中学生

スタディサプリで中学理科の偏差値を20上げるためのポイントを解説!

スタディサプリの中学講座を使って見事高校合格を勝ち取った学習者の喜びの声については,すでに以下の記事にまとめていますが,その中でも特に気になったのが,「理科の偏差値を20アップさせた」というものです↓↓

そこで今回は,その具体的な方法について考察するとともに,私が自分の生徒に指導する場合,どのようなアドバイスができるのかまとめてみることにしました。

塾に来る生徒の様子を見ていても,英語や数学のような主要科目については普段から塾に通っていて大丈夫でも,理科社会はどうしても対策が疎かになってしまいがちです。

今回の記事を読んで,是非,スタディサプリを普段の勉強に加えていただけたらと思います。

スタディサプリの中学理科の利用者の声

スタディサプリ中学講座の理科受講者の声

今回私が注目したのは上記のコメントで,スタディサプリの中学講座を使って理科の偏差値を20上げることに成功しています。

具体的な数値としては,もともと45だった偏差値が65になったということであり,しかもそれにかかった期間はわずか2ヶ月だということで,人によってはかなり希望を持たせてくれる知らせとなるでしょう。

なお,見事合格を果たした愛知高校というのは県内で上から20番目くらいに位置する私立高校で,都内で言うと日本大学鶴ケ丘や東京農業大学第一高等学校,大阪府だと帝塚山学院泉ヶ丘高等学校や同志社香里高等学校くらいのレベルに相当します。

このくらいの高校に受かる生徒なわけですから,もともとの実力も中々にあったのかもしれませんが,理科という科目の性質上,実際本番で解くことになる問題はそこまで難しくなりませんので,英国数といった主要科目に比べてずっと取り組みやすいというのは覚えておいてください。

それでは,上のコメントに基づき,同じ「2ヶ月」という短期間で中学理科の全範囲を学ぶ際のポイントについて,次章からまとめていきましょう。

とりあえず使ってみる方はこちらから↓↓

 

スタディサプリの中学理科の講座について

スタディサプリ中学理科講座

スタディサプリ中学講座にある理科講座は全部で7つです。

それら講座については上記画像に示したものがすべてですが,種類に注目すると,

  1. 通常用
  2. 定期テスト用
  3. 高校受験用

の3種類があります。

なお,中1,中2といった学年別になっているものの,学校の授業のフォローに使うのならともかく,高校受験勉強ともなると,理科や社会に限っては学年は重要ではありません。

というのも,すべての講座が別の単元を扱っているからであり,結局のところ全部視聴することになります。

1日2講義が現実的でしょうから,2ヶ月だと基本は1を完璧にするで通常講義と定期テスト用の講座の一部1つ1時間かかるとして,全194講義ですから,1日3時間やって大体2ヶ月で終わる計算です。

以下では上の3つの区切りでもって,より詳しくみていくことにしましょう。

通常講座

中学理科の講義動画例

メインとなる知識は,通常用の動画で学びますが,これは学校の授業のようなものですから,ちょっとさぼり気味であまり授業を真面目に受けてこなかった方や,習ってから満足に復習をしていなかったために内容をすでに忘れてしまったという人は,ここから始めてください。

愛知高校の先輩も元々の偏差値が45だったということで,ここから始めたものと考えられます。

もちろん,普段授業をちゃんと聞いていた方であっても,スタディサプリの講師陣は優秀ですので,再度受講しても違う発見があったり,授業後の理解度が全然違うかもしれません。

学習の流れについてですが,予習は不要。

授業を受けたらテキストを読み直し,画像左のような練習問題を全問正解できるまで,不明点は再度復習します↓↓

スタディサプリ中学理科の練習問題と確認問題の例

画像右の確認問題は全部で5問ありますが,これは最終チェック用で,テキストを見ずに全部解ければOK。

次の講義に進みましょう!

逆にこれで1問でも間違えてしまうようであれば復習が甘いので,勉強態度を根本から見直してくださいね。

定期テスト対策講座

スタディサプリ中学理科講座の定期テスト対策講座の講義例

2つ目の定期テスト対策講座については,その名の通り,学校の定期テスト対策に使える講座になりますが,復習用にももちろん使うことができます。

内容は通常講座の内容を試験で問われる問題形式にしたものですので,先の復習問題や確認問題よりもレベルが高いです。

通常講座を終えた直後にやるのは芸がないので,ある程度の時間が経過したら複数講座まとめて解き直すのがいいでしょう(後述)。

問題をまず解いて,間違えたものだけを動画で確認するような使い方もできるので,すでに理解できている範囲については,通常講座を観ずに定期テスト対策講座だけ使って復習するのもありです。

高校受験対策講座

スタディサプリ高校受験対策講座理科の講義動画

中学3年生向けの講座には「高校受験対策講座」があります。

講座数が47個あることからわかるように,各都道府県の公立高校受験の演習講座を視聴することができ,実際の過去問も数年分が利用可能です。

私立高校を受ける方は過去問を別に買ってやれば,本講座の必要もないかもしれませんが,入試問題レベルの解説を聴けること自体が貴重でタメになるので,私立高校のみを受験する方も是非やってみてください。

問題は難易度別にSTEP1から3に分かれていますが,基本は全部解く感じで考えておきましょう。

とはいえ,STEP3は難関校突破レベルの問題を扱っていますので,解説を聞いてもわからないこともあるかもしれません。

そのような問題は潔く諦めて捨て問とし,STEP2までの理解できた範囲のみを完璧にすることでOKとしましょう!

分野によってはSTEP3までわかるところがあるかもしれませんから,「全部STEP2までしかやらない」などの弱気な姿勢は私的におすすめしません。

以上が,スタディサプリ中学講座理科の講座紹介になります。

次章では,勉強のペースについて補足しましょう。

 

使い方のポイント

動画を観る順番について

中1の講座を引き合いに出すと,全30講義を,

  • 物理9講義→化学7講義→生物8講義→地学6講義

のようにやっていくことになります。

1つの科目を結構やってきたなぁと感じるタイミングで別の科目に切り替わるので,偏らずバランスが良いです。

このままの順番で学んでいけばよいと思います。

そして,1つの学年の問題をすべて終えたタイミングでそれまでの復習問題と確認問題を一気に見直してみてください。

1日1講義観てきたとして,ここまでで1ヶ月経っていますので,復習のタイミングとしてはよいでしょう。

その後,中2の通常講座,中3の通常講座も同じようにやっていきます。

観るペースについて

動画の長さは40~60分ですが,設定を変更して倍速で観ることもでき,1.25倍で観たとすると32分~48分と10分近く短縮されます(1.5倍速以上は早すぎて実用的ではありません)。

それでも,復習の時間や問題を解く時間を考えると,1講義1時間はかかる計算です。

復習や問題を解く時間を考えると,1日に2講義,学校がない祝日だと3講義が現実的な数字でしょう。

講義数を観てみると,

  • 通常:82講義
  • 定期テスト:79講義
  • 高校受験:33講義

となっていますので,2ヶ月で通常講座は全部完璧にでき,頑張れば定期テスト講座もかなりの程度終えられることになります。

とはいえ,速度にこだわるあまり,早く観終えることだけを目標としてしまっては元も子もありません

ちゃんと確認問題を全問正解できたかどうかを試金石とし,焦らず,自分にあった学習ペースで1つ1つこなすことが重要です。

理想的な学習計画

以上の内容をまとめる形にはなりますが,私の考える理想の学習計画としては,

  • 中1理科を毎日2講義15日で終える
  • その次の数日でそれまでにやった復習・確認問題をやり直す
  • 中2理科を13日で終え,中1のときと同じように復習する
  • 中3理科も同様に行う
  • 定期テスト対策講座を1日2講義ずつやる(約40日)
  • 間違えた問題にチェックを付けておき,そこだけやり直す(約10日)
  • 過去問または高校受験対策講座で最終チェック(約40日)

上から4つまでやるのに2ヶ月(ここまでで偏差値は20アップしますので,絶対やってください)。

すべてやるには4ヶ月計画でいきましょう!

自分が受ける高校の過去問を最後にやることはお忘れなく。

 

まとめ

以上,スタディサプリ中学講座の理科の概要と使い方についてでした。

通常講座を2ヶ月でこなすだけでも偏差値が65まで達するわけですから,どこかでまとめて時間を割いてやってみてください。

夏休みや冬休みなどに時間を一気に取れば,もっと短期間で大幅な偏差値アップが望めるでしょうが,最後に言ったように,自分の理解のスピードに合わせて,決して高望みをすることのないよう,腰を据えてやっていただけたらと思います。

また,受験は理科だけで決まるわけではありません。

弱点分野が他の教科にあるようでしたら,まずはそちらからやるようにしてくださいね。

模試の成績は,中3ともなるといよいよ範囲が広くなり,やっていない範囲があると致命的です。

内申点が大きいので,中学での普段のパフォーマンスが重要なのは言うまでもありませんが,部活をやっていてやる気になったのが中3の夏というケースもあることでしょう。

その場合,過去の失われた時間を嘆いても仕方ありません。

それまでの部活動で培った根性を学習に向けて,周りの受験生よりもこれから頑張るように心がけるのが正解です。

スタディサプリで是非,大逆転を狙ってください↓↓

無料体験はこちら

 

キャンペーン情報や他教科の使い方については,以下の記事をどうぞ↓↓

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-中学生

© 2020 スタディサイト