入試改革

大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)の結果についてまとめました!

大学入試センターから「大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)」の日程が発表されたのは,2017年の10月のことです。

しかし2019年,英語の成績提供システムと共通テストの記述式問題の導入が見送りとなってしまい,コロナの影響もあって,共通テストは中々に厳しい船出となりそうです。

とはいえ,その間の2年間に大規模な試行調査が行われたのは事実であり,すでにデータは出そろっています。

そこで今回の記事では,試行調査に対する理解を深めるとともに,その結果についてまとめてみました

なお,この試行調査の結果は大学入学共通テストの完成に役立てられる予定でしたが,共通テストについてはご存知の通り,混乱の真っ只中にありますので,今わかっている情報については以下の記事で確認するようにしてください↓↓

試行調査の実施について

大学入試センターから試行調査に関するアナウンスがあったのは,2017年の10月6日です。

それでは具体的にどのような報告があったのかと言いますと,「大学入学共通テスト(共通テスト)の問題を仮に作成したので,受けて感想を聞かせてください」という旨のものになります。

とはいえその規模は大きく,初回の試行調査を実施したのは全国約1900校の高等学校と中等教育学校(協力校)です↓↓

全国には高校が約5000あるわけですから,実に4割近い学校を巻き込んでの一大ムーブメントだったわけです。

ちなみに実施日は2017年の11月でした。

さて,先に紹介した記事にまとめたように,大学入学共通テストでは,これまでのセンター試験よりも深い理解が求められ,思考力や表現力を重視した,いわゆる新形式の問題が出題されます。

いわゆる教育改革において,「今後を担う人材に必要となる能力」を問う目的の出題に変わったというわけです。

実施元の大学入試センターが配布した資料によると,今回の試行調査の主な意図としては,

  • 生徒の解答状況を分析し,今後の問題作成に役立てる
  • 記述式でどのようなトラブルが想定されるか見極める

という2点が挙げられます。

共通テストの問題の質は十分かはもちろん,特に記述式の問題については,しっかりと客観性が保証されているか(採点官によって採点にばらつきはないか)であったり,採点し終わるまでの期間は迅速であったかどうかなどの検証をしたわけです。

マークシートでない部分は機械では自動処理できないですからね。

人が採点する分,余計に時間がかかるでしょう。

続く2018年2月の試行調査はやや小規模で,英語の試験を158の協力校(6720人)を対象に実施するとともに受験上の配慮(点字問題など含む運営能力)についての検証が行われました。

さらに同年の11月には,試験会場を協力校から実際の大学へと移し,最終調整も兼ねた本番さながらの試験を再び大規模で実施しましたが,受検した高校生の人数も約10万人に及ぶものでした。

本章の最後に,実際のスケジュールとその内容について,詳しくみておきしょう↓↓

試行調査から共通テスト実施までのスケジュール

全部で3回の試行調査がありましたが,科目や年度で見ていくと,平成29年度分と平成30年度分で全2回となり,平成29年度実施分が英語以外と英語で時期を別にしているという認識です。

  • 平成29年度分:2017年11月(英語以外)+2018年2月(英語)
  • 平成30年度分:2018年11月(全教科)
  • 平成33年度分:2021年1月(第1回目共通テスト)

なお,「試行調査(プレテスト)」という書き方が目立ちますが,これまで「プレテスト」とだけ単に呼んでいたものを,「実施の趣旨がわかりにくい」という意見を踏まえて「試行調査」というふうにより詳しく呼ぶことにしたそうです。

よって正しくは「試行調査」と呼ぶべきものだと,ここで断っておきます。

 

各回の試行調査の出題形式について

それでは,実際に行われた2年分の試行調査を使って,出題形式がどうだったのか簡単にまとめていきましょう!

なお,問題については以下のページの「平成29・30年度試行調査(プレテスト)」の先からダウンロードすることができます↓↓

第1回目(英語以外)

第1回目の試行調査(2017年11月13~24日実施)における,科目の種類や試験時間,受検者数は以下の通り↓↓

平成29年度分の英語以外の試行調査概要

英語以外の出題は11月にまとめて実施されました。

なお,1回目のプレテストで記述式の問題が出されたのは,国語と数学IAの2科目においてのみです。

記述式専用の大問が1つ追加された形になるため,従来のセンター試験よりもその分だけ試験時間が長くなっています↓↓

  • 国語80分→100分
  • 数学IA60分→70分

また,マーク式の問題においても,厳密には従来のものと同じではなく,教育改革の目指す,深い知識や思考力を問う新傾向の問題が混ざっていたことも特筆すべきことでしょう。

第1回目(英語)

1回目の試行調査のうち未実施だった英語は,2018年2月13日~3月3日の期間に,以下の条件で実施されました↓↓

試行調査第1回目英語

英語は2023年度までは,大学入試センターが作った試験を利用します。

英語の民間試験を利用する話につきましては,以下の記事にまとめたように,見送りとなっています↓↓

英語の試験科目は,大きく分けてリーディングとリスニングの2つからなっており,リーディングの大問は6つで時間は80分。

難易度はCEFRで言うところのA1~B1レベルの問題で構成されていました。

いきなり第1問から,必要な情報を読み取る問題になっています↓↓

試行調査英語の第1回第1問

従来の発音やアクセント,語句整序問題は「読むこと」には当たらないため,筆記においては出題されませんでした。

一方でリスニングの試験時間は30分。

音声には英語ネイティブの人以外が登場することもあります。

今回のリスニングでは,すべての問題が2回繰り返し読まれる「A問題」と1回しか読まれない「B問題」の2つのバリエーションが用意され,その比較も行われました(問題自体はほぼ同じ)。

最も難しかったのは,メモを取りながら解答を考える第5問でしたね↓↓

試行調査英語第1回第5問

全体的に要約や複数の情報を合わせて答えを判断するものが多く,有識者の間では「より実力差がはっきり表れる良い問題に変わった」と評判です。

第2回目

2回目のプレテストは,2018年11月に行われました。

日程は「A日程」と「B日程」で実施日や実施科目が異なっていたり,実際に受ける生徒の学年も異なっていたのが特徴です↓↓

  • A日程:11月10日実施。科目は国語と数学①。高2生対象。
  • B日程:11月10日と11日実施。科目は全科目。高3生対象。

試験内容と試験時間についてまとめた表は以下の通り↓↓

試行調査第2回の試験概要

大学受験生の多くが気になるであろう記述問題ですが,出題されたのは今回も国語と数学Iにおいてのみで,解答用紙を見てみると,国語は3問(20~30字,40~50字,80~120字),

第2回試行調査の国語解答用紙

そして,数学においても以下のように記述用のスペースが取られていることが分かります↓↓

第2回試行調査の数学の解答用紙

なお,1回目の英語リスニングで物議を醸した「読む回数」の違いについては,1回読みと2回読みを混在させた出題に変わりました。

それでは次章で,これら2回のテストの結果を分析してみましょう。

 

試行調査の結果と分析

1回目

1回目はある意味実験的な試みだったので,結果についてはそこまで詳しく分析する必要はありません(この結果を受けて,2回目で修正が行われましたので)。

ここでは問題視された点だけを述べるに留めましょう。

国語

  • 記述式で完璧な解答をした生徒は0.7%で,無回答が6.6%いた
  • 30%の問題で,正答率が50%を切っていた

数学

  • IAの記述3問の正答率はそれぞれ2.0%・4.7%・8.4%となっており,無回答率は49.8%・57.0%・46.5%だった
  • 数学的な論理性の欠如がある生徒が見られた
  • 正答率が50%を切ったものは,IAで31.1%,IIBで24.4%含まれていた

英語

  • リーディングは32.4%の問題で正答率50%以下
  • リスニング問題はA問題で30.0%,B問題で40.0%が正答率50%を切っていた

なお,英語リスニングの全体的な正答率は低かったものの,すべての問題が難しかったわけではなく,第1問Bの問5のように90%程度の正答率のものもありました。

また,最低の正答率は,A問題の第1問Bの問6(12.6%)とB問題の第4問Aの問21(3.2%)です。

2回目

各科目別の問題の工夫や改善点については,以下がその詳しい公表内容となります↓↓

読んでいただくとわかりますが,資料は膨大です。

そこで,各問題の特徴については目に留まったところだけを箇条書きにし,結果を簡単に述べたいと思います。

国語

  • 全部で5つの大問で,1問は記述式,4問が古文,5問が漢文
  • 100分で200点+記述式の評価で採点
  • 文学・古典の題材に加え,詩や故事成語と比較する問題が新傾向

第2回国語の問題

第1問目がいきなりの記述式でしたから,面食らいました。

数学

  • 無回答にならないよう,数式や短い文章で答えさせる出題
  • ICT(ソフト)や日常生活をうかがわせる場面設定
  • IA・IIBともに大問は5つ,どちらも70分100点満点

試行調査第2回数学の問題例

センターで馴染みのある見た目の問題も多いですが,このように実際の生活に数学をどう役立てるのか伺い知ることができる出題もあります。

英語

  • 読解の大問は6つで80分100点満点
  • 文章から質問に答えるための情報をいち早く読み取る能力が必要
  • リスニングも大問の数は6つを30分で100点満点
  • 1回読みの問題が第4問以降で出題,最難度(B1レベル)を誇る

試行調査第2回英語の筆記第1問

リーディングは第一問目からこれですからね。

純粋な文法問題はありません。

理科

  • 60分100点
  • 物理・化学・生物は大問数4・5・5で構成
  • 考察させる問題が多いものの,従来のセンターと形式的には類似

試行調査第2回化学の問題例

日常生活や社会問題を元にした考察問題が意識的に多く盛り込まれている感はありましたが,特に大きく変わった印象はありません。

普通に勉強していれば解けるでしょう。

社会

  • 教科書で扱われない初見問題あり
  • 考察力が求められる出題が多い
  • 世界史Bと地理Bは大問5,日本史Bや現社は6つ,残りは4
  • 60分100点満点

試行調査第2回日本史の第1問

日本史Bや世界史Bでは,歴史の流れを問うような,知識問題だけでは解けない出題が特に多かったように思います。

これらの結果については2019年4月に発表になりましたが,これまた資料が膨大なので詳細は省きますが,このような平均正答率などが科目ごとに算出されました↓↓

第2回試行調査の平均得点率や受検者数

今後の工夫については,平均正答率は50.0%に近づけ,得点の分布表は中央に集中するよう調整するとのことでした。

また,数学においては無回答(空欄)が目立ったようですが,これは問題文が長すぎて試験時間が不足した可能性もあるそうで,時間のかかる問題発見から解決までの全過程を問う問題は極力減らし,過程の一部を問う問題を増やす方向で調整に入るようです。

受験生側としては,自分の記述した答案と採点結果が一致するよう,より多くの例示や出題の工夫をしてほしいところですが,今回の結果は国語は7割,数学が8~9割程度の一致率でした(これは初回試験と同等の数値)。

詳しくは以下をご覧ください↓↓

 

まとめ

最後に,今回の試行調査における,内容上の要点をまとめます↓↓

  • 試行調査は大学入学共通テストのひな型
  • 初回の調査は協力校内で行い,2回目は大学を使って大規模に
  • 記述式問題は国語と数学Iでのみ出題された
  • マーク式の問題にも新形式の出題が見られた
  • 英語の問題を筆頭に,問題の質が有識者の間で高く評価された
  • 英語のリスニングで1回読みの問題は特に難しかった
  • 国語の記述式問題の採点の一致率は7割と低かった

調査後のアンケートで「第1回目のプレテストが難しかった」と回答した生徒は全科目で50%を上回っていたようですが,相対結果を競う試験ではありますし,簡単では試験の意味をなさないので,試験の難易度が高いことを必要以上に恐れる必要はありません。

とはいえ,平均正答率は50%にすることを目標に作り変えられるため,今回みてきた試行調査より本番が易化することはお忘れなく。

なお,上で赤字で示した部分については特に注意が必要で,直近の共通テストでは記述式問題の導入が見送られることが決定しました

その理由の1つに,自己採点と実際の得点との一致率が低かったことが挙がっていたのは記憶に新しいことと思います。

最後になりますが,これからの大学入試においては,頭を使って考える練習を普段から積んでおくことが,どの科目においても重要です。

時間制限がある中で必要な情報を読み取らなければならなかったり,単なる知識以外の考察をするなど,記述式の問題から逃げるわけにはいかないですし,私大入試や国公立の2次試験ではますます記述式問題を目にすることが増えるでしょう。

そういった新しい問題に対応するため,文科省に認定された「学びの基礎診断」に含まれる教材などを使って,学校の予復習を行うことをおすすめします↓↓

受験勉強の方,これからも頑張ってください!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-入試改革

© 2020 スタディサイト