スタディサプリ中学講座の進め方!勉強を習慣にしよう

スタディサプリには高校受験や英検対策に使える講座も含まれていますが,中学生が普段使いで一番お世話になるのは「教科書講座」でしょう。

実際,このような呼ばれ方をしているわけではないのですが,ここでは「中学の教科書に収録されている内容に対応した講座」を意味すると理解してください。

なお,教科書講座は学校で習った範囲を復習するのに役立つことはもちろん,予習段階からも用いることができるため,スタディサプリを使って早い時期から独学することで,周りのライバルに差をつけることができます。

中学からは絶対評価よりも相対評価が用いられることが多くなるため,必ずと言ってよいほど他人との競争が生まれることを前もって知っておいてください。

さて,今回の記事内容ですが,スタディサプリを普段使いする重要性と定期テストの点にこだわる理由を前半部分で解説し,後半で実際の進め方を教科別にみていくことにしましょう。

これから子どもに使わせようと考えている保護者の方や,普段どうやって学校の予復習に使えばよいのかわからないという中学生まで,参考にしていただけたらと思います。

スタディサプリを習慣にする重要性

理科の実験をする中学生

スタディサプリを使って習慣的に勉強することの重要性を理解するためには,現在の中学生が直面している問題について知らなければなりません。

以前,渋谷区の学校でスタディサプリを利用したら勉強ができない子の成績が上がったというデータについて紹介しましたが,普段勉強をしていないからできない子どもがほとんどでした↓

逆に考えればやればできるということに他ならないわけですから,問題はそれほど根深いようには見えません。

ですが,上の「していない」には「やれない」も含まれています。

これはつまり,子どもがいざ勉強をしようと思い立っても一体何から始めればよいのかがわからず,学校の授業にすでに遅れを取ってしまっている場合には,わかっていない単元を扱う教科書探しから始めなければならないことも往々にしてあるわけです。

もちろん,わからないところが「一次関数(2)」とか「動名詞(2)」とかになっていれば,(1)を探せばよいだけなので見つけやすいでしょうが,それはむしろ少数派で,多くの場合,なかなかに厳しい状況だと思われます。

といったわけで,この時点で心が折れてしまい「もうやーめた」と諦めてしまう中学生が多いわけですが,もしそこで踏みとどまって教科書を開いたとしても,ほぼ初めて聞くような内容を教師の助けもなく1から理解しないとならないわけです。

結局,時間をかけても勉強が進まないことに絶望し,「やったのにできない」という嫌な経験だけが記憶に刻まれます。

これが苦手意識となって,その後の人生にずっと負の影響を与え続けることについては英語を例に紹介しました↓

ところで,教科書とは本来,誰にでもわかる内容だからこそみんなが読むべき本となって世の中に出てきているわけです。

ハリーポッターに出てくるような,選ばれた生徒しかわからない魔導書などは決して教科書には選ばれません。

少なくとも,誰かできる人に教えてもらえば,どの教科も理解できる内容なのです。

しかし,変な先生が担任になったために意欲が低下してしまったり,他の面白いことに気を取られてしまったりすると,学ぶべきタイミングを逃してしまうことになります。

特に英語と数学では顕著なのですが,積み重ねが物を言う教科だと,一旦遅れを取ってしまえば学校はそれをフォローしてくれません

これは,集団授業ならではの弊害だと言うことができます。

最近では補講も行われていますが,これも雀の涙程度の効果しかなく,中3の内申点が決まる重要なテストで,もしテスト範囲を「これまでに習った全範囲から」と指定されてしまった日には,もはやどれだけ頑張ろうとも自分一人の力では太刀打ちできないでしょう。

ここでオンライン教育の話になるわけですが,短期間に集中して遅れを一気に取り戻せてしまうところが強みです。

特にスタディサプリが優れているのは万単位の解説動画が自由に利用できるところで,さらに一流の予備校講師が教えてくれることになるわけですから,簡単に理解ができます。

あらゆる学年の授業が視聴できるため,中1内容にまで戻って一からやり直すもよし,途中で疲れたらそのまま画面を閉じて休憩することもできてしまう他,講師オリジナルのテキストも利用可能です。

そしてこれを逆手に取れば,「ウサギとカメ」に出てくるウサギのように大きく抜け出してしまうことだって可能になってしまいます。

実際,中2の夏休みを使って一気に中学範囲を終わらせてしまった生徒もいるくらいです。

もっとも彼の場合,有名大学の附属高校に入学したため,大学には内部推薦を利用すればよいわけなので「この先社会人になるまで一切勉強することはないだろう」とまで開き直ってしまいましたが,それくらいの爆発力を秘めているサービスであることは間違いありません。

大逃げしたウサギの行く末がどんな結末であろうと,今この瞬間だけでも勉強することに大きな価値があるわけですから,安心してスタディサプリを普段の習慣の1つに組み込んでほしいと思います。

実際,上の彼も「人生においてあれほど勉強したことはなかった」と振り返って語るくらいですし,なんだかんだで当時の経験が現在の自信につながっているのは明らかです。

なお,受験まで残り1年を切った中3生で,のんきに小学生レベルにまで戻ってやり直している時間はないという方は,個別指導コースを真っ先に検討してください↓

この場合のイメージは,カメよりもずっと後ろからのスタート地点から無理やりにでも走らさせられて,ギリギリで交わす追い込み型のウサギを演じることになります。

 

 

定期テストの点にこだわるべき理由

テストで満点を取った中学生

スタディサプリで勉強を習慣化するには,定期テストの点数に目を向けるようにしましょう。

中学生の学力を測るツールとして,英検や数検などの検定試験や各種模試も知られますが,定期テストに関しては同学年の生徒全員が必ず受ける,最も身近なものです。

テスト結果が配られるたびに,いちいち「お前何点だった?」などと尋ねられ,テストの出来が周りからの評価に大きく関わってくるわけですから,これに勝る影響力を持つ試験は他にないように思います。

評定にこだわる中3生はもちろん,1年生や2年生であっても,定期テストで良い点を取れたという経験は「その教科が好き」という感情を生み,実際の高校入試でも大きな武器となることはいつの時代も変わりません。

私は15年以上,個別指導の塾で中学生に勉強を教えてきましたが,中1生の1学期最初にある中間試験は最も重要視しているテストの1つです。

その理由は,その後3年間にわたる中学生活のやる気を左右するからです。

中学生というのは大変純粋で素直な時間を生きているので,良い点を取って「自分はやればできる人間なんだ」という自信が芽生えれば,「もっと頑張ろう。この順位を絶対に維持しよう」などと,若い力を発揮しては長期間頑張ってくれます。

しかもその影響は勉強だけにとどまりません。

部活や行事といったあらゆる事柄に対するやる気をも引き起こしてくれるため,親の期待以上の成長を遂げてくれることも多いのが興味深いところです。

もちろん,定期テストの結果は内申点に影響します。

これは特に女子に当てはまるのですが,男子と比べると入試本番で逆転できるケースが少ないです。

これが体力的なものから来ているのかそれ以外の理由によるのか,詳しい理由についてはわかりませんが,希望する高校に合格できた女子の学力推移というのは,そのほとんどが「先行逃げ切り型」の成長曲線となります(無論,男子も内申点が高いに越したことはありません)。

余裕がある状態で本番に臨めるため,緊張から大問1つ丸々落としたとしても,それでやっと内申点のアドバンテージが消えてなくなる程度です。

もしもその女の子に得意科目が1つでもあれば,まずその差は埋まりません。

ついでに一つ忠告しておきますと,内申点が多少足りない状態で本番の逆転に賭けた勝負に出たい気持ちはわからなくはありませんが,受験戦争における本当の勝負は高校入試ではありません。

高校よりも大学でどこに入るかの方が大事だということは忘れないでください。

高校受験段階においては,無理してチャレンジ校に挑んだ結果,惜しくも不合格になり,中高一貫の私立高校に3年間だけ在籍する羽目になっては,アウェー感が漂う中途半端な教育に多額の費用を支払うリスクは避けたいところです。

高校から新しく募集のある,実力より1ランク,最近だと2ランク下の公立を堅実に選ぶ家庭も多いことは覚えておきましょう。

就職先という,その後40年の人生を決める大学入試が3年先に控えています。

前置きが長くなりましたが,次章からスタディサプリ中学講座の進め方について具体的にみていきましょう!

 

 

スタディサプリ中学講座の基本的な進め方

スタサプ中学講座の種類

スタディサプリ中学講座には,大きく分けて3つの講座があります↓

  1. 教科書内容に対応した講座
  2. 定期テストに対応した講座
  3. 高校受験に対応した講座

このうち,1を教科書講座と呼ぶことについてはすでに触れましたが,2つ目は定期テスト講座,3つ目は高校受験講座と仮に呼ぶことにしましょう。

なお,2022年の春以降,ベーシックコースのデザインや講座内容がリニューアルした関係で,今はそれ以前の講座とが色々混合して複雑になってしまっている状況です。

それぞれに含まれる講座について簡単にまとめてみたので参考にしてください(赤字で示したものはリニューアル前のアプリに含まれます)↓

教科書講座

基礎講座に分類される。英・数・国・理・社すべての講座に存在し,教科書の基礎から応用レベルまでを扱う。

例:中1英語(共通版),中学社会公民(東京書籍)など

定期テスト講座

中学校の定期テスト対策に使える復習用講座。試験の2~3週間前に使う。内容は教科書講座に出てきたものと同じだが,編集方法が異なる。

例:定期テスト厳選予想問題,徹底暗記マスター,定期テスト対策講座

高校受験講座

高校受験に役立つ内容。英語を除き,中3の夏以降の基礎固めが終わった時期から使う。教科書の応用レベル以上のものから成る。

例:英語リスニング,英語リーディング(2022年4月リリース),数学受験対策(2022年7月リリース),英語受験対策(2022年9月リリース),改訂前中3英語応用,過去問対策講座

リニューアル前との違いとしては,

  • 学習時間や日数の表示
  • ミッション機能や反復演習機能の追加
  • デザイン変更と中学講座アプリの独立
  • 問題の質や量の改善

といった点が主に挙げられます。

中学講座アプリが独立した結果,講義数が変更されたり,講座選択に表示される講義が制限されるなどしましたが,ミッション機能を使うことで,基本的には簡単に独学できるようになりました↓

スタディサプリ中学講座のリニューアル版のトップページ

ただし,一気に学習する使い方をする場合,ミッションをこなしていくだけでは時間を持て余してしまうでしょう。

毎週月曜日のタイミングで内容が更新され,英語・英語リスニング・数学・理科・地理・歴史・公民・国語ごとに1つずつ追加されるミッションは,ベーシックコースで学ぶ生徒が無理ないペースで学習する際の道しるべの1つでしかありません。

もちろん,勉強習慣が身に付いていない中学生であれば,とにかくミッションをこなすことだけを守ることをルール化することで,さぼったり迷うことなく勉強していけるのは確かです。

とはいえ,ミッションを早くやり終えてしまったら後は何もしなくてもよいわけではありませんし,ミッションにはリニューアル前のアプリの講座は表示されてきません。

後者に関しては,上位版である個別指導コースの生徒はリニューアル前のアプリのみを使って学ぶことになるわけですから,たとえベーシックコースの学習者であっても,次章に示した内容に精通しておくことは重要でしょう。

 

 

スタディサプリ中学講座を科目別に進める方法

ここからは,スタディサプリの中学講座について,リニューアル前の講座も用いながら英語・数学・国語・理科・社会の使い方を個別にみていきたいと思います。

中学英語の場合

まずは中学英語からですが,その魅力は,

  • 予習が不要
  • 文法対策が充実している

ところでしょう。

板書内容はほとんどテキストに印刷されているため,ノートはほとんど取る必要がありません。

講義の内容を理解することに集中してください↓

中学英語の文法講義

なお,定期テストで多少なりとも狙われる単語や本文内容に関しては,別に講座が設けられます。

とはいえ,語句や重要表現のリストがテキストにまとめられているわけではないので,こちらに関しては学校のワークも併用して取り組むようにしなければなりません。

発音が聴けることの他,リニューアル後はスペルチェックの問題も追加された点は良かったのですが,本文内容については注意すべき文の解説のみがあるだけで音読はなく,必要最低限の内容です。

テストまで1週間を切ったら,ワークを使った学習を念入りに行いましょう。

なお,対応している教科書は以下の通りです↓

NEW HORIZON(東京書籍),SUNSHINE(開隆堂),NEW CROWN(三省堂),ONE WORLD(教育出版),Here We Go!(光村図書),BLUE SKY(啓林館)

なお,実際の講座内容については,定期テスト対策で有名な教科書トレーニングと比較しながら詳しく述べています。

興味がある方は以下の記事をどうぞ↓

 

中学数学の場合

中学数学も英語同様,教科書別の動画が用意されています。

リニューアル前の講座では各講座ページに「紹介動画」があるので,まず最初に確認してみてください(動画の進め方などが説明されます)。

特にスタディサプリが便利だと感じるのが,問題を解く際などに動画を一時停止できる点でしょう。

塾に通った方であれば嫌でも経験するのですが,授業時間に演習する時間が含まれていることが多く,実際の授業時間のうち講義が行われている時間は思っている以上に少ないものです。

5分に満たない動画ですが,演習するための時間などは含まれていないので,得られる情報量は,塾で10分間学んだときよりも多くなるかもしれません。

他にもハイライトの使い分けや,中学生を大いに意識した語り口など,ベテランらしい工夫を凝らした授業が展開されます↓

スタサプ中学数学の板書

さすが実力講師陣の面々です。

中学数学には,つまづきやすいポイントがいくつか存在しており,例えば,

  • 文字の扱い
  • 関数
  • 証明

は,数学を嫌いになってしまうかどうかの運命を決める分岐点になりがちです。

これらが理解できないまま定期テストを迎えてしまうと,数学に苦手意識が芽生えてしまうことに繋がりかねないので念入りに復習してください。

塾で保護者の方と面談する際に話すとよく驚かれるのですが,できない生徒こそ予習をするのが効果的です。

先にスタディサプリである程度学んでおき,学校で同じ範囲の授業を受け直すことで,より説明が頭に入ってきやすくなります。

学校の授業が良いタイミングでの復習になるわけです。

対応している教科書は以下でご確認ください↓

未来へひろがる数学(啓林館),新しい数学(東京書籍),中学校数学(学校図書),数学の世界(大日本図書),中学数学(日本文教出版・教育出版),これからの数学(数研出版)

長期休暇や休日を利用して,是非ともスタディサプリで予習してから学校の授業に臨んでいただけたらと思います。

中学範囲を短期間で学び終える方法については以下の記事をどうぞ↓

 

中学国語の場合

「今している勉強が社会に出てから一体何の役に立つんだ」という疑問は,たまに中学生から投げかけられることもありますが,欧米人のものの見方(英語)や物事を数値化して分析できる力(数学)など,「各教科の特性を生かした新しい視点が獲得できる」というのが1つの答えです。

中1国語担当の今中陽子先生がおっしゃるように,会話や行動そして状況から,物事を多面的に見られる人になりましょう!

国語で身に付く論理の力は,日本語で読むことを必要とするあらゆるものに影響してくるため,社会でも大変に役立つ能力です。

細かい言い回しに対する反応も変わってきますし,例えば英語を日本語に訳した時の理解力の深さにも影響します(国語ができるようになると英語ができるようになります)。

英語や数学と異なり,文章を前もって読んでおくこと(予習)が必要です。

講義では本文の解説が行われ,復習はその内容に基づいた確認テストを解くことになります↓

スタディサプリ中学国語の講義

通常,国語では何度も同じ問題を解き直したり文章を読み返す必要はないとされますが,スタディサプリの中学国語では,復習が問題を解くこととイコールになっている点がユニークです。

その他,本文に出てきた重要語句の確認があったり,文法の解説もありました。

同じ文章を題材にしていても,教える先生によって理解のしやすさが全く異なる場合があります。

また,どちらか1人が絶対というわけでもなく,ここは中学の先生の方がわかりやすいけど,こっちはスタディサプリの先生の説明の方がわかりやすかったなんてことも起こり得るでしょう。

より理解しやすい方を採用していけばOKです。

ただし対応している教科書は,

国語(光村図書)

のみとなっており,それ以外の教科書を使っている方は,共通版を用いて文法知識を固めていくことができます↓

 

中学理科の場合

スタディサプリ中学講座では,2021年度から理科や社会といった主要3科目以外の科目についても,教科書別の講座が用意されるようになりました

対応している教科書は以下の通りです↓

新しい科学(東京書籍),未来へひろがるサイエンス(啓林館),理科の世界(大日本図書),中学校科学(学校図書),自然の探求中学理科(教育出版)

中学理科の特徴として,他の教科より図やイラストが豊富な点が挙げられます↓

中学理科の講義

中学受験でも理社はそこまで難易度的に高くなりませんし,気分転換にもなるはずです。

化学と地学は佐川大三先生,物理は五十嵐美樹先生,生物は藤白りり先生と,3人の先生が登場するのも賑やかで良いと思います。

とはいえ,テキストは要点をコンパクトにまとめているので,一問一答式ではないですが簡単に理解が深まります↓

スタディサプリ中学理科のテキスト内容

赤字部分を中心に用語を暗記して,確認テストもしっかり解くようにしてください。

ちなみにですが,個別指導の塾に通ったとしても,理社の対策が完璧にしてもらえるわけではありません。

科目ごとに専属の先生が用意されているところならまだしも,基本,塾では主要科目以外はあまり重視しないので,理科と社会だけをスタディサプリで独学する中学生も多いです。

さらに言うと,理科や社会はたとえ公立のトップ校を受験する場合においても,自校作成問題ではなく他の公立と同じ共通問題として出題されることもあって,特別深い知識は求められません。

その分,高得点が前提の勝負となりますので,ライバルができる問題を確実に正解できる状態を目指しましょう。

理社のような暗記科目は直前に短期間で集中して完成させるのが一般的ですが,「一度覚えたことを思い出す作業」と「覚えていない知識を一から暗記していくこと」では大変さの程度が異なります。

これが,普段から勉強していることの強みでもあるわけですが,テスト前に必死に覚えた経験は,たとえその後忘れてしまうことになっても,再び学び直したときにはより速くそして確実に,埋もれた記憶の中から呼び起こされることでしょう。

まるでワクチンを打ったときのように,その効果については後になって発揮されるのです↓

 

中学社会の場合

スタディサプリの中学社会においては,地理と歴史と公民の動画が教科書別に用意されています。

担当はおなじみの伊藤賀一先生で,対応教科書の出版社は以下の通りです↓

東京書籍,帝国書院,教育出版,日本文教出版,山川出版社(歴史のみ),育鵬社(歴史と公民のみ)

地理も歴史も公民においてもほとんどの教科と勉強の進め方は同じで,予習は不要です。

なお,理科でもそうでしたが,テキストには赤シートで消えそうな感じで書いてありますが,少なくともアプリやPDFで表示される赤文字は消えなかったのでご注意ください↓

スタディサプリのテキスト文字と赤シートを置いた際の消え具合

復習する際は何度もテキストを見直して,確認テストを解くことを忘れないようにしましょう(ここを省いてしまう人が多いので注意です)。

授業自体はますます気軽に受けられるようになったので,勉強が苦手だと思う中学生はテスト前に理社を頑張るようにすると,比較的簡単に良い点が取れると思います。

なお,社会の定期テストにおいては,時事的なニュースについて書かされることがあったりしますので,そういった中学独自の評価基準については,試験前に配られる試験範囲表をよく読むことを忘れずに。

多文化の理解は自国文化の理解にも通じますし,ビジネスの世界で成功しようと思った際に必要となる知識が「社会」という科目には多く含まれています。

ニュースを聞く際にも役立つ知識なので,中学生のうちからしっかり学んでおきましょう↓

 

 

まとめ

STUDYのアルファベット

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

本記事の最後に,学校の授業とスタディサプリをどのように両立していけばいいかについて,再度まとめてみたいと思います。

学習の手順としては,以下の方法で進めるのがおすすめです↓

  1. 学校の授業が始まる前に教科書講座を使って予習する
  2. 学校の授業を復習代わりに利用する
  3. テスト前は定期テスト講座と学校のワークで見直す

先述したように,1は春休みや夏休みといった長期休暇中に行うのが一番楽だと思います。

また,苦手な科目ほど予習すべき理由としては,学校の授業が復習代わりになり,集中して授業に臨めるようになるからです。

思わぬ副作用として,授業態度が良くなり先生の評価が高くなるかもしれませんし,ワークなどの提出課題も空欄を残さずしっかり埋めて提出できるようになります。

定期テスト対策と言うと,筆記試験の方がすぐ頭に浮かぶかもしれませんが,実際の勝負は授業が始まったときから進行中であることはお忘れなく。

宿題の提出や授業態度など,すでに採点されていますからね。

3についてですが,特に3学期では授業で習ってから定期テストまでの期間が長いため,初めの方で学習した内容を試験前にはすっかり忘れてしまっていることが考えられます。

そんなとき,スタディサプリの定期テスト対策講座を使って,もう一度問題の解き方を総復習することで,教科書の章末問題や学校のワークの問題演習にすんなりと入っていくことが可能です。

また,これまでに説明したのはすべて定期試験に関するものでしたが,間接的には高校受験にも役立つことになります。

本記事を終わるにあたって,定期テストの評定に関して言っておきたいことがあるのですが,それは,評定を1上げることすら大変という事実です。

「中学1~2年生の成績は内申点に関係ないから」と油断している生徒もいますが,中1の成績はその後の学生生活への影響力が大きいですし,中2のときの評定がオール3だった生徒が中3になってから突然オール5になるようなことは通常起こりえません。

中学の先生の立場的にも,これまで勉強態度が優れなかった生徒が突然頑張ったとしても気持ちの良いものではなく,成績が4と5のボーダーに乗っかってきた場合,評価は4にされることが多いような気がしています。

これは私の勝手な推測になりますが,中学教員の生徒に対する好き嫌いも評定に関わっていると感じざるを得ないことも多いです。

例えば,同じ内容を書いた課題を提出していても,担当教員に好かれている生徒と嫌われている生徒で評価が異なっていました。

周りがみんな頑張っている中で,自分の成績だけがそれ以上に伸びることも考えにくく,「基本的に中2の順位のままで中3の成績が付く」くらいで考えていてもよいかもしれません。

教育改革の方針をみると,普段の頑張りがより評価されるようになり,一瞬だけ良い点を取ったことによる大逆転はますます起こりにくくなりそうです。

といったわけで,後になって絶望的な状況に陥らないよう,令和時代を生きる中学生は,学校の定期テストの成績に是非ともこだわっていきましょう

スタディサプリのような新しい技術をうまく使いこなし,自分の生活にあった効率の良い勉強習慣を身に付けていくことが求められる時代が来たのかもしれません。

是非,次回の定期テストに向けて使ってみてください↓

無料体験はこちら キャンペーン

-中学生向け講座

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!