勉強法

定期テストに役立つ中学社会の勉強法とノート術!

中学生が定期テストで社会を勉強するときに使うものとしては,ノート・教科書・ワークブックなどがありますが,いったいどのような順番で学べば良いのでしょう。

また,テストだけでなく受験にも役立つノートを普段から作っておくと,中3の夏以降になって大変役立ちます。

せっかく塾に通っても,そういった日常学習のやり方については教えてくれないこともありますから,是非ここで学んでおきましょう!

 

 

社会の勉強法!基本は『読み・解き・確認』!

社会という科目が扱う範囲は,『地理・歴史・公民』という3つもあるので,

「大変だー,覚えきれないよー」

と文句を言う中学生も多いのですが,安心してください。

勉強法は共通して1つです。

まずは,基本的な流れから↓↓

  1. 教科書を読む
  2. ワークまたは問題集を解く
  3. ノートで確認

この,読み→解き→確認という順序が大切です。

例えば,ノートをいきなり確認することからテスト勉強を始めようとしないで下さい。

ノートにあるのはあくまでキーワードの羅列であって,そこにストーリーは存在しません。

文章があって,初めて事柄(単語)同士が関連しあうのです。

よって,まずは教科書を読んで理解することから始めましょう!

次に,実際に問題を解いてみます。

この作業で,「試験ではどういう質問のされ方がされるのか」,「覚えるべき重要単語は何なのか」が初めてわかります。

なお,1度目にやるときはほとんどの問題で不正解になるのが普通です。

変に気負いしたり傷つくことのないよう心がけましょう。

そしてここでのポイントとして,

ワークや参考書に書き込まないこと

に注意してください。

生徒の方にも「学校にワークを提出しないといけない」とか,色々な言い分があるのはわかりますが,その場合は「ワークをコピーして」書き込むようにしてみてはいかがでしょう。

さて,ワークも3回以上やれば試験でだいぶ得点できるようになるはずです。

ですが,折角ここまできたのですから,最後にノートの見直しという作業を挟みましょう!

最初は単語の羅列でしかなかったノートですが,ストーリーが頭の中に入った後で読むと,単語の行間が読めるようになっていることで,「実力がついたなぁ」と感じることと思います。

このとき,学校の先生が特別に板書した重要用語があることに気づくかもしれません。

こういった用語は教科書に載っていない(または気づきにくい)ものだったりしますので,しっかりと覚えておきましょう!

 

以上が,中学生が社会科目を勉強するときの基本態度です。

これだけ知っておくだけで,テストで8割以上取れる生徒も出てきますが,最後に私が塾で指導しているノート術についてもいくつか触れてみることにしましょう。

 

 

チェックペンを使った暗記法

㈱ゼブラが発売したチェックペンは,今や誰しもが使うツールになりました。

とはいえ,うまく使わないとむしろ害悪になる可能性も秘めており,以下はその例です↓↓

本人自身が,「チェックペンをうまく引けなくて困惑しました」と告白してくれましたが,これは習いたての段階でマーカーを引いてしまった場合に往々にして起こる失敗例です。

『本当に大事なものが何かわかるにはある程度の理解(時間)が必要』ですので,教科書やノートをただ汚すだけになってしまわぬよう注意しましょう。

また,チェックペンやシートには緑と赤の2色があります。

これを利用して,例えば,

  • 覚える用語・・・
  • 説明の部分・・・

のように色を分ける工夫もできます。

ちなみに地理の授業をするときによく言いますが,『生産量のグラフ』のように,テストでとにかく狙われる範囲においては,項目までしっかりと塗りつぶしましょう!

 

 

まとめノートのすすめ

学校で一度勉強したわけですから,いざ受験直前期になったときに,その範囲のノートが使えたら効率的ですよね!

ここでは試験対策に役立つノートの作り方をいくつか紹介します。

1つ目は年表のまとめです。

ペンの色を工夫すれば,赤下敷きで消せたりできるので便利。

なお,ここでのポイントは余白を取っておくことで,中学3年生になって,再度ノートを使う際に重要なことをどんどん書き込んで使います。

2つ目は白地図的なノートです。

これは特に地理で役立ちますが,農作物や工業地域など一つのテーマを決めて整理していきます。

自分で描くのが面倒くさかったらコピーしてください。

最後にこれは,やや一人で実践するのは難しいですが,マインドマップ(メモリーツリーとも呼ばれる)形式で,覚えるべき用語をまとめておく方法です。

真ん中にメインテーマを書いて,そこからいくつかの小テーマに枝を分岐させ,末端にいくほど具体的にしていく図解法(上記画像参照)ですが,多くの情報を1ページにまとめられます。

例えば公民で,国会や内閣の仕事をまとめても10ページにもなりません。

実際のノートの様子については次章で具体的な例と共に確認して下さいね!

 

 

スタディサプリの中学講座を使った例

それでは最後に『スタディサプリの歴史講座』を題材にして,今回の学習法やノート術について実践してみますので参考にしてください!

今回の記事で最初に言及した勉強の流れは覚えましたか?

読み・解き・確認』でしたね。

まず文章を読むべき理由は,重要単語間をつなぐストーリーの流れを把握するためです。

スタディサプリの通常講座では,教科書範囲を39回の講義(各1時間ほど)を視聴できます。

しっかりと歴史の流れについて解説してくれるので,教科書を読むよりも楽に内容が入ってくるはずです↓↓

 

テキストは教科書より文章が少ないので,そこは書き込みで埋めるようにして下さい。

試験範囲の部分だけコピーしてホチキスでとめて持ち歩くのもいいですね!

各章の終わりには簡単な確認問題があるのでやってみましょう↓↓

とはいえ,これだけでは定期試験対策としてはまだ不十分ですね。

実際に『解く』ために,「定期テスト対策講座の講義」が別にあるので使ってみましょう。

こちらでは学校で配られるワーク同様,十分な問題演習ができるほか,

 

なんと,解説動画まで用意されています(30分弱)↓↓

1回目は間違えだらけだと思うの,動画でしっかり解説してもらい,時間をあけて2度3度と解きなおしましょう。

テキストがダウンロードできるので,書き込みしてしまう心配もありません。

『確認』の作業については,最初の講座のテキストにあった『まとめ』を利用してもいいですし,先ほどのノート術でやったように,年表まとめや白地図ノートを作ってみても良いでしょう。

試しにちょっとやってみるとこんな感じになります↓↓

スタディサプリの中学講座には今回紹介した通常講座と定期テストの他に,公立高校受験対策ができる講座まであります。

今回紹介した以外にも,自分なりの使い方を見つけてみてください!

 

スタディサプリは月額980円で,中学校の社会だけでなく他教科も豊富な講座が揃っていて使い放題ですので,色々使い倒してみてほしいと思います。

教育改革の時代に相応しい新しい勉強体験ができるかと思いますので,是非無料体験してみてください!

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-勉強法

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.