スタディサプリ

スタディサプリ中学講座で評判!公立高校の過去問ダウンロード機能!

スタディサプリの中学講座が評判の理由の1つに,公立高校の過去問ダウンロード機能が挙げられます。

入試をいよいよ意識するようになる秋頃になると,中学生は公立高校の入試問題を解き始めることになりますが,その時,自分が受ける予定の県ではなく,"他県の"過去問から解いてみることは塾でよくやっているテクニックの1つです。

そんなとき,スタディサプリ中学講座の会員であれば,今回紹介する手順で,あらゆる県の公立高校の過去問題をダウンロードできる評判のサービスが利用できます。

以下の記事では,そんなスタディサプリの中学講座を使っている方が,過去問をどのようにダウンロードするのか,その利用方法を解説するとともに,ダウンロードサービスの評判についてレビューしていくことにしましょう!

 

 

公立高校入試問題ダウンロード機能の評判と利用法

スタディサプリの中学講座を使っている方の多くは,ハイレベルな公立高校を目標にする方が多く,夏休みに一気に集中して勉強し,ある程度,勉強の下地を固めてしまう優秀な中学生も多いようです。

そうなってくると,模試や過去問で,夏の成果を早速確かめてみたくなるもの。

そういったやる気ある中学生の要望に応えてくれると評判なのが,スタディサプリの,

公立高校入試問題ダウンロード

という機能なんですね。

 

2019年4月から利用方法が変わりましたが,約5年分の入試を分析し,演習問題が作られており,フルサイズで2年分の問題と解説動画が利用できるようになっています。

ここでは,例として『北海道公立高校の英語過去問』をダウンロードしてみましょう(PCの画面で説明します)!

まずは上部に見えている講座一覧を選択し(①),中学3年生の講座にしましょう(②)。

 

中学3年生の講座にある,『○○【高校受験】』という講座で過去問のダウンロードが可能です(○○には,英語・数学などの教科名が入ります)。

今回は英語なので,『英語【高校受験】』を選択しましょう。

北海道の過去問は一番上にあります。

以下画像に見える赤矢印の先をクリックしてください↓↓

 

すると,以下のような画面が開くはずです↓↓

 

上記画面の一番下に2年分の過去問が確認できますので,どちらかを選択します↓↓

 

お疲れさまでした。その先のページで,テキストダウンロードができます↓↓

 

もちろんこんなふうに,自宅のプリンターを使って印刷できるのが嬉しいと好評です↓↓

それでは,次の章で,この機能の評判についてみていきましょう。

 

 

スタディサプリの過去問ダウンロード機能の評判

47都道府県のあらゆる公立高校の過去問2年分+αが無料でダウンロードできてしまうだけでも,評判の理由としては十分ですが,スタディサプリのダウンロード機能を利用するメリットはそれだけではありません!!

実は,先ほどの画面左にあった『ビデオチャプター』を押すと,このようにその年の過去問の詳しい解説の動画を観ることができてしまうんです↓↓

 

しかも!!

この傾向は,都道府県別ごとに合わせて作っていますので,1県ごとに内容が異なるという熱の入りよう。

 

さらには,もう一つ前の最初のページに戻ると,単元別・難易度別に演習することができます。

こちらは,県ごとのものではないので,『英語【高校受験】講座』間で共通ですがこちらで演習を積んでおくと,先ほどダウンロードされた過去問を解く際にもやりやすいのではないでしょうか。

受験対策講座の使い方については,スタディサプリに書かれているものを引用しておきますのでご確認ください。

本講座は○○(都道府県名)の入試傾向にあわせた公立高校受験の演習講座です。5か年の○○の入試を分析し,学習すべき分野や単元を入試問題で演習できます。問題は難易度別にSTEP1~3の3つにわかれています。難関校を目指す方はSTEP3までの学習を,それ以外の方はSTEP1,2までの学習がおススメです。「問題を解く」→「間違えたSTEPのみ解説を見る」→「解き直す」の順で学習を進めましょう(スタディサプリの講座説明欄より引用)。

 

通常講座において教科書別に対応した講義動画が用意されているところにも感じ取れることなのですが,スタディサプリでは,教材の1つ1つが,中学生1人1人のニーズに合わせて,細やかに対応できるような内容になっています。

こういった配慮が,スタディサプリの確かな評判につながっているのだと思いますね。

 

 

公立高校過去問ダウンロードサービスのまとめ

rawpixel / Pixabay

以上,スタディサプリ中学講座における,公立高校過去問のダウンロード機能についての利用法と評判についてでした。

今回の評判についてまとめると,

・47都道府県すべての過去問2年間分がダウンロードし放題で量的に十分だという評判

・例年6月の中旬頃に過去問は市販されるが,それ以前に対策し始めることが可能になるという評価

・市販本1冊あたりの料金は1000円以上(1県の問題だけで)するので,圧倒的に安いという口コミ

・傾向と対策を読むことで,集中すべき分野が明らかになり戦略を立てやすいという評判

が目を惹きます。

 

公立高校の入試は私立とは異なり,試験範囲は教科書内容までと決まっています。

例え,都内の自校作成高校を受ける場合であっても,まずは公立高校の問題が解けるようになることを秋の目標に設定することは,どんな生徒を指導していても変わりありません(理社にいたっては共通問題ですし)。

公立高校を受験する中学生は,まずはなるべく多くの公立高校の過去問を解き,合格点をコンスタントに取れる状態にすることが急務となります。

今回の過去問ダウンロードサービスについては会員限定のサービスですので,是非,月額980円のスタディサプリの機能を最大限に利用して,公立高校の合格を確かなものにしていただきたいと思います↓↓

その他,スタディサプリの機能や評判については以下のまとめをご覧ください↓↓

スタディサプリの評判と利用法の一覧はこちら

-スタディサプリ
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.