勉強法

2020年中学生の勉強法

2020年の教育改革が進行中の昨今ですが,「学校で習う内容や授業のスタイルが変わる」といった理解だけで呑気に構えているようでは,それはまるで,親鳥にエサをもらうのを待っているヒナのように,大変受動的で消極的な態度であると言わざるを得ません(実際のヒナは,生きるために必死に口を大きく開けて親鳥にアピールしているのですが)。

教育改革について,各種教育関連のイベントに参加して自分なりに見えてきたこととしては,『学校の教員が考えてやるべきこと』と『生徒側が自主的に行わなければならないこと』が異なっているということでした。

実際私も塾で,未来ある中学生を指導をする立場でありますので,ここで一度,2020年に向かって,どのような方針で生徒を指導していくのかについてまとめておきたいと思います。

 

 

自宅学習の重要性について

andrewicus / Pixabay

教育改革では,「深い学び」や「アクティブラーニング」などといった言葉がどうしても目立つ傾向にありますが,それはあくまで,学校で教員がどのような指導をしてくれるかを表す単語にすぎません。

それに対して生徒は,先生の指示通りにその場で頑張ることになるわけですが,そのときのパフォーマンスは,各生徒がこれまでに身に付けた知識量に左右されるのは明らかです。

最低限の基礎知識がなければ,思考さえできないわけです。

もちろん,「アクティブラーニング」や「対話的学び」に代表されるように,教育改革で目指す資質や能力は,相手がいるときに発揮されるものであることがほとんどであるため,それを学校でやることは理に適っています。

もし仮に学校の外で仲間が集まって遊ぶとしても,スマホやゲーム機が充実した現在においては,何かについて議論を交わすだとか,ましてや討論じみたことをすることはほとんどないといっても過言ではありません(唯一,恋愛くらいでしょうか。いつの世においても,熱く議論を交わされるテーマであるのは)。

しかしそんなふうに,学校での教育内容が他者とのコミュニケーションを重視することになると,従来の授業で教えていたこと(教科書を読んで,知識を得ること)に割ける時間はもちろん減ります

「そういった詰込み知識が,むしろ害である」という認識の方には,それを是非改めてほしいのですが,教員の間では,「そういった前提となる知識が頭に入っているからこそ,2020年的な深い学びが可能になる」というのが共通認識になっています。

つまり,これらの現状から予想できることとして,これまで学校で教えていた内容は自宅で各自(生徒側)が責任をもって行うべき事柄になり,学校ではそれらの知識を前提とした上で,さらなる発展内容(各教科や分野をまたぐような考え方の獲得や討論など)を扱うというのが,これからの教育改革における基本的な考えだということです。

簡単に情報が手に入るようになった今,時や場所を選ばず効率的に知識を増やすことが可能になっています。

2020年に向かって生きるこれからの中学生は,今の大人が同じくらいの年齢だったときよりも,ずっと多くの知識を身に付けることが期待されているわけです。

確かに,ゲームの操作法一つ取ってみても,ファミコン世代の我々では到底太刀打ちできないような技術を身に付けていますし,アイドルグループのメンバーについても,新譜の情報からプライベートまで,本当によく知っていますよね。

逆に言えば,情報や誘い文句に満ちた世界で,そういった誘惑を断ち切って,自分のすべきことをやらなくてはいけない中学生には同情したくなります。

 

 

中学生は何をどう勉強すべきか

geralt / Pixabay

自宅学習の重要性についてわかっていただいた上で,それでは「中学生が独学で勉強すべきこと」として,どのようなものが考えられるでしょうか。

もちろん全教科における教科書内容の理解こそがすべてなのですが,それはやはり理想で現実的ではないところがあります。

そのため,本章では,高校受験や大学受験,はたまた就職試験に役立つといった目線で,優先すべき内容の方,いくつか挙げてみたいと思います。

 

英語

やはり自宅学習において,もっとも優先したいのは英語です。

特に「話す」や「聞く」機会が学校では増え,英語を英語のままで理解するような教育が行われる中学校もある状況においては,従来の文法中心の受験英語を独学する必要性が高まっているのが皮肉めいた真実です。

高校受験では,英検を取得しておくことで内申点に可算されるところも多いですし,大学受験も含め,偏差値の高い学校に入ろうと思った場合は,英語が得意でないとそもそも勝負になりません

文法に精通しないと手も足も出ない自由英作文(例えば「3文で○○について書け」といったもの)ですが,公立高校の受験では大きな配点を占めますし,MARCHを始めとする上位の大学(特に科目数が少ない私立)では,学校のHPに「英語が得意でないと合格はほぼ不可能です」と書かれていたほどですから。

とにかく,それほどまでに,英語の能力はもはや普通にできる程度では不十分というのは是非とも心に留めておいていただきたいと思います。

さらに,就職時においても,TOEICを始めとする英語の資格や検定試験の結果は高く評価されますし,Webテストにおいても英文読解の問題が出題されますよね。

もちろん会社の昇進においても,英語力は多少なりとも響きます。

ですが,時間のない社会人にとって,英語を入社後に勉強するのは本当に大変です。

記憶力の著しい青年期に英語をできるだけ学んでおくことを,老婆心ながら強くおすすめします。

 

苦手な科目

英語は,得意科目であったとしても,もっと得意にするために勉強するのは大いにありですが,内申点を上げるために必要な勉強法で心がける助言の1つに,「弱点科目をなくす」ことが挙がってくるかと思われます。

つまり,英語以外の科目で平均点に届いていない科目をまずは普通にできるようにすることこそが,効率良く高校受験を突破するための戦略になるというわけです。

大体,内申で2が付いてしまう科目というのは,みんなが知っている基礎的な知識を自分だけが知らずに間違えてしまっている場合がほとんどだったりします。

また,もっと具体的なアドバイスとしては,数学を始め,どの科目も知識の積み重ねが基本になっているので,苦手科目がある場合,その根本的な原因が,実はだいぶ初期の時点にある場合が多いです。

特に,中学の高学年になってから勉強を始めるといったシーンにおいては,中学1年の教科書レベルから始めるというのも,塾でよく採る戦略の1つだといえるでしょう。

特に,後の章で紹介する個別指導やオンラインを用いた学習法では,短期間で中学内容の総復習が可能になるため,ぜひそういったサービスを利用して効率的な学習をおすすめしたいと思います。

 

「読む」力の獲得

最近,自分の心を捉えてやまないのが「読む」力というものの存在です。

これは『教科書に書いてある内容を,その文字通りに理解する能力』なのですが,その詳細については,まだ未知の部分も多いため,具体的な勉強法が確立していないのは事実です。

が,以下のような問題が解けない学生の場合は,同じ教科書を使っていても,吸収できる知識の量が周りよりも低くなってしまうため,他人の指導を仰ぐ勉強法を採用するのが賢明かと思います↓↓

この問題の正答率は,中1で23.5%,中2で30.6%,そして中3でも51.4%と,半数しかできない問題とされていますが,答えの方,わかりましたでしょうか。

正答は①です。

こういった問題ができない子(「読む」力がない子ども)は,教科書をどんなに頑張って読んだとしても,書いてある内容を理解しきれなかったり,誤解したりしてしまいます。

純粋に国語の現代文が全然解けないことも多々あります。

この能力は最近注目されるようになってきたのですが,その影響は,学問分野にとどまらず,マニュアルを読んだり,相手の気持ちを理解することといった,すべての基礎に通じる能力だとも考えられるわけで,見過ごすことができないものであると,個人的には感じています。

 

 

中学生の2020年具体的学習法

geralt / Pixabay

さて,以上のような勉強をする場としては自宅がそれにあたりますが,その基本となるのは独学です。

しかし,中学生を見ていると,参考書をただ闇雲に読むというのはなかなかに苦行のようですし,人に聞くと「なんだこんなに簡単だったのか」と思う経験は,YouTubeのような動画を見ていて誰もが感じることではないでしょうか。

それに,「動画を観る」ということと「スマホを巧みに操作する」ということは,現代の中学生にとっては得意中の得意な分野でもあります。

とはいえ,観るべき動画の質であったり,実際にカバーできる内容の範囲の問題などの観点からみれば,信頼できる質の高い動画を短時間で見つけて視聴しなければいけません。

そのため,2020年の自宅学習の基本は,スタディサプリのような質の高い『オンライン学習』であることが,教育改革を見据えたときに,最も相応しい学習形態の1つではないかと思います。

オンライン教育を利用すれば,何時であっても,場所すら問わず,動画を視聴することが可能となり,短期間で大量の知識を効率的に習得することができるのは明らかな強みでしょう。

もちろん,人との対話という点も考えれば,個別指導に通って,自分に合った学習計画を立ててやってもらうことが理想ですが,このどちらが良いか,または両方を採用するのかなど,お子様の生活リズムに合わせて,最適解が異なるのも事実なので,粘り強く各自に合った勉強法を見つけていただきたいものです。

 

 

まとめ

padrinan / Pixabay

以上が2020年に生きる中学生に向けた勉強法になります。

各章の要点のみを以下にまとめてみると,

教育改革ではますます自宅学習の重要性が増すことになる

独学する価値が高いのは,英語・弱点分野

最低限の「読む」力がない場合,独学は難しい

といった具合です。

 

ICTに関しては,スマホを利用するにとどまらず,PCを使った操作にも慣れておきたいところです。

これは実際の企業で扱うハードが,スマホのようなタッチパネル式ではないことによるもので,実際の企業の方の話においても,期待される能力の1つに挙げられていたほどです。

 

最後になりましたが,こういった学習を可能にするためには,生徒一人一人が目標から逆算して,勉強計画を立てられるようになることと,そのゴールの実現に正しく進んでいるかという他者による判断の2つが必要です。

中学生に身に付けた勉強習慣というのは,意外とその後の人生において何度も採用することにもなる学習法にもなります。

子ども一人一人の自己管理+親の学習管理

この2つの重要な「管理」意識を持ちつつ,長い付き合いとなる独自の勉強法を身に付け,2020年以降の教育改革に向けて頑張っていただきたいと思います。

単なる塾講師一人の意見として,参考にしていただけたら幸いです。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-勉強法

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.