スタディサプリ小中高 高校生向け講座

高校英語はスタディサプリの高1・高2講座から始めよう!

スタディサプリで高校英語を1から始めようと思った場合,真っ先に取り組むべきは「高1・高2講座」です。

なお,スタディサプリでは高1と高2講座が全く同じ内容であることにご注意ください。

大きく7つの講座がありますが,高3生や社会人など,急いで高校英語を身に付けたい方はある程度学んで高3講座に進むべきですし,逆に高1の方は2年かけてこれら7講座をすべて受講してみることをおすすめします。

これらの講座を担当するのは肘井学先生で,扱う内容は英文法と読解に加え,センターレベルの長文のみを扱う講座もありますが,詳しくはこれから個別にまとめていくことにしましょう!

高1・高2ベーシックレベル英語

高1高2ベーシックレベル英語の講座と肘井学

高校の英文法のみを網羅的に扱い,それでいて複雑な説明は他講座に譲ることで,幅広い方を対象にしているのが,高1・高2ベーシックレベル英語になります。

それゆえ,高校英語に馴染みがない高1生や英語が極めて苦手な方,そして社会人のやり直しにも向いている講座です。

中学生の方ですと,入学先も決まって時間も余っていて,良いスタートダッシュを切りたい方も使ってみてください。

知識ゼロからのスタートですので予習は不要です。

最初こそ中学範囲の復習や文型の解説ですが,時制からはこのように高校範囲の説明が始まります↓↓

現在形の要点と問題のテキスト

最初にインパクトの強い問題を持ってきて,学習者の興味を引いた後,現在形の3つの使い方が紹介されました。

このような説明が終わったらすぐに確認問題を通して,知識が身に付いたことを確認しましょう。

先ほど,例外的な知識は本講座では取り扱わないと言いましたが,発展的な内容も扱っていますので,ここまで覚えれば基礎知識+αも期待できます。

さて,これまでに勉強の習慣がない方がいきなり勉強を始めても長続きしないでしょう。

ですがご安心ください。

本講座では,1つの要点は「チャプター」と呼ばれる10分程度のまとまりになっているので,10分だけ集中できたら,また休憩してから始められます。

上でみた現在形は時制①のチャプター1で習う内容でしたが,10分3秒かけて要点から確認問題まで解説が終了するわけです↓↓

チャプターと要点の対応関係

同じようにチャプター2~6まで終えたら,最後に確認テストを解きましょう。

ここにはそれまでの範囲で学んだ知識で解ける10問が載っています↓↓

ベーシックレベル英語の復習テスト

こうやって1つずつ(正確には10個ずつ)できる問題を増やしていくことで,少しずつ英文法ができるようになっていくわけです。

高1・高2ベーシックレベル英語の講義は全部で33個あり,復習に何時間かかるかは人によって変わりますが,講義を受けるだけであれば,1日1時間の学習で1ヶ月ちょっとで終わるボリュームとなります。

とはいえ,毎日学習や復習もしなければならないので,完成させるのに3ヶ月くらいはみておきましょう。

 

高1・高2スタンダードレベル英語<文法・読解編>

高1・高2スタンダードレベル英語の予復習について

続いて,ベーシックレベルよりも1つ上のレベルにあたる,「高1・高2スタンダードレベル英語」についてみてみましょう!

<文法・読解編>とありますが,英文法の解説をしながらも,読解に繋がるような知識もちょこちょこと入ってくるような感じの講座です。

基本的にはこのスタンダードレベル英語を基本とし,これでついていくのが辛いようであれば,ベーシックにレベルを落として始める方がよいでしょう。

逆にここで学び終えたら,続けてハイレベルに進んだり,時間がない方は一気に高3の講座に入っていくような使い方が考えられます。

本講座からは予習が必要で,あくまで数分で済むのですが,問題演習を解いてから授業に臨むようにしてください。

目的は予習の習慣づけなので,予習することが当たり前のように感じられるようになると大成功です。

さて,授業時間ですが,こちらもベーシックレベルのときと同様に1時間程度のものですが,全部で3つのチャプターしかありません↓↓

スタンダードレベル英語のチャプターと扱う内容

よくみると,ベーシックレベルで2つに分かれていたチャプターが1つになっていることがわかります。

つまり,1つのチャプター当たりにかかる時間は20分となり,簡単に言えば2倍の集中力が求められることになると思っていてください(基本的に,1つのチャプター内では極力休憩しないようにしてください)。

授業内容についてはどうでしょう。

先のベーシックレベルのものと比べると,スタンダードレベルでは要点のところで解説される内容に,抽象的な概念的なものが入ってきますし,確認問題(問題演習)も選択肢が増えてより難しくなっているように感じます↓↓

スタンダードレベル英語の要点と確認問題

全講義数こそ24講と少な目ですが,予習や内容理解のための時間を考えると,ベーシックレベルと同じくらいの時間がかかるでしょう。

頑張れば1ヶ月ちょっとですが,やはり3ヶ月はみておきたいところです。

 

高1・高2ハイレベル英語<文法編><読解編>

ハイレベル英語の講座は2つ

続いてみていくのが「高1・高2ハイレベル英語」となります。

このレベルからは文法編と読解編が別となっていて,講座数は24講義+24講義の計48講義となりますから,情報量としては単純にベーシックレベルの2倍です。

とはいえ,英文法編で扱う内容には,例外的なものまでは含まれておらず,先にやった内容により知識を追加して詳しく語っていく感じの授業が展開されます。

例えば以下の赤で示した範囲は,ハイレベル英語で新しく習うことになる内容です↓↓

ハイレベル英語<文法編>で新しく学ぶ内容

こういったものを解説に足していくと,結果的に2倍の授業時間になるのでしょう。

従って,復習の時間も2倍とまではいきませんが延びることになりますし,その分挫折してしまうリスクも高まります。

ハイレベルから始めるかどうかは,慎重に決めるようにしてください。

しかも,文法編で終わりではなく,読解編もあるわけです。

こちらで扱う内容は基本,長文ではなく,あくまで長めの1文ではあるものの,和訳する問題が入ってくるところが特徴的で,最後にあたる23講義と24講義目では完全に文章を扱います。

実は多くの場合において,文法の講義で扱った項目と同じテーマで,文章の訳し方を学ぶことになるので,受講の順番としては,文法編の第1講→読解編の第1講→文法編の第2講→読解編の第2講となり,以下は受動態の読解編での様子です↓↓

高1・高2ハイレベル英語<読解編>の講義とテキスト

文法の解説を通して,英文の訳し方についての講義をしています。

あまり違いを気にせず,文法編で基本知識と文法問題の解き方を学んだら,読解編で訳し方について学んでいくと考えておけばよいでしょう。

しかし訳す問題の数は数十にも及び,内容的にはこれまた十分な内容です。

復習テストでは語句や表現の意味を確認します↓↓

高1・高2ハイレベル英語の問題演習の解答と復習テスト

ちなみに長文の音声については,ハイレベル英語ですと最後の2講義にしか付いていないのでここでは省略し,詳しくは次章を参考にしてください。

ハイレベル英語で学び終えた後は,次に紹介するトップレベル英語に進む他,最後に紹介する<長文編>に入っていくこともできますし,はたまた高3の講座に進んでしまうことも可能です。

こちらに関しては,現在の学年と目的に応じて判断するようにしてください。

 

高1・高2トップレベル英語<文法編><読解編>

高1・高2トップレベル英語の講義動画

高1・高2英語講座において最高峰にあたるものが,この「トップレベル英語」です。

こちらも文法編と読解編の2つがありますが,前者のテキストとしては以下のようなものとなり,もはやこれまでの講座との違いは明らかでしょう↓↓

高1・高2トップレベル英語のテキスト内容

英文法の基礎知識が入っていることを前提に,入試で出題された問題を演習していく講座になります。

問題数に関しては何と全部で1,000問です!

普通の文法問題集1冊分に相当するであろう問題をこなすわけですし,解説する内容もかなり深いところまで掘り下げています。

高3の文法は関正生先生が担当しますが,また別の視線を得られることはありますが,扱う内容的にはほぼ変わらない内容と言っても過言ではないでしょう。

20分で問題を解くのが予習であり,解説講義は全部で1時間程度あるのはこれまでと同様です。

復習に関しては,論理的に根拠を導けるように,応用の利きやすい抽象的な概念について理解していきましょう!

続いて読解編ですが,こちらは前半こそ単文(1つの英文)を扱うものの,後半はセンター試験の一部や大問を丸々1つ使った実践演習となります↓↓

高1・高2トップレベル英語読解編のテキスト

もっともトップレベル英語となると,大学としては旧帝大や早慶レベルの受験者ですから,このくらいの問題は高3までに解けるようにしておかなければいけません。

予習で問題を解き,文構造を把握するまで1時間かけて行います。

復習は全訳をもとに誤解のあった文を構文把握をやり直しますが,このとき扱った単語の暗記もしましょう。

さらに,肘井先生の授業ではもはや定番となっていますが,音読を10回行って,復習テストを解いたら終了です。

18講義以降の長文実践演習には「音読トレーニング」が付いていますが,音として聞くことで正しいアクセントやイントネーションで話せるようになるだけでなく,前から構文に沿って音声と同じ速さで音読することで,ネイティブと同じ速さで読むことができるようになります。

これはつまり,リスニング力と速読力を高める練習をしていることに他なりません。

専門的にはリピーティングとシャドーイングを行うことになりますが,特に後者においては最初速度を遅くして行うなどしたり,英文を見ながら行っても構いません↓↓

音声トレーニングの様子

これだけ復習ですべきことがありますから,時間にしては1~2時間でも少ないくらいです。

予復習のやり方についてはテキストの初めにも詳しい説明がありますので参考にしてください。

また,読解に苦手意識がある方は,次章の「トップ&ハイレベル英語<長文編>」も受講し,違う文章を使って長文の読み方を身に付けましょう。

トップレベル英語の講義数はどちらも24講義ずつで,ハイレベルの講義のように,文法編と読解編を正確に行き来する必要はありませんが,文法と読解の片方だけに触れる日が長くなるのは勉強の効率的に良くないので,バランスを意識して学習してください。

 

高1・高2トップ&ハイレベル英語<長文編>

高1高2トップ&ハイレベル英語<長文編>の受講風景

「高1・高2トップ&ハイレベル」ということで,難易度的にはハイレベルとトップレベルの間に位置する講義です。

数としては10講義が用意され,1つにつき長文問題を1題扱います。

30分~1時間かけて問題を解きますが,構文把握に加え,わからない意味を辞書で調べたり,指示語や代名詞の内容を明らかにするなどして授業に臨みましょう。

もちろん,間違っているところがあって構いませんが,肘井先生の授業中に何を尋ねられても,自分なりの答えが言えるようにしておくことが重要です。

長文のレベルとしては易にあたる難易度ですが,実際の大学入試で出題されただけあって,問題の質はちゃんとしています↓↓

トップ&ハイレベル英語長文編で扱う文章の例

全問正解できてしまう人でも,問題になっていない部分含めた隅々まで完全に理解できている人は少ないのではないでしょうか。

ゆえに,そういう方は最初の予習段階において,完全に肘井先生と同じ解釈ができるレベルを目指してください。

単語にしても,語注が付いているような単語までも覚えてしまうことが,差となっていずれ表れてくるはずですから。

復習用の素材として,以下のような重要語彙リストと音読用の白文が毎回用意されています↓↓

長文編の復習用素材

こちらも音読トレーニングを使って音読に励みましょう。

全部で10題しかありませんが,1題から多くのことを学べるよう復習を徹底的にすることで,高校の授業で扱う英文とは比べ物にならないほどの知識が得られることに気づくかもしれません。

まさにそれこそが予備校の授業であると言えます。

 

まとめ

スタディサプリの高1高2英語の予復習について語る肘井学先生

以上,スタディサプリから高1・高2英語講座のまとめでした。

全部で主に7つの講座があり,スタンダードレベル英語を基本の軸に,より簡単なベーシックレベル英語から始めたり,ハイレベル英語から始めて,トップレベル,さらには長文編の講義も受けることで,自宅で予備校のトップ講師による授業が簡単に受けられてしまいます。

オンラインの弱点として自分に甘くなるところが挙げられますが,そうならぬようスタディサプリでは予復習の方法について具体的に言及されますし,復習テストの出来であったり音読の回数は真面目に取り組んでいることの何よりの証拠となりますから,しっかり満点を取って回数をこなしましょう!

この先,高3講座に進む場合は,関先生の文法編へと進んでください。

また,これからスタディサプリで学ぼうと思われている方は,キャンペーンコードの利用ができます↓↓

もちろん,受験は英語だけで決まるわけではありません。

その他の科目も是非,スタディサプリで学ぶようにしてください!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリ小中高, 高校生向け講座

© 2020 スタディサイト