スタディサプリのミッション機能!その上手な使い方は

今回ですが,「スタディサプリのミッション機能」についてみていきたいと思います。

中学講座のアプリが新しくなった際に導入され,その機能について簡単に言えば,今どんな学習をすべきかを自動で提示してくれるわけですが,どのような使い方ができるのでしょうか。

まずはミッション機能の概要や設定から始め,上手な使い方について考えてみましょう!

スタディサプリのミッション機能とは

スタディサプリの今週のミッション

スタディサプリのミッション機能は,2022年2月21日に中学講座がリニューアルした際に導入されたもので,最初は新旧混ざった状態でしたが,同年の4月1日以降,完全に移行しました。

とはいえ,本機能は小学講座や高校講座には未実装で,あくまで中学講座のみで利用できる機能であることにご注意ください。

なお,この場合の「ミッション」とは「使命;重要な任務」を指しますが,スタサプ生の場合だと「やるべき勉強課題」に相当します。

スタディサプリのミッション機能では,ユーザーの進度や学習記録を基にして,AIが今やるべき学習を自動で提示してきてくれるものです。

逆に言えば,担当コーチが個別にスケジュールを管理してくれる個別指導コースの利用者は使うことはありません(小学・高校講座のページを利用するように指示があるはずです)↓

毎週月曜日になるとミッションは新しくなり,週末までにそれらをこなしていくことになりますが,日曜日になっても終わらなかったミッションに関しては,次週に引き継がれることはなく,あくまで未達成のまま終了することとなり,翌日の月曜日になればまた新しいミッションが提示されてきます。

詳しくは後述しますが,学習のペースメーカーとして利用するのがベストな使い方でしょう。

なお,ミッションは基本的に,指定された数のレッスンを受けることで達成することができますが,一度学んだレッスンを再度解き直してもカウントされません。

 

 

ミッション機能の設定方法

スタディサプリ中学講座のプロフィール編集画面

スタディサプリのミッション機能を実際に使い始めるにあたって,まずは現在の状況を正しく設定するところから始めましょう!

まずは学年が正しく設定されていることを確認し,続けて教科書の登録も正確に行わなければなりません。

学年の設定方法

登録された学年を確認するにはマイページのプロフィールを開きます。

親が浪人生として登録したり,あえて学年を小学生にするなどしてサプモンを利用するような方もいらっしゃるわけなので,そうした方は「プロフィールを編集」からアカウント情報の「編集」を押し,その先のページにある学校情報のところから,学年を変更してください↓

学年変更の際に表示されるページ

なお,週の途中で例えば中学1年生から小学6年生に変え,その後少しして中学1年生に戻したような場合には,週初めにこなしたミッションがなかったことになります(ただし,勉強時間がリセットされることはありません)。

 

教科書を設定する

教科書の設定ページ

学年変更を行ったページには「中学生設定」も表示されているかと思いますが,そこから教科書の設定が可能です。

現在,自分が使っている教科書の種類を教科ごとに設定してください。

学年が変わったばかりで,まだ何の教科書を使うのかがわからないような場合は,とりあえず「その他の教科書または教科書がわからない」を選ぶことになりますが,後でわかり次第,すぐに具体的なものを選択するようにしましょう。

 

教科ごとにミッションの有無を選択する

最後にもう1つ設定を行う必要があり,それは教科ごとにミッション機能を利用するか否かの選択です↓

教科ごとにミッションを設定する画面

トップ画面から「今週のすべてのミッション」をクリックし,次の画面にある「設定」を押すと,上記画面が出てきますので,英語・数学・理科・地理・歴史・公民・国語の全7教科から1つずつ,ミッション機能を使うか使わないかの設定を行ってください。

この結果,ミッション数は変更され,例えば全教科にチェックを入れれば週のミッション数は16個になる一方,1教科のみに設定すればミッション数は2個(英語のみ4個)になるなど,スタディサプリを利用する目的や学習に割ける時間に合わせて調節することになります。

ただし,ミッションの数よりも注目すべきなのは,どんな内容になっているかです。

最初こそ,1レッスンやったら1つのミッションが達成できたりもするのですが,すぐに「あと6レッスンで完了」とか「あと13レッスンで完了」などと負荷が高くなってきます(すぐ下の画像参照)。

 

 

ミッション機能の上手な使い方

スタディサプリ中学講座のミッション後半分

ここでは,そんなスタディサプリのミッション機能の上手な使い方について考えてみましょう。

今のところ2つのアイディアが浮かんでいますが,1つはやる気の維持のため,もう1つはバランスの良い学習のために役立てる方法です。

やる気持続のために使う

一般論になりますが,私の塾で生徒のために課題を設定する場合,簡単に達成できては意味がないので,ちょっと頑張ったらできるくらいを目標にするのがおすすめです。

ゆえに,試しに1週やってみて,簡単にできてしまうようだったら科目を増やし,あまりにできなそうなら科目を逆に減らして,ちょうどよい量に落ち着けるようにします。

あとはそのペースで定期試験の範囲が間に合うかとか,実際に良い成績を取れたかどうかで,微調整しますが,「忙しくてもミッションだけはやり遂げることにしよう!」とやる気を高めることができるはずです。

もっとも,そもそもやる気がある子というのは,他人に頑張れと言われなくても自分でどんどん先に進めていけるので,ミッション機能に頼ることはない(余裕をもって自然と達成している)かもしれません。

それに,ミッション機能を毎回当然のようにこなせていると,学校の試験範囲を超えて学んでしまうこともしばしばです

もちろん,それはそれで良いのですが,例えば週の半ばで違う教材(いわゆる教科書を指定しない教材)に変更するなどして対応することも考えられます。

ただしその場合,その教科のミッションはまたゼロからのやり直しになってしまうので,本機能を十分に生かしているとは言えないでしょう。

残念ながら,スタディサプリのミッション機能には負荷そのものを高めるような設定は搭載されていないので,簡単にクリアできてしまう教科に関してはミッション機能をOFFにし,より高みに至るための講座に注力するような使い方がおすすめです。

得意な科目に関しては,例えば英検対策講座であったり,数学や英語の高校範囲を予習してみてはいかがでしょうか↓

 

偏りなく学習するために使う

上のようなことを考慮すると,ミッション機能は「最低限」行うべきことを知らせてくれるものだと捉える方が現実的かもしれません。

平日忙しくしている生徒ほど,週末を利用して集中的に勉強することが多くなりますから,土日の時点でミッションが残っているようであれば,まずはそちらを片付けることから始めると良いでしょう。

ミッションが残るということは,学習ペース的に遅れているということを意味するわけで,そもそも人間は苦手な教科ほど手を付けたがらないものです。

ミッションはレッスンを1つの単位として設定されていますが,1つのレッスン自体にかかる時間は最速で数分,長くても30分はかかりません。

例えば,今週のミッションは最大に設定してありますが,以下の通りとなっています↓

ある週のミッションの例

英語:14レッスン

英語リーディング:6レッスン

英語リスニング:1レッスン

数学:6レッスン

理科:5レッスン

地理:7レッスン

歴史:6レッスン

公民:8レッスン

国語:4レッスン

合わせると計57レッスンになりますが,毎日1時間バランスよく勉強し続けていけば,7日間で無理なく達成できる分量でした。

毎日の学習時間が少ないのが問題視されている昨今ですので,1日1時間の学習が継続できれば,それはそれで立派です↓

 

 

まとめ

ミッション完了時に表示される画面

以上,スタディサプリの中学講座にあるミッション機能について,設定や使い方をまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

スタディサプリは自分のやる気次第で色々な使い方ができるのが魅力ですが,誰もがたえずやる気のある状態にあるわけではないでしょうし,勉強の習慣が身に付くまでは,一体どのようなペースで学習していけばよいのかわからなくなる人も多いと思います。

そんなときは,このミッション機能をペースメーカーとして使い,ある程度してきて勝手がわかってからは自分で工夫しながら勉強するようにしてみてください

もちろん,苦手科目を中心に,学習ペースは完全にミッション任せにしてしまっても構いません。

ただし,ミッションの達成に関係ないからと,これまでに学んだ範囲の復習を疎かにすることのないようにしてください。

これからスタディサプリで学ばれる方は,以下のキャンペーン情報もお見逃しなく↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-中学生向け講座

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!