リスニング対策はスタディサプリで!共通テストから私大まで

2020年を最後にセンター試験は廃止となり,2021年から共通テストが始まります。

加えて入試改革の影響もあり,私大であってもリスニングを入試で課すところが増えてきました。

配点も高く,何も対策しなければそれだけで敗北が決まってしまいます。

そもそもリスニングというのは対策が疎かになってしまう分野の1つですが,試験直前期ともなるとやらなければいけないことが多くて,リスニングにまで手が回らなくなってしまうでしょう。

ゆえに,短期間で集中的に対策するよりも,毎日数分ずつでよいので長期間にわたって聴くことが必要になってくるわけです。

ここでは,スタディサプリを使った対策についてまとめてみることにしましょう!

大学入試のリスニングを取り巻く状況

ヘッドホンと英語の参考書

過去のセンター試験のリスニングですが,配点としては50点を占めていました。

メインとなる英語の筆記試験が200点満点だったわけですが,センター英語を利用する大学では,リスニングと合計した250点を200点に8割換算し,それをセンター試験英語の得点として用いるのが普通でした。

もちろん筆記試験で8割正解できてもリスニングで7割程度しか取れずに,トータルの成績が8割を切ってしまうことも普通にありました。

しかしそれにもかかわらず,リスニング対策は最後の最後に回され,結局本番までなんの対策もせずに挑むことも普通だったわけです。

というのも,センター試験の英語で高得点を取る戦略としては,とにかく筆記の第4~6問までの長文で各1問ミスまでに抑えられるようにすることが最優先で,その後,第2問や第3問といった文法や文脈問題の対策をするわけで,最後に第1問の発音アクセントをちょっと見ておくくらいになります。

リスニングの対策まで念入りに行えていたのは,浪人生や時間に余裕のある一部の生徒だけに限られていたというわけです。

また,いざリスニングの勉強をしようと思っても,落ち着いてCDを聴ける環境が作りづらいことも敬遠する理由の1つとなっていて,自宅で勉強するのが苦手な受験生も年々増えてきているのもそれに拍車をかけていました。

しかし2021年以降,その戦略が通用することはありません。

共通テストではリスニングとリーディングはどちらも100点満点となり,リスニングが占める割合はこれまでの20%から50%に増えました。

4技能のうちスピーキングは実施が難しいので大丈夫でしょうが,私大でもリスニングを課す大学は増えていくはずです。

 

センター試験のリスニング例

音楽再生プレイヤー

大学入試におけるリスニングはどのような内容になるのでしょうか。

ここでは従来のセンター試験を使って,出題の傾向について簡単に理解しておきましょう。

まず試験時間ですが,リスニング機器のチェックなどが入るために多めに確保される傾向にあります。

センター試験では60分の試験時間がありましたが,実際に解く時間は30分です。

なお,問題は複数の大問から構成されるのが普通で,後に出てくる問題ほど難しくなります。

絶対ではありませんが,徐々に問題に慣れて最後に長文を聴くのが普通の流れです。

配点ですが,センター試験ではすべてが同じ2点でした。

ということは,取れる問題を確実に得点していくことが重要だという結論になります。

質問と選択肢はすべて問題冊子に印刷されていますので,文章の理解力や読むスピードも多少影響するでしょう。

なお,センター試験では原稿は2回読まれていましたが,今後は1回しか読まれなくなります。

まずはこのことを頭に入れておきましょう。

以下は,2017年度のリスニング問題を例として示していますが,問題構成としては毎回大差ありませんでした(共通テストでは大問の数は6つになります)。

第1問

センター英語リスニング第1問

4つほどの会話(25~30語)を聞き,問題冊子に印刷されている質問に答えます。

選択肢には絵や数字が含まれるのが特徴です。

問題は6問ありますが,ここでは瞬時にポイントを把握する力が求められています。

第2問

センター英語リスニング第2問

第2問はこれまた短い対話(3つほどの会話で,15~35語程度)を聞き,対話の最後の発言に対する相手の応答を選びます。

最後の発言は普通の文だったり疑問文だったりしますので,その都度対応しましょう。

問題は7題あり,予想のつかない返答が答えになると難易度が高くなります。

第3問

センター英語リスニング第3問のA

第3問はAとBの2つに分かれています。

Aは3つの対話を聞いて,印刷されている質問に答えるもの。

発話の数は4~8つあるのが普通で,全体として聞く分量は40~60語とやや長めになっていて,1つの対話につき質問は1題です。

一方で第3問のBでは,発話数が9~12つで150語程度の対話を聴くことになります。

結構長めで1つの内容につき,3つの問題が用意されているのが普通です。

その内容ですが,表を完成させたり,対話で話題になっているイラストを完成させたり,図から位置を答えるものなど,年によって違います↓↓

センター英語リスニング第3問のB

対話の場面と問いを予め確認するための時間が与えられるようになったのは2007年度からです。

2017年度では,2人の学生が掲示板のポスターをみながら,どのプログラムに応募するか話しているという場面設定でした。

問題数はAもBも3題ずつの計6問です。

第4問

センター英語リスニング第4問のA

第4問もAとBに分かれていますが,どちらも長めの説明文を聞くことになります。

Aは100語程度の説明を聞いて1つの質問に答える形式で計3題です。

第3問のAと同じですが,より難しくなっています。

センター英語リスニング第4問のB

一方のBは200語ほどの説明文を聞きますが,その1つの会話に対して3つの質問があるので,それに答えます。

こちらも第3問のBに近い形ですが,難しいと感じるのは長さのせいでしょう。

攻略法については,次章で紹介する関先生の講座を観てください。

 

スタディサプリのリスニング対策講座

スタディサプリのリスニング対策講座

スタディサプリにおけるリスニング対策講座ですが,大学入試に用いることができるものとしては,通常のリスニング講座の他,共通テスト対策講座やかつてのセンター試験対策講座のものが利用可能です。

高3トップ&ハイレベル英語リスニング

高3トップ&ハイレベル英語リスニングの授業風景

私大や国公立2次試験対策としては「高3トップ&ハイレベル英語リスニング」を受講してください。

全4講義でディクテーション,短い対話文,長めの対話文,そして評論文のリスニング問題を扱います。

音声変化のような解説から始めて,少しずつ難易度が上がっていき,メモの取り方や先読みのようなテクニックまで身に付けることが可能です。

全部が1時間程度の講義で,かつ20分ごとに休憩が取られるので取り組みやすさには定評があります。

予習は不要で,授業内に問題を解く時間が設けられ,復習用に扱った問題の音声はもちろん,音読とディクテーション用のトレーニングが用意されているので,しっかり取り組めばそれだけの実力が付くはずです↓↓

高3トップ&ハイレベル英語のディクテーショントレーニング

音読トレーニングについては次の共通テスト対策講座を参考にしてください。

共通テスト対策講座 英語リスニング編

共通テスト対策講座英語リスニング編の授業風景

こちらは共通テストの英語リスニングの対策講座です。

まだ実施になっていない段階から実装されましたが,プレテストの内容とこれまでのセンター試験をもとに作成しているのでご安心を。

講義では大問の1から6までを1つずつ扱い,解き方について応用の利く知識を学ぶことができます。

こうして授業を受けていると,根本的な解き方は共通テストになってもそれほど大きく変わらないことがわかってくるかもしれません。

先ほど保留していた音読トレーニングですが,扱った英文がすべて収録され,速度を変えたり,適宜聞き直したりができます↓↓

音読トレーニング

最初何回かは1文ごとに止めて,それまでの文を音読しましょう。

このとき,構文や意味をしっかり考えながら行うことが大切です。

理解できたと感じた文はシャドーイングを行ってください。

意味のまとまりごとに,ナレーターの方が息継ぎや間を取っていることを感じ取れたら最高です。

センター英語対策講座 リスニング編

センター英語対策講座リスニング編の授業風景

こちらはセンター試験英語のリスニング講座です。

問題形式については参考になりませんが,ここで語られる解き方については,共通テストや2次私大試験においても十分通じるものなので,聴く量を増やすためにも積極的に取り入れていきましょう。

扱うテーマは「状況の把握の仕方・狙われる語彙・数字問題・メンタルの力について・読解力が必要な問題」など,センター試験の攻略法のみに絞ったものではありません。

また,これまでに紹介したリスニング対策講座は肘井学先生が担当していましたが,こちらは関正生先生の授業になっているのもメリハリがついて良いと思います。

ただし,コンテンツとしては前に作られたこともあり,トレーニングにディクテーションや音読トレーニングがないことには注意してください。

日常英会話コース

日常英会話コースの会話例

ここまで通常のスタディサプリにある対策講座を紹介してきましたが,いくらリスニング問題の攻略法を知ったとしても,実際に英語が聞きとれないのであれば,高得点は期待できません

リスニングの能力を高めるには,これまでに聞いたことのない未知の音源を聞く練習と,すでに学んだ既習の音源を繰り返し聞く作業の2つが必要になります。

これまでに紹介したものだと,後者を重視したトレーニングに偏りがちです。

理想は年間通して毎日聞くことですから,時間がない受験生でも数分はリスニングするように習慣化したいものです。

そこでおすすめはスタディサプリENGLISHにある日常英会話コースで,Lv.4程度であれば,毎日10分程度の勉強で,英語耳に変えていくことができます(上の画像を参照)。

内容も教科書的でつまらないものではなく,日常的で使える表現ばかりで楽しいですし,通学途中やや勉強の合間にスマホでパッと聞けて,気分転換にも使うことが可能です

ただ残念なことに,この日常英会話コースは,有料コースを利用した際の無料特典としてしか使うことができません

最も安く利用するには「新日常英会話コース」を利用することになるので,実際に体験してから予算と相談してください↓↓

 

まとめ

講演に耳を傾ける聴衆

以上,大学入試のリスニングについて,取り巻く環境や実際の問題例,さらにはスタディサプリにある各種対策講座の紹介でした。

英語の成績に伸び悩んだときは,色々な角度から,英語力を高めていく工夫が必要になります。

特にリスニングは,音が発せられた瞬間からすぐに消えていってしまうものなので,後から前に戻って確認することができません。

英語をただ聞こえた順番で理解していくことしかできないわけです。

しかしよくよく考えてみれば,英文を早く読む際もこれと同じことをしているわけで,基本的には左から右に目線を動かし,その逆は基本的にありません(英語を英語の語順のまま理解しています)。

つまり英語を正確に聴けるようになるということは,英語を早く読めるようになることと同義であり,この逆も然りです。

意外なところに,英語のブレイクスルー(成績急上昇)のきっかけは転がっているかもしれません。

受験生のみなさんは,最後の最後まで諦めず,リスニングの対策も頑張ってください!

これからスタディサプリを使う方は,キャンペーンの利用が可能です。

是非以下の記事をチェックしてから申し込むようにしてください↓↓

-高校生向け講座

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE

おすすめ!令和の学び

学校の校舎 1

ここでは,スタディサイトがおすすめする教育サービスをランキング形式でまとめています。 そもそも当サイトで紹介しているサービスは,どれもが何かしらの魅力を備えていることは確かです。 しかし,その中には万人におすすめしやすい ...

スタディサプリと英検対策本 2

スタディサプリは「小学生から高校生までの授業内容を学べるもの」と,英会話やTOEIC対策に特化した「スタディサプリENGLISH」と呼ばれるサービスの2つに大きく分けられます。 ここで1つ質問ですが,もし身近に実用英語技 ...

blank 3

社会的に「ビジネスエリート」と呼ばれる人には,そう称されるに値するだけの教養が備わっています。 また,それほどまでではないにせよ,外国人と会話する中で自国の歴史について尋ねられた際,何かしらのちゃんとした意見が言えるよう ...

blank 4

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

プログラミング講座のコース紹介 5

今回は,キットやツールを用いたZ会プログラミングシリーズの口コミと料金を中心にまとめてみたいと思います。 LEGO,Scratch,ソニーのKOOVといった有名どころを擁し,通学する必要がない通信教育の形態で学べるところ ...

駿台や河合塾の模試 6

昨今,入試改革やコロナで混乱続きの教育界ですから,誰もができれば現役合格をしたいと思っていることでしょう。 ですが,大学入試においてどうしても妥協できない気持ち,負けたままで終われるものかという情熱に突き動かされては浪人 ...

コナンゼミのトップページ 7

今回は小学館集英社プロダクションの「名探偵コナンゼミ」について取り上げ,そのカリキュラムと料金についてみていくことにします。 通信教育の対象となるのは小学生ですが,中学生や大人でも楽しめるオリジナルアニメや推理ゲームとい ...

ブンブンドリムの教材一覧 8

今回は「ブンブンどりむ」という通信教育を取り上げ,評判と思われる理由について分析してみました。 誰もが感じているとは思いますが,作文をメインに扱った教材というのは非常に珍しいものです。 私自身,作文を習ったのはいつだった ...