高校生

スタディサプリの秋期講習!秋にやるべきことを知ろう!

スタディサプリの特別講習は,夏・秋・冬にそれぞれ開講されますが,今回は秋期講習についてみていきましょう!

通常のスタディサプリと異なり,各講習ではその期間にしか学べないことを主にテーマとして扱います。

秋というのは夏や冬に比べると休みの期間が取りづらいこともあり,夏休みにやり切れなかったことや新学期の準備などで,やるべきことがすでに山積みになっている受験生もいるでしょう。

本講習を取る取らないかに関係なく,どのようなことを秋にやるべきなのかについて学んでいっていただけたらと思います!

秋期講習の意義

まず最初に,本記事で言う「秋期」とは,10月~11月の時期を指すことにご注意ください。

一般的に7月~8月が夏期にあたりますので,9月は夏なのか秋なのかで議論が分かれますが,これはある意味「予備月」のように捉えるとよいかと思います。

夏のようにも秋のようにも使える便利な月だとお考えください。

さて,スタディサプリの夏期講習についてはすでに記事にしてありますが,ある意味,「最後の基礎固めの時期」というのが主なテーマになっていました↓↓

不覚にも基礎固めをやり切れなかった範囲がある方は,今すぐにでも取り掛かってできるだけ早く終えていただきたいのですが,夏になんとか仕上げた科目であっても,復習をしなければ忘れてしまいます。

特に高速で学習した知識はそれだけ忘れてしまうスピードも速いので,まさにこの秋に復習してください。

忘れてしまうことを恐れてしまう生徒もいますが,忘れないでいられる人はこの世にはいませんし,忘れても思い出せばいいだけの話です。

追い風になる事実として,一度覚えたことというのは,再度学んだ時に思い出すまでの時間が短くなっているので,「ずっと前にやったから全部忘れてしまった」という方でも,再度学べば「あ,なんかやったな」とか「あー,そうだった」などと意外と難しいことではありません。

とはいえ,復習だけしているのでは不十分です。

冬になってしまえば過去問を解くことになりますが,教科書を終えてすぐの受験生が,次に大学入試の過去問を解いて良い結果が出るような未来はさすがに想像できないでしょう。

そこで,この秋期講習の出番です。

総合問題とまではいかないのですが,各分野ごとに良質な演習問題を数多く解くことで応用力を強化することになります。

講師たちは,過去問の中から同じような単元に分類される問題を作為的に集めてくるわけです。

場合によっては都合よく改題してしまうこともあるでしょう。

ですが,そうすることである単元について深く学ぶことが可能になり,こういった単元を1つずつ増やしていくことで,ゆくゆくは総合問題や入試問題を解くだけの力が付くことになります。

また,復習の効率を上げる面からも秋期講習は大切で,同じ単元を別の教材を通して学び直すことにその存在意義があったりもするわけです。

わかっていたはずの基礎知識であっても,それらをどう使っていくのかについてはまだ知らないことが多いでしょう。

また,その過程において抜けていた基礎知識に出会うこともあります。

それを演習問題を解きながらその都度補完していけば,より基礎知識は確かなものになり,複数の知識を運用するといった「応用力」まで身に付けることができてしまうのです。

逆に,せっかく勉強の土台固めが夏にできたのにもかかわらず,秋にすべき勉強を見誤ってしまっているがために,「夏にあれだけ頑張ったのに模試でひどい成績が出てしまった。自分には能力がないからもう諦めよう。」などと自己解決してしまったり,「第一志望は諦めて,科目の少ない(または偏差値の低い)私立専願にしよう。」と一線から退くといった誤った判断をしてしまうこともあります。

塾で見ていると,夏に頑張った受験生ほど,上のような考えに陥ってしまうことが多いようです。

もちろん,偏差値の高い大学に受かるのは難しいことですが,たとえ最終的に下の学校に行くことになっても,最後までチャレンジした経験は大切ですし,ギリギリまで志を高く持って頑張り続けることが,秋以降の学力上昇の鍵となることは間違いありません。

是非これらのことは忘れないでいただきたいと思います。

 

スタディサプリの秋期講習

スタディサプリの秋期講習

ここからはスタディサプリの秋期講習について説明していきましょう。

公式サイトでは開講時期の2ヶ月くらい前から情報が掲載されます↓↓

時期としては10月~11月に開講され,時間は学校の授業と被らないよう,「18時~20時」または「20時~22時」のいずれかです。

ここでは古文や数学の講師陣のメッセージが確認できましたが,両者ともに前章で述べた内容と相違ない認識です↓↓

古文・岡本梨奈先生

9月には単語・文法・読解方法を固めて,10月になったらそれらを使い,文章や選択肢を正確に読み取るための演習を行います!

数学・山内恵介先生

9月までに土台を固めたら,10月からは本番と同じ形式の演習問題を通して,問題の要求や展開を理解して自分で解き切れる力を付けよう!

それでは以下に講座のラインナップと料金をまとめておきましょう。

ラインナップ

英語

  • 最難関私立大英語<読解編>:早慶の長文演習
  • 難関国公立大英語:和訳と長文読解(東大京大以外の旧帝大,千葉大,筑波大)
  • 難関私立大英語:GMARCH・関関同立の長文読解と整序問題対策
  • 国公立大英語:和訳と長文読解
  • 私立大英語:日東駒専・産近甲龍の整序と長文

担当講師は最初のものだけ肘井学先生のみ。

あとの講座は関正生先生と肘井学先生が2人で担当します。

数学

  • 難関大理系数学:数IIIを必要とする難関大向き。極限・面積・積分・体積・複素数を扱う
  • 標準大理系数学:数IIIを必要とする受験生が秋にマスターすべき内容を含む総合演習形式
  • 難関私立大数学IAIIB:小問集合・三角比と平面図形・場合の数と確率・微積・ベクトル・数列
  • 私立大数学IAIIB:上記内容をより易しい問題を通して演習する
  • 国公立大数学IAIIB:場合の数と確率・微積・ベクトル・数列を扱う

数IIIが入る講座は堺義明先生が,それ以外は山内惠介先生が担当します。

国語

  • 最難関国公立大現代文:東大・京大・一橋・阪大に対応。論理的読解の講座
  • 難関国公立大現代文:上記以外の旧帝大・筑波・千葉・神戸大に対応
  • 早大現代文:早稲田大学の受験者向け
  • 難関私立大現代文:難関有名私大の過去問から良問をセレクト
  • スタンダード現代文:国公立大や私大受験生どちらにも対応。記述から選択式まで
  • 最難関・難関私立大古文:GMARCHから早慶まで。閑居友・宇治拾遺物語・浜松中納言物語・恋路ゆかしき大将
  • 難関国公立大古文:露殿物語・梁塵秘抄口伝集・中将姫本地・折々草
  • 漢文<実践演習>:最難関国公立の2次試験は除くすべての受験生

最初の3つは柳生好之先生,次の2つは小柴大輔先生,古文漢文は岡本梨奈先生が担当です。

理科

  • トップハイ化学<有機編>:有機化学を1通り終えた受験生対象。構造決定を扱う
  • 化学 基礎完成<高分子>:高分子をこれから学ぶ方の基礎講座
  • トップハイ物理:ハイレベルなテーマや数学的な解析を行う
  • 生物テーマ別対策<計算・グラフ対策>:差が付きやすい計算問題やグラフの解釈を扱う

通常講座でお馴染みの坂田薫(化学),中野喜允(物理),牧島央武(生物)がそれぞれ担当します。

社会

  • 日本史速効総まくり<年代暗記編>:理解を伴う暗記で年代を時系列順に整理
  • 世界史速効総まくり<前近代編>:ヨーロッパ史,イスラーム史,インド史,中国史を扱う

夏と同様,日本史を伊藤賀一先生,世界史を村山秀太郎先生が担当。

料金

1講座単品は4,980円,受け放題セットが23,800円(どちらも税抜)ですが,後者を選ぶことがほとんどです。

なお,単品購入からさらに受け放題セットを重複購入しても,スタディサプリに連絡すれば差額を返金してもらえます。

申し込みが開始になる前に無料クーポンを受け取ることができる場合があったり,キャッシュバックキャンペーンが行われることもあるので,詳細は以下のページで確認するようにしてください↓↓

 

まとめ

難関私立大英語の講座風景

以上,秋期講習の意義とスタディサプリの秋期講習についてまとめてきました。

10月~11月の時期には,これまでに学んだ範囲の復習に加え,演習問題を行いながら基礎知識の確認をし,冬以降の本格的な志望校対策に備えましょう。

スタディサプリの秋期講習でも英数国を中心に,冬への橋渡し的な内容を扱っていました。

理科や社会においても,差が付きやすい問題や対策が遅れがちな範囲をしっかりと学び,後になって焦らないようにしっかり準備してください。

また,通常のスタディサプリを使ったことがない方は,大学受験講座の方をまずは体験してみることをおすすめします↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-高校生

© 2020 スタディサイト