社会の勉強法!ノート術も紹介

社会を勉強する際,教科書や問題集を使うことはわかっていても,一体どのような順番で学んでいけばよいのでしょうか。

また,定期テストのときだけ使うのではなく,受験にも役立つノートを普段から作っておくことができれば,いざ最高学年となって社会を集中的に学び直すときにも役立ちます。

もしもあなたが塾に通っていたとしても,やるべき課題が別に与えられるだけで,普段の勉強法については教えてくれないところもありますから,社会の勉強法とノート術をここでしっかり学んでおきましょう!

社会の勉強法

中学社会の地理と歴史と公民の問題集

社会で扱う範囲は「地理・歴史・公民」の3つがあるので,数が多くて大変だと嘆く生徒も多いのですが,勉強法は共通のものが1つしかありません。

基本的な流れとしては,「読む→解く→確認する」といった順番で行います↓

  1. 教科書を読む
  2. 問題を解く
  3. ノートを確認する

以下で,1つ1つみていきましょう!

教科書を読む

まずは教科書を読んで内容を理解します。

教科書というのは誰が読んでもわかるように書かれてはいるのですが,学校で一度授業を受けたのであればまだしも,予習段階だとやりづらいと感じることがあるかもしれません。

その場合,学習マンガを読むでもスタディサプリのようなオンライン教育サービスで該当箇所を動画で観ておくでも構わないので,全体像を軽く把握してから教科書に移るようにすると良いでしょう↓

ところで,テスト期間になって勉強を早く済ませたいからと,薄い授業ノートをいきなり見直すことから始めることのないようにしてください。

大前提として,定期テストの問題は文章の形で問われることが多いのですが,ノートに書かれているのはあくまでキーワードの羅列にすぎず,そこにストーリーは存在しません。

話がないとイメージもできないので,記憶にも残りづらくなります。

ゆえに,定期テスト前であっても,まずは教科書を読んで,内容を理解することから始めることが大切なのです↓

地理のテキスト

とはいえ,隅々まで読んで覚えるようだと,時間がかかってしまいますし,効率的にも良くありません。

日本史や世界史では,全体の流れを追うことを心がけ,細かいところは後回しにしますし,地理や政治経済のような科目であっても,太字になっている用語を中心に覚える程度に留めましょう。

なお,たかが1回通しで読んだくらいではまだまだ理解が不十分のはずで,どの部分が大切かまではわからないものです。

ゆえに,この段階でチェックペンで線を引いたりはしません

 

問題を解く

教科書を一通り読んだら,ワークや問題集を使って実際に問題を解いていきます。

この作業を通して「試験ではどういったふうに出題されるのか」であったり,「覚えるべきキーワードが何なのか」を初めて知ることができるわけです。

教科書を読んでわかったつもりでいた内容であっても,文章の中で問われるとなかなか難しいということがわかってくるかと思います。

ワークや問題集に初めて挑戦するときは,ほとんどの問題が不正解になるのが普通だと言っても過言ではありません。

全然できないからと,意気消沈しないように心がけましょう。

なお,塾でよく指摘することとして,ワークや問題集にいきなり答えを書き込まないように注意してください。

以下のように書き込んでしまえば,たった一度しか問題を解くことができなくなってしまいます↓

書き込みのある地理のワーク

上のワークによく目を凝らしてみると,問題ごとにわざわざチェックボックスまで設けられていることに気が付くのですが,この生徒はそれを全く活用できていません。

ワークや問題集はノートに繰り返し解き直すようにし,間違えた問題は時間を空けて2回,3回とやり直し,正解できたときにはチェックボックスを塗るようにしてください。

そうすれば,上のワークであっても3回は繰り返すことができます。

もちろん,「ワークに書き込んで学校に提出しないといけない」という声が上がることも存じておりますが,その場合,ワークを事前にコピーしておくのはいかがでしょう。

このような勉強法では,私の塾では常識となっていますが,他のところでは,ワークの正しい使い方すら指導できていないのが現状なのです。

 

ノートで確認する

最後にノートの見直しを行いますが,これは総確認の作業でありながらも,教科書やワークを使っていた際に意識できていなかった重要事項を洗い出すための作業にもなります。

勉強を始める前であれば,単にキーワードの羅列でしかなかったノートであっても,ストーリーが頭の中に入った後で読むと,単語の行間が読めるようになっていて,実力が付いたことを実感できるはずです。

その他,ワークに出てきたキーワードに特別な注意が払えるようになっているでしょうし,学校の先生が特別に板書した重要用語の存在にも気がつけるかもしれません↓

地理の教科書ノート

こういった用語は教科書の端の部分に小さく書かれていたり,別の教科書にしか載っていない知識だったりもするので,テストで高得点を狙う方はこれらもしっかり覚えておきましょう!

以上が社会の基本となる勉強法でしたが,ここまでの内容を実践するだけでも,定期テストの点がだいぶ変わってくるように思います。

ですが,内容がかなり理解できた状態から,さらに数冊のノートを新たに作っておくことができれば,ここまでの頑張りを入試対策に役立てることが可能です。

次章では,入試にも使える社会のノート術について紹介しましょう!

 

 

社会のノート術

チェックペンを使う

ZEBRA社が発売しているチェックペンですが,今では誰もが使うツールになりました。

とはいえ,上手に使わないとむしろ害悪になる可能性を秘めています。

例えば以下は,新しい内容を習いたての段階でマーカーを引いてしまった場合に往々にして起こる失敗例で,書いた本人が「チェックペンをうまく引けなくて困惑しました」と正直に告白してくれました↓

チェックペンを多用しすぎた例

ほぼすべての単語にチェックがされていますし,頼りにできる説明部分も少ないため,シートを使って解く際に何のヒントも期待できません。

多くの人は,このようなノートを前にすると到底勉強する気にはなれないでしょう。

もしも丸暗記せざるを得ない状況に陥っているのであれば,上のようなノートを作るのではなく,一定時間かけて内容をすべて覚えた後で,白い紙に同じ内容を書き出してみる方がまだ良いように思います。

先述したように,教科書の文章の中で真に大切な箇所がわかるようになるのは,勉強の最後の段階に至ったときです。

そこまではワークやノートを使って勉強し,ただ教科書をチェックペンで汚してしまうだけにならないよう注意しましょう。

1年生の場合,教科書は3年間ずっと使うことになるわけですから,勉強自体に慣れていないという方は,教科書の試験範囲をコピーしたものにチェックペンを引くことをおすすめします。

必要分だけまとめてホチキスで綴じれば,持ち運ぶ際にも便利です。

なお,チェックペンやシートには緑と赤の2色がある(最近は青とピンクの2色が主流だったりします)ので,これを利用して,

  • 覚える用語は
  • 説明の部分は

といった具合に,色を分ける工夫もできるでしょう↓

2色のチェックペンを塗った教科書

「ある事柄について説明せよ」といった問題に苦手意識のある中高生というのは,文章に慣れていないからこそ,それができない場合が多いです。

社会の教科書は,各種用語が文脈を伴うストーリーの中で出てくることになるわけですから,上で赤のチェックペンを引いた説明部分を中心に覚えるようにしてください。

文章を書き写すと物凄い時間がかかってしまいますが,チェックペンを引いて暗記シートを使って声に出してチェックしていくだけであればほんの短時間でできます。

 

まとめノートを作る

学校で一度勉強したわけですから,いざ受験直前期になったとき,その範囲のノートを再利用できたら効率的ですよね!

とはいえ,学校で作ったノートは,分野が特定部分に偏っていて数ページに分かれてしまっていて,パット見て多くの知識を思い返す用途には適していません。

そこで,入試に役立つ「まとめノート」と呼ばれるものを作ってみましょう。

1つ目に紹介するのは白地図を貼り付けたノートで,これは特に地理の勉強で役立つものですが,自分で適度に簡略化して書いた地図を用いる方が逆に覚えやすいこともあります。

ここには,農作物や工業地域など,1つのテーマを決めて整理するところがポイントです↓

日本の白地図に書き込んだまとめノート

赤シートで消せるオレンジペンを使う場合,鉛筆でカッコを付けておくことを忘れずに。

そうすればシートを載せたときに空所のように見えるため,問題集代わりになります。

広範囲の内容を1つにまとめ上げるほどに,幅広い知識が繋がって深い理解(入試での高得点)に繋がりやすくなりますが,まとめノートを別のノートに貼っておくか,どこかにファイルして貯めておくことで,数年後であっても使うことができるのです。

歴史の場合は年表をまとめたノートを作るのが良い方法でしょう↓

文明の成り立ちについて年表と白地図にまとめたノート

日本史や世界史ですと,全体を俯瞰して学び終えてから細かいところを覚えていく順番になるため,年表の形で重要事件を中心に覚えていく作業は特に理解を助けてくれます。

なお,まとめノートを作る際のポイントは余白を取っておくことで,2年生のとき作ったノートを3年生で再度使用する際には,さらに難しい問題集を終えてから重要な事柄を書き加えて使うことも可能になるわけです。

また,3つ目の方法として,マインドマップ(メモリーツリー)を使ってまとめノートを作ってみるのも良いでしょう。

これは,生徒が一人で実践するにはやや難しい方法かもしれませんが,最近では小学生の教材の中でも教えられるくらい,その価値が見直されてきています↓

大人向けのビジネス書でも紹介されることが多いので,普段アイディアを整理するのに使っている保護者がいてもおかしくありません。

マインドマップを使ったまとめノートのやり方ですが,真ん中にメインテーマを書き,そこからいくつかの小テーマに枝を分岐させ,末端にいくほど具体的にしていく図解法となりますが,多くの情報を1ページにまとめられるのが魅力です↓

マインドマップでまとめた歴史

例えば公民で,国会や内閣の仕事を全部マインドマップにしてしまっても10ページにもならないでしょうし,上の画像で示したように,歴史においても同様に書くことができます。

詳しくは以下の記事で学んでみてください↓

 

 

まとめ

図書館で本を探す生徒

以上,社会の勉強法とノート術の紹介でした。

勉強法では「教科書を読む→問題集を解く→ノートで確認する」という手順が大切で,ワークは提出する前にコピーを取っておくなどの工夫が必要になります。

また,チェックペンを使ったノート作りでは,色の使い分けにも配慮し,教科書をコピーして使ったりむやみにチェックをしすぎないことであったりと,注意すべき点が複数ありました。

別のノート術では,工業地帯を白地図にしたり,年表にまとめて全体を見通したり,広い範囲の知識を1枚にしたマインドマップなどの「まとめノート」を作っておくことで,受験生になったときに過去の頑張りが生きることを覚えておきましょう。

もちろん,勉強法やノート術に正解はありませんし,他人に覚えやすいからといって,それが自分に当てはまるかどうかはわかりません。

その他,高校生であれば,どの時期までにどの範囲を進めておくのかといった学習計画も重要です。

全科目に通じる勉強法や理系の学習計画の立て方について役立つ知識をまとめたプランブロックの記事も参考に,各自工夫して自分なりの勉強法や計画法を見つけてみてください↓

ここまでお読みいただいた方,ありがとうございました。

-勉強法

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!