日常英会話コースの評判は?無料特典でも中高生には最適!

今回は,スタディサプリENGLISHの無料特典として自由に使える「日常英会話コース」の評判についてまとめていきましょう!

おまけだからと最後まで使わずに終わってしまう人もいるようですが,実際に本コースで学んだユーザーは,普段学ぶ有料コースとは一味違う独自の学習内容を評価しています。

なお,この日常英会話コースですが,新日常英会話コースが登場するまで有料で提供されていました。

実際このコースだけで学んだ方も過去に大勢いたわけです。

とはいえ,低評価のコメントも寄せられていないわけではないですし,私も使っていていまいちだと感じるところがあるので,こちらについても触れていきましょう。

日常英会話コースの高評価なところ

Goodを表す2つの手

日常英会話コースで高評価を得ているのは,主に「学習教材」と「使い勝手」に関する2点です。

質の高い独自コンテンツ

日常英会話コースは今までにない英会話アプリだと思います!

このような意見を寄せる方が高評価をつけた理由は,本コースが独特な魅力を備えているからです。

スマホのアプリを開くだけでリスニングとスピーキング両方の能力をバランスよく伸ばせるというのは確かに日常英会話コースの大きな魅力ではありますが,それだけであれば他の教材で代用することもできるはずです。

しかし,日常英会話コースには,スタディサプリENGLISHの有料コースにすら存在しない独自の学習コンテンツが存在し,特に評価が高いのは以下の3つとなっています↓↓

  • デイリーレッスン
  • リスニングPLUS

これらには,動画であったりスマホ機能をうまく利用したトレーニングがたくさん入っていますが,ここでは前者の中から「なりきりスピーキング」と「クイックレスポンス」という2つを紹介しましょう!

なりきりスピーキング

「なりきりスピーキング」はレッスンの物語に出てくる人物になりきってスピーキングするトレーニングですが,「スマホ相手にスピーキングの練習をする」といっても,ほとんどの方は想像できないと思います。

やり方ですが,自分が担当する登場人物を決めたら,実際のセリフを自分でスピーキングしてはそれを録音し,アプリが自動でその出来を判定し評価してくれるという代物です。

PCだとマイクを取り付けて話さなければなりませんが,スマホで行う場合は,ただ単に通話口に向かって話すだけで録音され,続けて自分の発音と模範となるお手本の発音を聴き比べられてしまうので大変に便利です↓↓

なりきりスピーキングのレッスン

「ICT」と「AI」という2つの科学技術がこういった学習を可能にしました。

上記画像では全体的な評価がGreatと判定されていますが,

部分的な間違いも指摘してくれるところが凄い!

と評判です。

例えば,以下の画面で赤文字で強調されたWe'llの発音は,AIによって要注意と判定されたことを示しています↓↓

なりきりスピーキングの発音チェック機能

それになんといいますか,自分が英語をしゃべっているのを聴くだけで,なんだか楽しく新鮮な感覚です。

試しにわざとふざけてカタカナっぽく発音してみましたが,すぐさま判定がGreatからGoodに落ちてしまいました。

この英会話コース,初期の頃からずっとやっていますが,もうリリースから数年が経ったんですね。

まだまだ流暢な発音には対応できていませんが,warningを「ワーニング」などと発音するとしっかりチェックにかかります(正解はウォーニング)。

クイックレスポンス

「クイックレスポンス」というトレーニングは本コースがリリースされた直後は存在せず,後から追加されたコンテンツになりますが,これによりスピーキング練習がますます捗るようになったのは懐かしい思い出です。

こちらは表示された日本語を英語にしていくのですが,なりきりスピーキングと同様,こちらも録音されるので,発音チェックこそないものの,できなかった証拠がばっちり残されてしまいます↓↓

クイックレスポンス機能の特長

言いたいことがすぐに口をついて出てくるためには,頭に浮かんだ日本語を反射的に英語に変えられるようになる必要があるわけですが,クイックレスポンスはまさに実践的で役立つトレーニング。

すぐに高評価の仲間入りをしましたね。

日常英会話コースのこれら学習コンテンツについてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください↓↓

英検や入試に役立つストーリー

実は日常英会話コースは英検対策に向いています。

デイリーレッスンの量だけでも全部で1,680個もあるわけですから,毎日1つずつやっても4年半はかかる計算です。

単独で利用できた時代には,周りの中学生には本コースをずっとやらせていたものですが,レッスンのレベルの目安が英検の級別になっていて使いやすかったですし,登場人物の学年も近く,英検や高校入試で出てくる文章とも関連性が高くなります。

以下のような表現は中学校で必ず習うものですが,こういった道案内のストーリーも,教科書的な"Could you tell me the way to~?"だけでなく,曲がるべきところを通り過ぎてしまったときの表現など,習わなかったけれど言いたかった表現が学べることでしょう。

デイリーレッスンのストーリーと解説動画

英検対策としては,スタディサプリの小中高生向けのサービスに専用の講座がありますが,私的には本コースも捨てがたいというのが本音です↓↓

ちょうど上でイムラン先生が映っていたので触れておきますが,日常英会話コースの講師陣については,英語界でもそうそうたる顔ぶれが揃っています。

同じ教科書を使って授業をしても,それが楽しいものになるかどうかは教える側の力量が物を言うことを,みなさんよくご存知でしょう。

魅力的な各講師については,以下の記事で確認してみてください↓↓

もちろん「楽しいからこそ続けられる!」ということで,ストーリーの構成にも気合が入っています。

「ドラマ仕立てなので飽きない」という評判も多く見受けられましたが,それもそのはず。

本コースを担当したのは有名ゲームのシナリオライターです↓↓

日常英会話コースのシナリオについて

対象学年に合わせたシーンが設定されているので,学校からオフィスまで,幅広い場面で練習できます↓↓

話の内容がわかりやすいからか,高評価の中には小学校6年生の女の子の意見もあったので驚きました。

ちなみに,その子のコメントは,

お手本の発音が上手でよかったです

とのことです(笑)

ここまでの良い評判についてまとめると,日常英会話コースは,

  • スマホを利用した独自の学習コンテンツ
  • 英検や入試に役立つ楽しいストーリー

の2点で特に高い評価を受けていることがわかりました。

一方で,良くないものとしてはどういった内容のコメントが寄せられているのか,次章でみていくことにしましょう。

 

日常英会話コースに寄せられた低評価

Badな表情

日常英会話コースの評判ですが,もちろんすべてが良いものばかりではありません。

低評価も寄せられていますので,そういった声も無視せずしっかり拾っていきましょう。

こちらに関しては,「物理的な問題点」と「内容に関する不満」があるようです。

物理的な問題点

  • 動画にエラーが出る
  • 突然アプリが起動する
  • 頻繁にカクついたり,動作が重い
  • 過去の記録が消えてしまった
  • 音量バランスが悪い
  • Bluetoothのキーボードに対応していない
  • 突然メンテナンスがあった

このような問題点が,低評価の中に見受けられました。

もしこういった問題が頻繁に起こってしまうようだと,学習者の意欲を確実に削いでくるので注意が必要です。

挙動に関しては実際に使ってみて,そういった問題が自分の環境でも同じように起こるかどうか個別に調べてみるしかありません。

エラーについては本コースに限らず,スタディサプリENGLISH全体に言えることでしょう。

特に利用者が急増するとサーバーが落ちやすくなるようです。

また,気楽さを求める方はスマホでの学習をおすすめします。

スマホではPCによるキーボードでやるよりも,入力すべきアルファベットをいくつかの候補から探し出すだけの作業になるため,より簡単に済ませられました。

また「キャラクターのセリフ音量が小さかったり大きかったりで揃っていない」という意見については,私は言うほど気にならなかったです。

ここで是非とも触れておきたいのは,スタディサプリENGLISHは更新可能なコンテンツだということです。

これはつまり,完成形ではなく日々改善し続けていくものであることを意味します。

定期的にメンテナンスが入ってしまうというマイナス面はありますが,ユーザーの不満点はアンケートや報告フォームで集められ,次回以降のアップデートで反映されるわけです。

複数回のアップデートの結果,今では突然アプリが起動したりカクつくなどといった口コミはほとんど見なくなりました。

BGMとSEの音量も個別に調節できるようになりましたし,過去の記録も個別対応で復活したそうです。

有料アプリは運営のサポートが手厚いのがいいですよね。

メンテナンス時間も夜間に行われるなどの配慮はあります。

内容的な問題点

今度は内容面における低評価になりますが,それには以下のような意見がありました↓↓

  • アメリカ英語が多い
  • 発音判定の精度が悪い
  • 音声の後ろに流れる生活音が気になる
  • ストーリーが棒読み
  • 日常英会話コースを単独で使えない

これらの評判も個人的な好みによるものが多く,例えば2020年の教育改革の影響をもろに受けてしまう中高生であれば,「アメリカ英語以外にイギリス英語やオーストラリア英語にも対応してほしい」と思うのも無理ありません。

しかし元となる英語耳が育っていれば,少し対策するだけで修正対応できるはずです。

ですが,先に紹介したAIによる発音チェックの精度についてはより完璧に近づいてほしいと思います。

曖昧な母音ですべて発音したときはおろか,DoをIsと読んでも「Great!」と評価されたときはがっかりしました。

2つ目の「音声に生活音が混じる」というのは,本コースで顕著なものです(1番最初のレッスンを聞いてみるとわかります)。

ですが,これは聴く人によっては逆に高評価につながることもあり,「生活音のないスタジオ録音を聴くだけでは真のリスニング力は育たない」ということは昔から言われてきたことです(例えばアルク社の「AFN最強の生英語リスニング」はラジオ音源ですが,その分非常に聞きごたえがありました)。

最後の,日常英会話コースのみを単独で利用することはできない点についてはもう本当にその通りです。

現在本コースを最安値で使おうと思ったら月額1,980円の新日常英会話コースを利用することになりますが,新日常英会話コースの方がむしろ余計に感じられてしまうのはどうなんでしょう。

 

まとめ

日常英会話コースの利用者アンケートの結果

以上,スタディサプリENGLISHから「日常英会話コース」の評判についてまとめてきました。

高評価の章で触れたように,デイリーレッスンに含まれるトレーニングやリスニングPLUSは特に他に類をみないものでした

新しい技術を取り入れることで,一般的なスピーキングの勉強法から想像されるものとは異なるものが出来上がっており,レッスンを行う際の精神的なハードルが低くなって挫折しにくいと思われます。

リスニングはもちろんスピーキング能力まで高められるところは,普段の授業であまり話す機会がない中高生が使う場合にもかなり役立つと思いますし,ストーリーの内容はまさに英検や入試に直結した内容です。

良くない評判もありましたが,基本的には人によって好みが分かれるところが問題になっていることが多く,有料コースも含めたスタディサプリENGLISH全体に共通するものもありました。

TOEICの勉強をしている方で,日常英会話コースのアプリだけを2ヶ月にわたって使い続けた結果,スコアが80点も上昇した方もいましたし,本コースで「英語の基礎体力」のようなものを付けておけば,幅広い場面でその成果が発揮されるでしょう。

スタディサプリENGLISHの世界では,上の画像で示した通り「3ヶ月」というのが1つの目安期間として提示されており,この期間,毎日勉強を続けられれば,ほとんどの受講者が明らかな英語力の変化に気が付くという調査結果もあります。

すでに有料コースに申し込んでいる方は,無料特典だからと侮らずに是非使っていただけたらと思います。

また,これから有料コースに申し込まれる方は「新日常英会話コース」が最安値で内容的にも近いとは思いますが,TOEICやビジネス英語に興味がある方は以下のコースの利用も検討してみてください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

© 2021 スタディサイト