「理科は簡単だ」と言い切りましたが,1回目に問題集をやってみるとほぼ解けないと思います。

ここで「どうせ自分なんて」などとふてくされず,問題集の答えをすぐに見て,それを暗記してしまう勉強法を行うで構いません。

私も塾で教えるときによく行うのですが,問題を解くことに大きな抵抗を示す生徒相手に指導する際は,解答をいきなり読ませることから始めます。

勉強ができるできないにかかわらず,中高生の暗記力には凄まじいものがありますし,実は理科のテストでは問題集と同じような問題しか出ないので,若さを生かして問題と解き方のパターンをすべて暗記させてしまえば良いだけの話です。

もちろん,文脈を理解させて学ばせる方法もありなのですが,とりあえず丸暗記してから理論部分を補うこともできます。

入試まで時間がない人は,問題を解いては暗記する方法でやってみてください。

 

復習する

どんなにできない生徒であっても,問題集をテスト前に5回解き直してうまくいかなかった例はありません。

最低でも3回は解き直すように指導していますが,自分を誤魔化さずにやっていれば,得点率にして8割は固いでしょう。

ところで,以下のように書き込みをしてしまえば,ワークや問題集が1度しかできませんね↓

答えが書き込まれた理科のワーク

答えを眺めているだけではできるようにならないのは先述した通りですが,丸付けをしない生徒もいますし,答えの漢字を間違って書き写しているケースもあります。

最終的には書き込んで学校の先生に提出するにしても,最初にコピーを取るか,それまでに何回かはノートにやっておくことを忘れないようにしましょう。

なお,「自分の学校では難しい問題が出題されるからできない」と言う方は,そのレベルに見合った問題集を買ってください。

これまで理科の勉強をさぼっていた方であればワークと教科書をやるだけで大きな進歩ですが,これまでワークと教科書をやるだけではうまくいかなかったのであれば,解いてきた問題のレベルが試験のレベルに見合ったものではなかったと判断できます。

解き直す際,翌日であれば記憶がまだ新しく正解できてしまう場合もあると思うので,タイミングを1週間後,1ヶ月後などと空けるようにして同じ問題を解き直すことがポイントです。

詳しい回数ややり方については,令和時代におすすめしたい勉強法とノート術も参考にしてください。

加えて,問題を解くことで,教科書のどの部分がどういった形で質問されるのかもわかってきます。

問題を解いてから教科書を読むと,さらに内容がよくわかることもあるわけで,仕上げにまとめノートを作ってしまうのも有効です。

次章では,そうしたノートの作り方について解説していきましょう!

 

 

理科のノート術

あまり教師の悪口は言えませんが,塾に来る生徒で,不当な理科の成績評価をされてしまっている子は結構います。

特にノートやワーク提出が義務付けられた中学生の場合,筆跡の良し悪しだけで理不尽に内申点が下げられてしまっていることすらあるわけですが,今さら習字教室に通うわけにもいきません。

ここでは,そういった憂き目に遭わないための防衛策を2つ紹介します。

もちろん,これは学校に提出するしないに関わらず,純粋に理解の助けとなるものです。

色ペンで書き込みをする

良いノートにするためには,後でわかったことをどんどん書き込むことが肝心です。

学校でノートを取る際は余白を多く取るようにし,教師のセリフも書き残しておきましょう。

この意図ですが,その日の授業の様子を思い出す際に役立つだけでなく,教師側からすると,自分のセリフをわざわざ書き残してくれた生徒をぞんざいに扱うわけにはいかなくなるからです。

さらに,前章の復習段階において,ノートに書かれたキーワードをつなぐセリフを書き込むことで,文章で補完されたノートを作るようにしましょう。

パッと開いて,勉強を頑張っている感がにじみ出てくるようなノート作りを目指してください。

これらを行う際のポイントとして,板書した内容に,色ペンを使って書き込みを加えることをおすすめします。

例えば,このようなノートがあったとしましょう↓

何の変哲もない理科の授業ノート

別段,何の変哲もないノートですが,ここに以下のルールで書き込みを加えてみたいと思います↓

  • で補足的な説明を自分の言葉で加える
  • で疑問に思ったことや問いかけを書く

色に関しては特に決まりはなく,授業中に使っていない赤以外の色を選んでみました。

その結果,このようなノートができあがります↓

青と緑で書き込みを加えたノート

これだけでも,だいぶ受ける印象は変わったのではないでしょうか。

こういった板書以外の内容を,わざわざ目立つように色付きで提示したことにこそ意味があり,それによって,授業に対する積極性の部分での評価が高くなります。

「明らかにこれまでとはやる気が違うぞ!」というアピールを,下品でも構わないのでどんどん行っていきましょう!

 

区切りを入れる

そもそも,ノートなんてものは自分だけがその内容をわかれば良いわけで,部屋片付けにも似た要素があります。

人によっては汚く見える部屋であったとしても,本人がどこに何が置いてあるかわかる部屋の方が使い勝手が良いという事実は,誰もが知っているでしょう。

ですが,特に男子に多く見られる字が汚いノートは総じて低い評価を受けてしまうことが多く,そのことに見た目の印象の悪さが影響しているのは明らかです。

授業中に字をきれいに書くようにすれば時間がかかってしまい,先生の話が聞けません。

そこで,文字自体ではなくノートをきれいに見せる技を覚えましょう!

簡単に実践できるノート術としては「区切りを入れる」ことがおすすめです。

先ほどの書き込みをしたノートの一部を,ただ蛍光マーカーで囲ってみただけですが,見栄え的にはどうでしょうか↓

蛍光ペンで囲んだ理科ノート

だいぶ見やすくなったと思います。

囲むだけの作業であれば短時間で済むので,まずは大きな図表を囲むところから,是非実践してみてください。

 

図表を加える

最後にダメ押しで,図や表を貼り付けましょう!

資料集でも教科書内容でも,ネットで調べるでも構いません。

わかりやすいまとめページが見つかったら,それをコピーしてください↓

カラーコピーした理科の資料

今や家で簡単にカラーコピーができる時代になりました。

拡大や縮小も自由にできますし,ICTの時代では頻繁に利用すべき技術の1つです。

あとはそれをノートに切って貼りますが,後でどこのページだったかわからなくならないよう,引用先の情報を書いておきましょう

こういったまとめの作業は,授業がある程度進んだ時にまとめて行っても構いません。

最後に,忘れてはならない注意点として,ノートを作ることよりも問題を解くことに時間を使うようにしてください。

ノート作りにハマってしまうと,それだけで勉強した気持ちになってしまいますので(先ほど,字をきれいに書く代わりに,時短のために区切る方法を取ったことを思い出してください)。

 

 

まとめ

ノート術を施した理科ノート

以上,理科の成績アップにつながる勉強法とノート術について,簡単に実践できるものを紹介してみました。

今回の記事の要点についてまとめると,

  • 教科書理解から始める
  • 必ず問題を解く
  • ワークに書き込まない
  • 復習は3回以上行う
  • ノートは復習時に書き込む
  • 区切りを加えて見映えにこだわる
  • コピーを貼ってまとめる

となります。

もちろん上で示したのはあくまで一例にすぎませんので,本記事をきっかけに自分なりの工夫をしてみてください。

理科で実際に良い点が取れると自信がついて,他の科目でも良い点を取りたくなります。

そして,そういった欲が出てきた生徒というのは,概して受験で成功するものです。

たかが理科,たかがノートですが,それは人生すら大きく左右しかねないということを忘れないでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-勉強法

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!