英会話

スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」の評判は?

今回は,App Storeの「教育カテゴリランキング」において何度もトップセールスを記録している,人気のスタディサプリENGLISHから日常英会話コースの評判についてまとめていきましょう!

実際このアプリを使用したユーザーは,どんなところが魅力的だと感じているのでしょうか。

本記事では日常英会話コースのおすすめコンテンツについても紹介しているのでお楽しみに!

また一方で,使っていて不満に感じるところについてもいくつかのコメントが寄せられています。

こちらに関しては,本記事の最後にまとめている「無料体験期間内にこれだけは確かめておきたいチェックポイント」の方,うまく活用していただけたら幸いです。

注意

今回取り上げる「日常英会話コース」は「新日常英会話コース・TOEIC対策コース・ビジネス英語コース」の3つの有料コースの無料特典となっており,単体での利用はできないのでご注意ください。

各コースの評判については以下の別記事にてまとめています↓↓

新日常英会話コースの評判はこちら

TOEIC対策コースの評判はこちら

ビジネス英語コースの評判はこちら

日常英会話コースの高評価なところ

英会話コースの高評価について

日常英会話コースで高評価を得ているのは,主に「学習教材の質の高さ」と「使い勝手」に関する2点です。

それぞれについて以下で確認していきましょう!

質の高い学習コンテンツ

スタディサプリENGLISHは今までにない英会話アプリだと思います!

このような意見を寄せた方が高評価をつけた理由は,本コースがオールインワンの性質を備えているからでしょう。

アプリで学ぶだけで,リスニングとスピーキング両方の能力をバランスよく伸ばせるのは日常英会話コースの大きな魅力です。

しかしそれが「今までにない」ほど評判になるからには,何か他の教材には見られない秀でた特徴があるに違いありません。

ここではメインコンテンツである「デイリーレッスン」について,簡単にみていくことにします。

デイリーレッスンは,どこかでその名前を耳にしたであろう以下のトレーニングから成っていますが,

  • ディクテーション
  • なりきりスピーキング
  • クイックレスポンス

実際にどのようにやっていくのかという方法において,日常英会話コースでしか体験できない独特の味付けがしてあります。

ディクテーション

「ディクテーション」というのは,英語力の向上に非常に役立つ学習法の一つです。

このトレーニングを行うだけで,リスニングで正しく音が聴きとれているかの確認はもちろん,正しい文法理解ができているか,単語のスペルは正確に書けるかといった幅広い能力を同時に鍛えることができてしまいます

上の記事に書いた通り,普通にディクテーションをやろうと思ったら,鉛筆と紙の他,CDを再生するプレイヤーが別途必要です。

が,日常英会話コースでは,文字を書く代わりにスマホやキーボードを使って入力できますし,画面をクリックすれば何度も音声が聴き直せるところに1つ特徴があります↓↓

ディクテーション機能の特長

これにより,「時間と準備に手間がかかる」というディクテーションの弱点部分をなくすことに成功しているわけで,そこが

ちょっとした時間を使って気軽に行える!

と評判です。

このトレーニングをデイリーレッスン最大の魅力と捉えている方が多いのは,そういう理由からだと思います。

なお,最初で紹介したスタディサプリENGLISHのあらゆる有料コースでディクテーションが採用されているあたり,「このトレーニングこそがスタディサプリENGLISHの根幹を支えている」と言ってもよいのではないでしょうか。

なりきりスピーキング

デイリーレッスンで面白いトレーニングといえば,「なりきりスピーキング」を忘れてはいけません。

これはレッスンの物語に出てくる人物になりきってスピーキングするトレーニングですが,「機械相手にスピーキングの練習をする」といってもほとんどの方は想像できないと思います。

やり方ですが,まず自分の発音を録音し,アプリが自動でその出来を判定し評価してくれるという代物です↓↓

なりきりスピーキングの特長

PCだとマイクを取り付けて話す必要がありますが,スマホで勉強する場合は,ただ単に通話部分に向かって話すだけで録音され,続けて自分の解答と模範解答を比較できてしまうので大変便利です!

「ICT」と「AI」という2つの科学技術がこれを可能にしました。

上記画像では全体的な評価がGreatと判定されていますが,

部分的な間違いも指摘してくれるところが凄い!

と評判です。

例えば,以下の画面で赤文字で強調されたWe'llの発音は,AIによって要注意と判定されたことを示しています↓↓

なりきりスピーキングの発音チェック機能

それになんといいますか,自分が英語をしゃべっているのを聴くだけで,なんだか楽しく新鮮な感覚です。

試しにわざとふざけてカタカナっぽく発音してみましたが,すぐさま判定がGreatからGoodに落ちてしまいました。

この英会話コース,初期の頃からずっとやっていますが,もうリリースから数年が経ったんですね。

まだまだ流暢な発音には対応できていませんが,warningを「ワーニング」などと発音するとしっかりチェックにかかります(正解はウォーニング)。

クイックレスポンス

逆に,リリース当初は存在しなかった「クイックレスポンス」というトレーニングが追加され,スピーキング練習がますます捗るようになりました。

表示された日本語を英語にしていくのですが,こちらも録音されるので,できない証拠がばっちり残されてしまいます↓↓

クイックレスポンス機能の特長

言いたいことがすぐ口をついて出てくるためには,頭に浮かんだ日本語を反射的に英語に変えられるようになる必要があるわけですが,クイックレスポンスはまさに実践的で役立つトレーニング。

すぐに高評価の仲間入りをしましたね。

スタディサプリENGLISHのデイリーレッスンには,上記3つのトレーニングメニューからなるレッスンが全部で1680個もあるわけで,これを全部こなそうと思ったら,それこそ1000時間以上かかります。

デイリーレッスンの詳細に加え,今回紹介しなかった残り2つの学習コンテンツ(オートリスニング・リスニングPLUS)については,以下のレビュー記事を参照してください↓↓

さらに本コースには学習時間を計測し表示してくれる機能や,「スタディプラス」という勉強時間計測アプリとも連携が取れるため,高校生でスマホにアプリを入れている人にとっては朗報でしょう。

まずは一度現在の自分の実力を知るべく,レベルチェックを受けてみてください!

あなたにぴったりの講座が見つかるはずですよ↓↓

始めやすさと続けやすさ

お次は打って変わって,スタディサプリENGLISHの「始めやすさと続けやすさ」についてみていくことにしますが,ここでの高評価のカギとなるのは,

安さ・気楽さ・面白さ

の3つのようです。

安くて気楽に利用できる!

最初の2つ,「安さと気楽さ」について知るために,他の英会話関連のサービスと比べてみましょう!

下の表は,左から日常英会話コース,通学型スクール,そしてオンライン英会話の費用と手間についてまとめたものです↓↓

  • 日常英会話コース:初期費用0円・月額1980円~・予約不要
  • 通学型のスクール:初期費用3万円・月額4万円~・予約必須
  • 1対1のオンライン英会話:初期費用0円・月額5千円~・予約必要

これを見ると,本コースでは,テキスト代や通学費用がかからないので初期費用が大きく抑えられていることがわかります(月額1980円は最安の「新日常英会話コース」のもので計算しています)。

英会話は長く続けて初めて結果が出るもの。

ならば月額は安いに越したことはありませんね。

英会話スクールの闇については,

友達感覚でなんとなく長く続けてもらうのが儲けるコツだ

と某スクール経営者が漏らしていましたが,やはり月額はギリギリまで高めに設定されていることが多いです。

それに加えて,スクールに通うとなると短期間でパッとやめるわけにもいきません(なんだか先生に申し訳なくて)。

この点については,心を鬼にしてスタディサプリENGLISHに全面移行してしまうことで

浮いたお金を別の違うこと(海外旅行・洋画購入など)に回せるようになった

という評価も一定数あり,なるほどと思いました。

オンライン英会話については,予約を取ったり,前もってまとまった時間を空けておかないといけない点が継続を妨げる主な要因で,もしちょっとでもやる気がなくなってしまうと,面倒くさくてフェードアウトしてしまうのが定番パターンになっています。

24時間いつでも好きなだけ勉強ができるのはスタディサプリENGLISHの強みです。

本コースで意外と高評価だったものに,

リアルで人と向き合わなくて済む分,それに伴うわずらわしさがない

という口コミがありました。

この点においては,英語がコミュニケーションの道具であることを考えると,マイナス的な側面も持ち合わせているかもしれません。

ですが,日常英会話コースが対象とする受講者レベルは最低英検5級レベルからです(いわゆる中学初級レベル)。

英会話を学ぼうと決意した方の中には,英語がまったく話せない人もいるでしょうし,「なんとしても相手と会話し続けないといけない」と気を遣いすぎたあまり,話せない自分がストレスになって学習を止めてしまった人もいらっしゃるかもしれません。

ある程度自信を持って話せるようになれば,自ずと英語で話しかけたくなることでしょう。

英語が口をついて出てくるまでは,日常英会話コースでひたすらインプットに専念するのもありではないかと思うわけです。

スタディサプリENGLISHの有料コースの料金やキャンペーン情報について,以下の記事にて扱っています↓↓

楽しく学べる!

シナリオライターによるスキッド

もちろん「楽しいからこそ続けられる!」ということで,英会話コースのストーリーにも気合が入っています。

「ドラマ仕立てなので飽きない」という評判も多く見受けられましたが,それもそのはず。

本コースを担当したのは有名ゲームのシナリオライターです。

対象学年に合わせたシーンが設定されているので,学校からオフィスまで,幅広い場面で練習できます。

話の内容がわかりやすいからか,高評価の中には小学校6年生の女の子の意見もあったので驚きました。

ちなみに,その子のコメントは

お手本の発音が上手でよかったです

とのことです(笑)

本コースの各レベルを担当する講師陣についても,英語界でもそうそうたる顔ぶれが揃っています。

同じ教科書を使って授業をしても,それが楽しいものになるかどうかは教える側の力量が物を言うことを,みなさんよくご存知でしょう。

魅力的な各講師について,是非以下の記事で確認してみてくださいね↓↓

ここまでの良い評判をまとめると,日常英会話コースは,

  • 他に類をみない学習コンテンツ
  • 安さと楽しさによる継続のしやすさ

の2点で特に高い評価を受けていることがわかりました。

一方で,良くない評判にはどのようなものがあるでしょうか。

次章でみていくことにしましょう。

 

日常英会話コースに寄せられた低評価とは

英会話コースの低評価について

日常英会話コースの評判ですが,もちろんすべてが良いものばかりではありません。

低評価も寄せられていますので,そういった声も無視せずしっかり拾っていきましょう。

こちらに関しては,「ハード面での問題」と「内容に関する不満」があるようです。

物理的な問題点

  • 動画にエラーが出る
  • 突然アプリが起動する
  • 頻繁にカクついたり,動作が重い
  • 過去の記録が消えてしまった
  • 音量バランスが悪い
  • Bluetoothのキーボードに対応していない
  • 突然メンテナンスがあった

このような問題点が,低評価の中に見受けられました。

もしこういった問題が頻繁に起こってしまうようだと,学習者の意欲を確実に削いでくるので注意が必要です。

挙動に関しては実際に使ってみて,そういった問題が自分の環境でも同じように起こるかどうか個別に調べてみるしかありません。

管理人の感想

エラーについては本コースに限らず,スタディサプリENGLISH全体に言えることでしょう。特に利用者が急増するとサーバーが落ちやすくなるようです。また,気楽さを求める方はスマホでの学習をおすすめします。スマホではPCによるキーボードでやるよりも,入力すべきアルファベットをいくつかの候補から探し出すだけの作業になるため,より簡単に済ませられました。また「キャラクターのセリフ音量が小さかったり大きかったりで揃っていない」という意見については,私は言うほど気にならなかったです。

スタディサプリENGLISHのどのコースも無料体験期間が設けられていますので,その間にできるだけたくさん使ってチェックしてみましょう。

ここで是非とも触れておきたいのは,スタディサプリENGLISHは更新可能なコンテンツだということです。

これはつまり,完成形ではなく日々改善し続けていくものであることを意味します。

定期的にメンテナンスが入ってしまうというマイナス面はありますが,ユーザーの不満点はアンケートや報告フォームで集められ,次回以降のアップデートで反映されるわけです。

複数回のアップデートの結果,今では突然アプリが起動したりカクつくなどといった口コミはほとんど見なくなりました。

BGMとSEの音量も個別に調節できるようになりましたし,過去の記録も個別対応で復活したそうです。

有料アプリは運営のサポートが手厚いのがいいですよね。

メンテナンス時間も夜間に行われるなどの配慮はあります。

内容的な問題点

今度は内容面における低評価になりますが,それには以下のような意見がありました↓↓

  • アメリカ英語が多い
  • 音声の後ろに流れる生活音が気になる
  • ストーリーが棒読み
  • 課金を促すお知らせが毎回出て鬱陶しい

これらの評判も個人的な好みによるものが多く,例えば2020年の教育改革の影響をもろに受けてしまう中高生であれば,「アメリカ英語以外にイギリス英語やオーストラリア英語にも対応してほしい」と思うのも無理ありません。

しかし元となる英語耳が育っていれば,少し対策するだけで修正対応できるはずです。

ですが,逆に言えば,発音チェックなどの精度も含めてより完璧に近づいてほしいのは,熱心な学習者の本音でもあります。

2つ目の「音声に生活音が混じる」というのは,人によってはむしろ逆の高評価につながることもあり,「生活音のないスタジオ録音を聴くだけでは真のリスニング力は育たない」ということは昔から言われてきたことです(アルク社の「AFN最強の生英語リスニング」は非常に聞きごたえがありました)。

そして最後の「課金を促すお知らせが出てきて,どこから課金が必要なのかわからない」については,かつてこの日常英会話コースが有料コンテンツだったことに起因しているのですが,現在は無料特典になったので問題ではなくなりました。

 

まとめ

以上,スタディサプリENGLISHから「日常英会話コース」の評判についてまとめてきました。

高評価の章で触れたように,「リスニングとスピーキング対策はこのアプリで学ぶだけでOK」というオールインワン形式による安心感に加え,デイリーレッスンに含まれる3つのトレーニングは他に類をみないものでした。

AIとICTにより,一般的な「ディクテーション」や「クイックレスポンス(瞬間英作文)」から想像されるものとは異なり,取り組む際の精神的なハードルが低いので続けやすいでしょう。

リスニングはもちろん,特にスピーキング能力を高められるところは,普段の授業であまり話す機会がない中高生が使う場合にもかなり役立つと思います。

もちろん英検5級を目指す小学生や,大人の方で洋画をより聞き取れるようになりたかったり,外国人とちょっと会話できるようになりたいと思われる方の第一歩として,是非このアプリから始めてみてください。

TOEICの勉強をしている方で,日常英会話コースのアプリを2ヶ月にわたって使い続けた結果,スコアが80点も上昇した方もいましたし,本コースで「英語の基礎体力」のようなものを付けておけば,幅広い場面でその成果が発揮されることでしょう。

スタディサプリENGLISHの世界では,上の画像で示した通り「3ヶ月」というのが1つの目安期間として提示されており,この期間毎日勉強を続けられれば,ほとんどの受講者が明らかな英語力の変化に気が付くという調査結果もあります。

それなら3ヶ月だけでも頑張ってみようかな

と前向きな気持ちになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

すでに有料コースに申し込んでいる方は是非使っていただけたらと思います。

また,これから有料コースに申し込まれる方は,「新日常英会話コース」が内容的には近いとは思いますが,TOEICやビジネス英語に興味がある方はそれらのコースで利用することも検討してください!

最後に,低評価が付けられた問題点の中から,受講中に起こりうるものをチェックリスト形式でまとめてみたので,無料体験期間中にチェックしてみてください↓↓

【問題が起こりやすいチェックポイント】

  • 動画が重かったり,カクついたりしないか
  • 強制終了や突然起動したりしないか
  • タブレット・スマホ・PCなど,自分が普段使う全ての機器で試したか
  • 登場人物の音量バランスは適当か
  • ストーリーが棒読みだと感じたり,内容がわかりにくくないか
  • 3日坊主で終わっていないか
  • 日課にしたり土日だけやるといった,自分なりの勉強習慣は作れそうか
  • 楽しいか,続けられそうか

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-英会話

© 2020 スタディサイト