スタディサプリ

過去問をダウンロード!スタディサプリ高校受験講座の使い方!

スタディサプリの中学講座の評判な使い方の1つに,公立高校の過去問を自由にダウンロードして使えることが挙げられます。

入試を意識するようになる秋頃になると,中学生は公立高校の入試問題をいよいよ解き始めることになりますが,その時,自分が受ける予定の県からではなく,"他県の"過去問から解いてみることは私が塾でよく使っているテクニックです。

スタディサプリ中学講座の有料会員であれば,今回紹介するような手順で,あらゆる県の公立高校の過去問題をダウンロードできるサービスが利用できます。

今回の記事では,そんなスタディサプリの中学講座を使っている方が過去問をどのようにダウンロードするのか,その利用方法を解説するとともに,高校受験講座全体の使い方について紹介していくことにしましょう!

 

 

公立高校入試問題をダウンロードする方法

スタディサプリで公立高校入試問題をダウンロードする方法

スタディサプリの中学講座を使っている方の多くはハイレベルな公立高校を目標にしていて,夏休みに一気に集中して勉強し,ある程度勉強の土台を作ってしまう優秀な中学生も多いようです。

そうなってくると,模試や過去問で,夏の成果を早速確かめてみたくなるもの。

そして,そんなやる気ある中学生の要望に応えてくれると評判なのが,スタディサプリの,

公立高校入試問題ダウンロード(47都道府県対応)

という機能なんですね。

2019年4月から利用方法が変わりましたが,約5年分の入試を分析して演習問題が作られており,フルサイズで3年分の問題と解説動画が利用できる点は変わっていません。

ここでは例として『北海道公立高校の英語過去問』をダウンロードしてみましょう(PCの画面を用いて説明します)。

まずは上部に見えている講座一覧を選択し(①),中学3年生の講座にしましょう(②)。

 

中学3年生の講座にある,『○○【高校受験】』という講座で過去問のダウンロードが可能です(○○には,英語・数学などの教科名が入ります)。

今回は英語なので,『英語【高校受験】』を選択しましょう。

北海道の過去問は一番上にあります。

以下の画像に見える赤矢印の先をクリックしてください↓↓

 

すると,以下のような画面が開くはずです↓↓

 

画面の一番下に3年分の過去問が確認できるはずですので,好きな年度のものを選択してください↓↓

北海道公立高校の過去問をダウンロードする方法

 

その先のページで,テキストのダウンロードができます↓↓

過去問ダウンロードの最終プロセス

 

PDFなので,自宅のプリンターを使って印刷できるのが嬉しいですよね↓↓

問題と解答だけでなく,リスニングの音源も聴けたり解説や全訳も確認できるところが素晴らしいです。

 

 

スタディサプリの高校受験講座の使い方

上記手順で過去問をダウンロードできたあとはどうすればよいのでしょう?

ここではスタディサプリ高校受験講座の使い方について説明します。

①問題を解く

まずは問題を解いてください。

解答用紙はありませんので,ルーズリーフやノートに答えを書きましょう。

時間を測らずにやる方法もありますが,ここでみなさまにお伝えできるものとしては,

とりあえずは時間制限通りに解いてみて,終わらなかったものはそれがわかる形で(例えば青ペンで以降の答えを書くなどして)全問解く

のがベストだと思います。

 

②丸付けをする

丸付けは必ずしてくださいね。

あまり採点に時間をかけたくないので,得点は割合で計算してしまって構いません(30/40なら75点など)が,気になる人はこちらを利用すると良いでしょう。

 

③解説動画を観て解きなおす

PDFのダウンロードページ左にあった『ビデオチャプター』を押すと,このようにその年の過去問の詳しい解説の動画を観ることができてしまいます↓↓

しかもこれらの動画は,都道府県別に作っているので1県ごとに内容が異なるという熱の入りようです。

解説を聞いて納得したら,一度と言わず何度も間違えた問題を見直しましょうね。

 

以上の①~③の手順を終えたら,今度は別の年度もしくは高校の過去問をダウンロードして同じことを繰り返しますが,時間無制限で解いた際の過去問の出来が極めて悪かった方は,次の④や⑤の手順に進んでください。

 

④単元別に演習する

学習進捗状況が確認できる最初のページに戻ると,単元別に演習を積むことができます。

  • 英文法・語彙
  • 長文読解
  • 英作文
  • リスニング

といった単元ごとに色々な高校の入試問題がまとめられているので,実際に解いて基礎力を応用力へと変えていきましょう(この学習コンテンツは都道府県別のものではなく共通です)。

問題の難易度は3段階に分かれているので,

  • 難関校志望者→STEP3まで解く
  • 中堅高校まで→STEP2まで解く

といったふうに使い分けることができます。

とはいえ一体どの学校が中堅なのかという話にもなりますので,とりあえずSTEP2までやってみて,全部復習して完璧になった段階でさらに余裕がある単元(または科目)においてのみ,STEP3に挑戦してみる使い方を勧めます。

あくまでみんなが解ける問題を落とさないのが受験の基本ですので,苦手科目や単元がある場合はそちらに時間を割いてください。

 

⑤基礎に戻る

最近スタディサプリを始めた方で④の演習問題に全く歯が立たないようであれば,通常講座で基礎力を固め直す手段も大いに考えられます。

その際は,「中1~3英語(基礎)」などの通常講座を急ピッチでやり直してください。

 

 

まとめ

rawpixel / Pixabay

以上,スタディサプリの中学講座から,高校受験講座の使い方を過去問のダウンロード機能とともに紹介してきました。

今回見てきた中で,特に評判なのは,

  • 47都道府県すべての過去問3年分がダウンロードし放題で量的に十分
  • 例年6月の中旬頃に過去問は市販されるが,それ以前から対策し始めることも可能
  • 市販本1冊あたりの料金は1000円以上(1県の問題だけで)するので,圧倒的に安い
  • 過去問の出来に応じて応用に進むのか基礎に立ち戻るか判断できる

といった点でしょう。

公立高校や普通の私立高校(難関校除く)であれば,試験範囲は教科書内容までと決まっています。

それに,もしも自校作成高校を受ける場合であっても,まずは公立高校の問題が解けるようになることを目標に設定することは,どんな生徒を指導していても変わりありません(理社にいたっては共通問題ですし)。

公立高校を受験する中学生は,まずはなるべく多くの公立高校の過去問を解き,合格点をコンスタントに取れる状態にすることを目指してください。

今回の過去問ダウンロードサービスについては会員限定のサービスですので,是非,月額980円のスタディサプリの機能を最大限に利用して,公立高校の合格を確かなものにしていただきたいと思います↓↓

 

無料体験はこちら

 

今回紹介した以外の使い方については,以下の記事を参考にしてください。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.